季語/囮(おとり)を使った俳句

「囮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「囮」について

【表記】囮

【読み方】おとり

【ローマ字読み】otori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・囮番(おとりばん:otoriban)

・囮守(おとりもり:otorimori)

・囮籠(おとりかご:otorikago)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

囮を含む俳句例

若楓囮の黐の雨ざらし/憂々

高鳴くは駒鳥囮秋風に/及川貞

囮逃げたる囮籠草の中/小澤實

口笛に口笛応へ囮守/辺田東苑

天翔る群に応へて囮かな/浅井啼

囮鴨鳴くや解禁五分前/高山利根

潮風を防ぐとべらに囮籠/森田峠

山茶花に囮鵙く日の夕かな/言水

鷹網や囮鶉のひそみ音に/臼田亞浪

霧の中籠の囮の動き見ゆ/岡本湯雨

囮籠提げて営林署員たり/和田孝子

椋の木に囮掛たり家の北/子規句集

囮籠置ける飯場の下足箱/茨木和生

囮罠かけて代官門ふるし/萩原麦草

囮置くこの大岩も古戦場/依田明倫

点晴に金を入れたる囮鴨/茨木和生

照紅葉囮に水をつかはする/瀧春一

熔岩の中提げてくる囮籠/神尾季羊

理髪師と囮の話はづみけり/原田喬

真直なる木々の林や囮籠/高浜虚子

俳句例:21句目~

笛合す囮なか~高音かな/中島月笠

囮鳴く林中ふかき露明り/塚原麦生

囮守る児に夕風は母の声/西島麦南

翡翠は荒ぶる神の囮かも/宮地良彦

囮鴨布袋より出したるは/茨木和生

初雪の恵那のおもての囮かな/爽雨

囮鴨時々鳴いて波の上/深見けん二

最も澄む声を囮と知り淋し/川村紫陽

囮鵙声を立てずに黙りゐる/野村喜舟

囮鳴くや青天樹々の霜雫/大谷碧雲居

囮木鴨ひつくり返り流されぬ/岸田稚

打振りて籠の蛍を囮とす/松本穣葉子

水辺に牛残されて囮の木/林田紀音夫

囮鳴く山の日向の椿の木/川島彷徨子

鵯が来て囮よく鳴く不老園/萩原麦草

そのこゑに谺ちかづく囮籠/福永耕二

鳴くは囮か海の星山の星/加倉井秋を

囮鳴かず疎林夕日の落葉かな/島村元

隠岐の子の篁ふかき囮かな/加藤楸邨

掛けしより木の影躍る囮籠/高浜虚子

俳句例:41句目~

遊園の人こぬ径の囮かな/大橋櫻坡子

一張りの網に三つの囮蒿雀/瀬戸十字

谷の雉さけび囮をおびやかす/瀧春一

囮鴨雌をつゝきぬ悲しけれ/高野素十

風の音ばかりを聞きて囮守/木田千女

聲のみの聲や囮の籠の中/佐々木六戈

川波のかゞやきにのり囮鴨/吉田槻水

杉山の芯は濡れをり囮籠/蓬田紀枝子

囮置く先にも囮鳴いてをり/萩原麦草

片腕を吊つてゐたりし囮守/茨木和生

囮の身明す言葉は鳥に無く/清水忠彦

天上に誰か笛吹く囮かな/河原枇杷男

囮鴨泥に座つてゐたりけり/茨木和生

ややあつて少年囮放ちけり/中村苑子

山川の奏でこそすれ囮籠/阿波野青畝

はるばると山に向へる囮かな/中村汀女

うつ向きに死にし烏の囮かな/桜井土音

鳥屋主に叱られてゐる囮あり/塩見景雪

かゝりたる鳥に驚く囮かな/千本木溟子

鳴き疲れらしき囮の籠下ろす/中川秋太

俳句例:61句目~

こゑかけて水替ふるなり囮籠/大手順子

さりげなく囮籠提げ出てゆけり/川崎克

炉話にちちと起きゐる囮かな/皆吉爽雨

囮かけて人居らぬ野や小六月/子規句集

囮かけて能登宝達は安らけし/前田普羅

囮夕べの悲しみ声は美しき/加藤知世子

囮守身を隠すにもあらざりし/辻本斐山

囮木兎日向に眠りかねにけり/野村喜舟

囮桶のまへ尺寸に川しぶく/川島彷徨子

囮籠いくさの中にゆれどうし/萩原麦草

囮籠しづかなる日が移るのみ/加藤楸邨

囮近く一鳥生みぬ木瓜の叢/島村元句集

囮鳴かせもう用のなき産湯桶/宇咲冬男

囮鳴く囮になりしこと知らず/宇咲冬男

囮鳴ねむたき紐を引かれけり/白岩三郎

捨てられて囮本物らしくなる/山田純子

背割れして古りし木彫の囮鴨/河村宰秀

日と風のはざまに沈む囮籠/永島理江子

日溜りに遊んでばかり囮鴨/石井とし夫

日闌けて水浴びさする囮かな/福田蓼汀

俳句例:81句目~

月のこる尾根に囮もくばられし/瀧春一

山へ行く日雀の囮子は提げて/木村蕪城

山田なる一つ家の子の囮かな/飯田蛇笏

直には見えぬ自分の顔や囮籠/池田澄子

布被せ囮休ませあるもあり/塩沢はじめ

老いてなほ草にひそめる囮守/近藤一鴻

跼めるを囮守とは知らざりし/野崎鯨村

雲行のあやしくなりぬ囮鳴く/辻本斐山

霧濃ゆく見えざる天や囮啼く/服部圭佑

霧雨となりて囮の鳴くばかり/清崎敏郎

囮鴨流れを切つてゐたりけり/茨木和生

恵那晴れて遠音はりゐる囮かな/本田一杉

囮笛吹くこともなくかかりたる/奥田智久

峠路のいづこか鳴ける囮かな/水原秋桜子

うつくしき鶸も囮よ鳴いてゐる/山口青邨

囮ありて森狭くありく朝かな/島村はじめ

囮籠置く間もあらず掛かりけり/山下竹揺

納屋裏に沙弥の囮の見つかりし/足利紫城

引く鴨へ声をしぼつて囮鳴く/石井とし夫

はたはたとあはれたかぶる囮籠/栗生純夫

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ