季語/星月夜(ほしづきよ)を使った俳句

「星月夜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「星月夜」について

【表記】星月夜

【読み方】ほしづきよ

【ローマ字読み】hoshizukiyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ひしづくよ(ひしづくよ:hishizukuyo)

季節による分類

・「ほ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

星月夜を含む俳句例

酒樽の底の米粒星月夜/藺草慶子

茶の花や径わけたる星月夜/亀世

星月夜鎌倉山に年賀客/高浜虚子

殉教の島に旅寝の星月夜/上村占

星月夜波の遊べる隠れ礁/岸田稚

花匂ふホツプ畑の星月夜/森田峠

星月夜寺を取り巻く杉林/酒井京

年立つや家中の礼は星月夜/其角

庭莚柔かく踏み星月夜/久米正雄

星月夜空にはくれし時雨哉/孤舟

子別れの北狐啼く星月夜/東天紅

一天の漆光りに星月夜/富安風生

一角に稲妻光る星月夜/高浜虚子

盆やすみて八朔梅の星月夜/淡々

鞭鳴らす頭の上や星月夜/夏目漱石

光年てふ星の隔り星月夜/伊藤幸博

星月夜天動説に固執する/稲葉光音

病室の窓の四角の星月夜/稲畑汀子

山国の空をあまさず星月夜/檜紀代

古井戸の底の光や星月夜/内田百間

俳句例:21句目~

父の靴全てを並べ星月夜/櫂未知子

さくら散苗代水や星月夜/與謝蕪村

灯ともして鰤洗ふ人や星月夜/子規

大江山高々とあり星月夜/前田虚洞

天上によき国ありや星月夜/稲岡長

天国に近き山家ぞ星月夜/園部鷹雄

船長の一人の窓や星月夜/岩崎照子

暗けれど渓の帯空星月夜/福田蓼汀

星隕ちて易者驚く星月夜/会津八一

繭の蝶放つ家あり星月夜/松瀬青々

中尊寺一山くらき星月夜/佐藤棘夫

馬柵のごと垣結ふ家や星月夜/森田峠

屋根に並ぶ天水桶や星月夜/寺田寅彦

山々を覆ひし葛や星月夜/松本たかし

山寺は雨戸を閉ざし星月夜/上崎暮潮

山山を覆いし葛や星月夜/松本たかし

山山を覆ひし葛や星月夜/松本たかし

山霊に殺められたし星月夜/長山順子

帰りきし鵜舟を洗ふ星月夜/松岡英士

干瓢をどうつきだしに星月夜/斎藤玄

俳句例:41句目~

徒歩跣てふ韻のして星月夜/柚木紀子

惣門は錠のさされて星月夜/会津八一

戸口迄送つて出れば星月夜/正岡子規

星月夜かぐろく鳴るは狐川/角川源義

星月夜むじな湯へ行く女声/毛塚静枝

星月夜めざして登る大師堂/高木晴子

みちのくは山多き国星月夜/鈴木綾園

星月夜ルソーの獣笑ひをり/仙田洋子

星月夜伽に陣のはやしかな/尾崎紅葉

星月夜佇めば頬に何か降る/久米正雄

夜風ふと匂ふ潮の香星月夜/稲畑汀子

星月夜寝袋の胸閉ぢかねつ/岡田貞峰

星月夜小銭遣ひて妻充てり/細川加賀

星月夜水漬きし友を憂ひけり/杉本寛

星月夜涙壺より砂いづる/小檜山繁子

星月夜父の襁褓を母洗ふ/冨田みのる

人生の重きときあり星月夜/稲畑汀子

今は無き星かも知れず星月夜/平井操

星月夜秣ゆたかに馬飼はれ/亀山恒子

分け入れば辞林密なる星月夜/梶大輔

俳句例:61句目~

星月夜空港つぎの離陸待つ/石崎素秋

星月夜青星を子の魂とせん/福田蓼汀

星月夜鯨親子に旅のあり/上澤樹実人

只芭蕉葉の声をきく星月夜/石井露月

柁取に海の名問ふや星月夜/正岡子規

畑にする寺の裏地の星月夜/会津八一

砂塵失せゐし敦煌の星月夜/稲畑汀子

竹の奥井戸ある音の星月夜/久米正雄

簗守の草に置く灯や星月夜/平野竹雨

美しく生きて身罷り星月夜/浅井詔子

天国の鍵わすれたる星月夜/仙田洋子

腹押せば人形の哭く星月夜/佐川広治

見に行かん野守の鏡星月夜/藤野古白

豪雨止み山の裏まで星月夜/岡田日郎

雲表の嶺々礁めきて星月夜/小西藤満

静けさに開きし窓の星月夜/藪田郁子

吾が庭や椎の覆へる星月夜/河東碧梧桐

子の重み背中に受けて星月夜/篠崎康子

あめつちの音色曳き出す星月夜/原和子

子の頬に妻の香もある星月夜/今瀬剛一

俳句例:81句目~

子は人の妻となりゆく星月夜/山田弘子

子叱れば夫恋どつと星月夜/上野さち子

火種借りて杉垣づたひ星月夜/渡辺水巴

星月夜吾娘の未来を信じたく/稲畑汀子

星月夜吉備真備のきずなき詩/二村典子

星月夜家居の夫を窓から見る/池田澄子

しんがりは黒猫であり星月夜/大西健司

臨終を告げて出づれば星月夜/大槻右城

星月夜竜飛の風車眠らずに/白澤よし子

星月夜笛のをんなの白き指/曽根田幸子

星月夜生駒を越えて肩冷ゆる/沢木欣一

星月夜ひとりの刻は沖を見る/高橋淑子

星月夜臍一つもて生れける/上野まさい

星月夜薄身の富士となりて立つ/岸田稚

星月夜藪も藪騒聴くならむ/河原枇杷男

サーカスの跡の方形星月夜/高橋謙次郎

バレエ果て銀の風鳴る星月夜/吉原文音

ラジオ星ロケット星や星月夜/瀧井孝作

武蔵野の星月夜とや除夜の町/尾崎紅葉

ローマ軍近付くごとし星月夜/和田悟朗

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ