季語/青唐辛子(あおとうがらし)を使った俳句

「青唐辛子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青唐辛子」について

【表記】青唐辛子

【読み方】あおとうがらし

【ローマ字読み】aotogarashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・青蕃椒(あおとうがらし:aotogarashi_)

・葉唐辛(はとうがらし:hatogarashi)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

青唐辛子を含む俳句例

新米に葉唐辛子を目分量/高澤良一

蚊柱や青唐辛子焼く匂ひ/大谷句佛

煮る前の青唐辛子手に久し/日野草城

雷遠く青唐辛子あぶりけり/内藤吐天

青蕃椒二つ並んで皿の中/加賀谷凡秋

つれなさの切なさの青唐辛子/三橋鷹女

水飯を葉唐辛子にすましけり/山口素紅

異神あり青唐辛子祠りけり/佐々木六戈

添へ干して青唐辛子ありにけり/高浜虚子

葉唐辛子一枚簾下げて夕餉/長谷川かな女

われを知る妻にしくなし葉唐辛子/富安風生

きじやうゆの葉唐辛子を煮る香かな/草間時彦

青唐辛子シルクロードの汽車揺れて/兼近久子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ