季語/雨乞(あまごい)を使った俳句

「雨乞」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雨乞」について

【表記】雨乞

【読み方】あまごい

【ローマ字読み】amagoi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雨の祈(あめのいのり:amenoinori)

・祈雨(きう:kiu_)

・祈雨経(きうきょう:kiukyo)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

雨乞を含む俳句例

雨乞の檜三本婆の道/宮坂静生

雨乞の小町が果や落し水/蕪村

雨乞に曇る国司のなみだ哉/蕪村

松明に雨乞行やよるの嶺/炭太祇

雨乞や島の媼の荒踊り/平良和子

雨乞や亀の甲羅に二三言/小澤實

雨乞の踊団扇の雨一字/小西石蕗

雨乞や雀に雀加はりて/神尾季羊

雨乞の太鼓よわりし夕日かな/蝶夢

信玄燹き謙信興す雨乞寺/西本一都

雨乞の山に従ひ登りけり/萩原麦草

村々や雨乞の火と迎火と/鈴木花蓑

雨乞の円座打敷く巌かな/橋本鶏二

雨乞や火焔なびきに峰の雲/渡辺昭

雨乞の大地につけし額かな/橋本鶏二

土ぼこり立てゝ雨乞踊かな/津村和夫

持ち寄りの酒雨乞を唄にせり/下田稔

雨乞の太鼓打つなり薬師堂/寺田寅彦

雨乞の祭見てきて長湯せり/矢島渚男

雨乞の断食僧を負ひ下りる/村上ヨ子

俳句例:21句目~

雨乞ならん山頂へ灯かたまり/菅裸馬

雨乞の浅黄の袖を老宮司/肥田埜勝美

雨乞の湖に浮べる揚羽かな/外川飼虎

雨乞の火に嘶くや禰宜の馬/田村了咲

雨乞に夜ひと経よむ僧徒かな/召/波

雨乞に女も混り母も居る/渡辺五万坊

雨乞に女相撲を奉納す/佐々木/鳴子

雨乞の獅子が立寄る湯治宿/臼井軍太

雨乞のあげくの果ての出水かな/一茶

雨乞の空の広さをもて余す/黒川花鳩

雨乞の踊に笑ひとりもどす/宮中千秋

雨乞や棒のごとくに五六人/細川加賀

雨乞や農夫の祷肩あげて/香取佳津見

雨乞や鎌倉道を草とざし/肥田野勝美

雨乞の上を行く也とちの雲/篠崎霞山

雨乞の僧正鬼となられけり/野村喜舟

雨乞の双幅とただ伝へらる/高野素十

日月旌日の当りをり祈雨神事/大橋杣男

沃野千里雨乞すべき山を見ず/木戸解剣

薪負うて雨乞の人つゞきけり/西山泊雲

俳句例:41句目~

赤土に雨乞の火を祝女が焚く/新城太石

雨乞の太鼓しばらく打止みぬ/寺田寅彦

雨乞の室生の寺といふとかや/後藤夜半

雨乞に先づたつけふや破れ笠/内藤丈草

雨乞に獺の真似事したりけり/高澤良一

雨乞のあと水筒の水を飲む/天岡宇津彦

雨乞のあらぬ方より土けむり/斎藤梅子

雨乞の雨気こはがる借り着かな/丈/艸

雨乞や雨宝童子を撫でまはし/石島/岳

雨乞のひれ伏す頭上雲もなし/入江朝子

雨乞の禰宜の毛深き腕かな/梅沢しづ子

雨乞の木像はうすうすと姫/吉本伊智朗

雨乞の草鞋をながす猿ケ石川/小原啄葉

雨乞やうるしに負けて人戻る/萩原麦草

雨乞の天照らす日を仰ぎけり/外川飼虎

雨乞や月の鈴の緒ふとぶとと/橋本鶏二

雨乞や朝から白きものを着る/井上井月

雨乞の大幡かゝげ進みけり/滝沢伊代次

雨乞の注連も動かぬ夜空かな/内藤鳴雪

雨乞の手足となりて踊りけり/綾部仁喜

俳句例:61句目~

雨乞唄終りは精の米降れと/加倉井秋を

高野より雨乞の灯を賜りし/谷本/圭司

祈雨僧の袈裟を掠めて雲早く/小林寂無

雨乞や宗派違へて二タたむろ/高野五倍子

雨乞をせし人の名を書き列ね/後藤比奈夫

雨乞にそむいてひとり耶蘇教徒/成田蕉雨

雨乞太鼓昴る終りの一打まで/加倉井秋を

雨乞のお厨子を負うて登り行く/和気魯石

向ふ峰に燃ゆるも祈雨の篝かや/野間紅蓼

雨乞の樟の大樹に文字彫られ/福田甲子雄

雨乞の太鼓とほくに野は月夜/長谷川素逝

よひよひの雨乞の火も減りにけり/高濱虚子

雨乞によぶたくさんの名のひとつ/田中裕明

雨乞のをかしけれども祈りかな/星野麥丘人

雨乞の阿闇梨となふるおん阿毘羅/筑紫磐井

雨乞や狂ふばかりにささら獅子/梅澤和記男

雨乞をロックバンドにさせたしよ/奥山源丘

雨乞のはなしも出でてをるらしく/長谷川素逝

雨乞札背負へばうしろもう向けず/加倉井秋を

祈雨の護符またナイターを流しけり/大島民郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ