季語/秋高し(あきたかし)を使った俳句

俳句例:201句目~

天高しとほすめろぎの土を踏み/佐野良太

天高しひたぶるなるは愉しかり/木村蕪城

天高しパイプオルガンドの機嫌/依田明倫

秋高く乗つても見たき渡舟あり/太田光子

天高くいつからわれを待つ出口/津沢マサ子

照る氷河懸けアルプスの天高し/小原菁々子

天高くて引越しの荷がまだ積めさう/北登猛

天高しシャガールの絵の青よりも/稲畑汀子

天高くシンフォニー的身体ひとつ/夏石番矢

天高しきちがいペンをもてあそぶ/西東三鬼

天高しどこかうきうきしてゐたる/石塚友二

天高し昨日の画布に今日も描く/相生垣秋津

火山灰降らぬ日の鹿児島の秋高し/米盛蓮志

あとの疲れなかれとねがふ秋高し/木村蕪城

秋高しトーチカより見る海また海/二村典子

ごった煮のような町あり天高し/岩間おおみ

天高しわがこころざしよみがへる/木村蕪城

シプリアーニ大司教天高きより/稲畑廣太郎

ジエット機に震撼せしが天高し/百合山羽公

人去りしままに椅子あり天高し/池内友次郎

俳句例:221句目~

土手のぼりつめて父在す天高し/上田日差子

天高きを筏のひびきに知りて歩す/村越化石

子等の夢育てディズニー天高し/保田白帆子

舐める噛むしやぶる吸ひ込む天高し/櫂未知子

てつぺんより食うぶおにぎり天高し/嶋田麻紀

天高し仰臥の視野に「出る杭」のみ/香西照雄

足袋白くわれをいざなふ天高し/阿部みどり女

天高しいらないものを積み上げて/津沢マサ子

些事としてまだ生きて居り天高し/藤村多加夫

バンジヨーをからりと弾いて天高し/西村和子

シャツの胸LOVEと染められ天高し/岩崎照子

とりくちのはればれと秋高きかな/久保田万太郎

天高しカードで支払ふフランス料理/土橋いさむ

天高し「ワレモノ」ならば割るがよい/津沢マサ子

秋高し小さけれども國一つ戸澤百花羞、戸澤泰蔵編輯

タイトルとURLをコピーしました