季語/秋の夜(あきのよ)を使った俳句

「秋の夜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の夜」について

【表記】秋の夜

【読み方】あきのよ

【ローマ字読み】akinoyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋夜(しゅうや:shuya)

・夜半の秋(よわのあき:yowanoaki)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の夜を含む俳句例

水梨や幾秋の夜の露の味/乙州

机上秋の夜を守る刀かな/蕪村

秋の夜や隣を始しらぬ人/一茶

秋の夜を打崩したる咄かな/芭蕉

秋の夜を小鍋の鯲音すなり/白雄

秋の夜に寝習ふ旅の舎かな/千子

畳替錐残りをる秋の宵/横光利一

生恥の秋夜の厠往復す/岩田昌寿

秋の夜は梨子の歯冴の寒哉/暁台

住むかたの秋の夜遠き灯影哉/蕪村

住む方の秋の夜遠き火影かな/蕪村

秋の夜の憤ろしき何々ぞ/石田波郷

秋の夜の人懐しき焼林檎/永井龍男

秋の夜の車窓といへば日本海/林桂

闇の夜は闇を吹きけり秋の風/闌更

秋の夜やせうじの穴が笛を吹/一茶

逢坂の町や針研夜半の秋/高井几董

子鼠のちゝよと啼や夜半の秋/蕪村

秋の夜の独身長屋むつましき/一茶

秋の夜や旅の男の針仕事/小林一茶

俳句例:21句目~

秋夜読む「扨化狐通人」/高澤良一

永劫の如し秋夜を点滴す/日野草城

梟の夜も寐るらん秋の雨/藤野古白

箱枕てふ戯れも秋の夜半/都筑智子

秋の夜の青さ深まる鏡かな/畑耕一

秋の夜やよその松風海馬の床/昌夏

あやとりの魔法の箒秋の夜/伊藤ふみ

甲賀衆のしのびの賭や夜半の秋/蕪村

秋の夜の海底のごと暗かりき/上村占

おのが身の闇より吼て夜半の秋/蕪村

秋の夜や交番の人動かざる/横光利一

どの道も秋の夜白し草の中/渡辺水巴

秋の夜の燐寸の火色さす畳/加藤楸邨

秋の夜に江帥兵を談じけり/黒柳召波

言葉少く別れし夫婦秋の宵/杉田久女

秋の夜の琵琶に更けたる燈哉/断烟郎

ポケットの青墨秋の夜に重し/皆吉司

秋の夜歌仙独吟おもてまで/岡島礁雨

秋の夜やまだ街道の宵の口/尾崎迷堂

秋夜火と燃ゆる思を鶴の上/石田波郷

俳句例:41句目~

秋の夜もそぞろに雲の光りかな/暁台

秋の夜や明日来る人の心待/数藤五城

秋の夜の君が十二の學校歌/清水基吉

妻の胸匂ふ秋夜は疲れけり/小林康治

秋の夜も小箱の貝の潮騒す/都筑智子

秋の夜や学業語る親の前/河東碧梧桐

秋の夜や水に音たて舟住居/後藤夜半

秋の夜や新内去んで風迅き/中島月笠

箔の帯観て来て秋夜女たり/都筑智子

秋の夜の博多人形賑やかに/松村蒼石

秋の夜や熱心みえて小勘定/飯田蛇笏

秋の夜や人形泣かす一つ宛/富田木歩

秋の夜の星なく燈なく湊ねむる/篠原

海鳴につぐ山鳴や夜半の秋/米谷静二

坑真中秋夜の如く灯りをり/久米正雄

医者の馬は闇に秋夜の小葬/飯田蛇笏

ありありと必死の姿秋夜変/福田蓼汀

秋の夜の洋妾往けり肩低く/日野草城

食堂車ゆき秋の夜雨に立つ/永井龍男

古本のよき手触りや秋の夜/池辺治子

俳句例:61句目~

秋の夜の海かき回し出帆す/西東三鬼

いもうとに死の翼きて秋の夜/阿保恭子

足尾山塊兄が秋夜を座すごとく/今井勲

鉦打つて秋夜仏前賑はすも/猿橋統流子

風通る秋夜の庭を掃くごとく/榎本虎山

秋の夜の妻の戸締り念入りに/高澤良一

はした女をうつ長臂や秋の夜/飯田蛇笏

秋の夜の宿題終へし口笛か/青葉三角草

秋の夜の影絵をうつす褥かな/芝不器男

秋の夜の待つ事さへも失ひぬ/毛塚静枝

秋の夜の待針あまた打ちて妻/福永耕二

秋の夜の指を祈りの型に組む/横山房子

秋の夜の深沈と寝て妻子かな/石塚友二

秋の夜の皇居につゞく沼澤地/横山白虹

秋の夜の稽古囃子の鄙びやう/石田郷子

秋の夜の薄闇に逢うて異邦人/日野草城

秋の夜の追憶遂に母に尽く/正木不如丘

秋の夜の酒諫めしは罪なりしか/岡本眸

秋の夜の離の陶肌熱からめ/文挟夫佐恵

秋の夜の浅田屋の歓浅からぬ/高橋睦郎

俳句例:81句目~

秋の夜やおけさ踊を皆習ふ/大場白水郎

秋の夜や人のこゑする水の上/松村巨湫

秋の夜や古き書讀む南良法師/蕪村遺稿

秋の夜や旅にして月衰ふる/安藤橡面坊

大蛾舞ひ小蛾しづまる秋の宵/前田普羅

秋の夜や泉のごとく酒鳴らす/角川源義

秋の夜や泣くよに来る按摩笛/中島月笠

秋の夜や淋しきものに灯の光/藤野古白

客われをじつと見る猫秋の宵/八木絵馬

秋の夜や病めば一途に人恋し/菖蒲あや

己が身の闇より吼て夜半の秋/與謝蕪村

庵主の秋の夜語なつかしや/川名句一歩

秋の夜や紅茶をくゞる銀の匙/日野草城

御霊車を拝す秋の夜草あふれ/萩原麦草

我が唄ふ守唄淋し夜半の秋/山家和香代

我庵へなき魂かへれ夜半の秋/加舎白雄

秋の夜や蒲団をしきに男来る/高浜虚子

秋の夜や遅れ参じて忌日吟/下村ひろし

秋の夜や骨ばなれよき真子鰈/青木重行

歯のぬけた夢の夜半や秋の風/幸田露伴

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ