季語/茘枝(れいし)を使った俳句

「茘枝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茘枝」について

【表記】茘枝

【読み方】れいし

【ローマ字読み】reishi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蔓茘枝(つるれいし:tsurureishi)

・苦瓜(にがうり:nigauri)

季節による分類

・「れ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

茘枝を含む俳句例

苦瓜や訛大事に妻肥えよ/斎藤隆顕

還らざる島苦瓜の汁ねばり/沢木欣一

かく若き茘枝を好む人のあり/竹田節

苦瓜の花咲く朝むっとして/高澤良一

牙生えてきそうな甘さ茘枝噛む/牧冬流

禁断の茘枝たわわに捕虜の島/田中信克

秋蝉に茘枝日暑くあからみぬ/石原舟月

苦瓜といふ悶々のうすみどり/坂巻純子

苦瓜といふ苦さうな固さうな/品田秀風

割れ出でし茘枝の紅や秋隣/大須賀乙字

垣に苦瓜蔓もの好きの主とも/高澤良一

苦瓜を炒むる音のすぐ止みぬ/山尾玉藻

晩學や茘枝の果肉うすぐもり/塚本邦雄

杉の風茘枝の熟れを冷すなり/石井宏史

苦瓜をさくさく食むも島の性/瀬底月城

茘枝割れ天の蒼さに愕きぬ/和光赤帝子

茘枝棚かたむき紅の種こぼす/鐘江艶女

茘枝裂けて肉醤むしろ凄じく/川端龍子

薄く切る苦瓜の香や海遠し/水野真由美

躊躇はず茘枝を食うべ山育ち/藤原涼下

俳句例:21句目~

遊行忌やものの不思議に蔓茘枝/森澄雄

苦瓜も真黄に秋をつくしをり/百合山羽公

苦瓜をどうするでもなく机の上/高澤良一

茘枝の実はじけて夢二生家かな/河野照子

あまたるき口を開いて茘枝かな/皿井旭川

ご赦免の日まで禁酒ぞ茘枝の実/巌谷小波

茘枝熟れ乙女も熟れて島を発つ/前西一尾

茘枝熟れ萩咲き時は過ぎゆくも/加藤秋邨

ひめゆりの塔持つ島や茘枝の実/大井恒行

蔓茘枝サタンに魔法かけられし/高澤良一

ひやっこき雨に見舞はれ蔓茘枝/高澤良一

今もつて島津はかたき蔓茘枝/布施伊夜子

苦瓜のあだ花ばかりつけてのび/牧/貴子

実をひそめ雨あがりゐし茘枝棚/八木林之助

苦瓜料理出され箸つけみしものの/高澤良一

沖縄の壺より茘枝もろく裂け/長谷川かな女

苦瓜の小さき穴こそ棲みたけれ/正木ゆう子

茘枝裂け魔除のごとく下がりけり/宮川杵名男

苦瓜を噛んで火山灰降る夜なりけり/草間時彦

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ