季語/朝焼(あさやけ)を使った俳句

「朝焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「朝焼」について

【表記】朝焼

【読み方】あさやけ

【ローマ字読み】asayake

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

朝焼を含む俳句例

寒流に朝焼けの蘭川鴉/飯田蛇笏

高速路交叉して街朝焼す/村田脩

朝焼に通風筒は並立てる/山口誓子

初冬の旅朝焼の紅濃ゆく/柴原保佳

鳩とゐる朝焼雀小さしや/石田波郷

東京の朝焼け入院一日目/高澤良一

朝焼の暗きところに耳二つ/三谷昭

朝焼けの雪山負へる町を過ぐ/篠原

朝焼は雨の兆と綿摘まず/斎木濤花

朝焼や窓にあまれる穂高岳/小室善弘

鳩雀愛満つごとし朝焼けて/小林康治

賜ものの出羽朝焼を素肌に着/渋谷道

大朝焼岳人一人づつ染まる/岡田日郎

朝焼や砂丘下げゆく宿の下駄/有働亨

朝焼や波の奪ひし鴉の餌/鈴木真砂女

被爆墓地朝焼けて艦進水す/石原八束

糞少しして朝焼の砂丘に出づ/岸田稚

竹の奥なほ青竹の朝焼けて/加藤楸邨

朝焼の雲の触れゆく霧氷林/山田弘子

白靴に朝焼けのして蘇鉄園/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

楡がくり初夏の厨房朝焼す/飯田蛇笏

朝焼のなごり夫ののどぼとけ/鎌倉佐弓

雲海や稚児の礫の朝焼けて/加藤知世子

初電車多摩の朝焼け渡りけり/野村親二

屋上に見し朝焼のながからず/加藤秋邨

山小屋に遠き水場も朝焼けぬ/岡田日郎

幟立つ八ケ岳の古雪朝焼けて/相馬遷子

朝焼けて氷湖を渡る北きつね/高岡秀行

朝焼けや水急なれば死の予感/岩間愛子

朝焼の雲海尾根を溢れ落つ/石橋辰之助

愛欲るや黄の朝焼に犬佇てり/金子兜太

松島は極みのけしき朝焼ける/逸見真三

水爆記事山羊の乳房が朝焼けに/飴山實

火のごとき朝焼の下雪を掻く/相馬遷子

祈りたき程の朝焼け雪踏めば/亀谷麗水

荒地すすむ朝焼雀みな前向き/西東三鬼

はからずもこの朝焼の雁のこゑ/加藤秋邨

椰子の丘朝焼しるき日日なりき/金子兜太

朝焼にまづ潮目から燃えはじむ/能村研三

朝焼や杳かに過ぎしものの声/山田みづえ

俳句例:41句目~

朝焼の竹ひしめくやわかれんと/加藤楸邨

煤煙急ぎ雲はしづかに朝焼けぬ/石田波郷

牛乳煮るやラヂオの小鳥朝焼に/石橋秀野

朝焼けて異次元界のビル見ゆる/仙田洋子

朝焼の尾根にザイルを結び合ふ/山田春生

鐵塔下茄子朝焼けにさきそめぬ/飯田蛇笏

朝焼やたてがみなして尾根の薮/香西照雄

初夏の卓朝焼けのして桐咲けり/飯田蛇笏

朝焼や天牛むかっとしていたり/はやし麻由

白馬ばかり朝焼けゐるよ雪野果て/角川源義

数の子を抜く手抜く手が朝焼けて/斎田史郎

朝焼によべのランプはよべのまま/福田蓼汀

朝焼や芯に向ひてキヤベツの意志/藤岡筑邨

雲あまた朝焼けつゝも小田こほる/片山桃史

雲上の朝焼炎立つ歯のヒマラヤ/小檜山繁子

ヴェッターホルン春朝焼を讃歌とす/有働亨

つかの間に消えし朝焼茄子をもぐ/上丸政よし

湖の朝焼けモネの女ら霧に消える/八木三日女

時雨れんとす椎の葉暗く朝焼けて/芥川龍之介

夕焼けて朝焼けて田の出穂の日日/長谷川素逝

俳句例:61句目~

山毛欅の芽の朝焼けて雪舞ひ止みぬ/殿村莵絲子

汝にふさふ流謫地として朝焼けの阿讃山系横たはりたり/紀野恵

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ