季語/熱燗(あつかん)を使った俳句

「熱燗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「熱燗」について

【表記】熱燗

【読み方】あつかん

【ローマ字読み】atsukan

子季語・関連季語・傍題・類語など

・燗酒(かんざけ:kanzake)

季節による分類

・「あ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

熱燗を含む俳句例

氷鮒熱燗飲むが命なり/宗也

竹筒を焦し熱燗山祭/羽部洞然

熱燗や心の内を赤絵皿/星野紗一

熱燗を夫の催促咳一つ/杉田英子

熱燗に林火一辺倒の人/高澤良一

熱燗や狐日和を誰となく/中田剛

熱燗や炉辺の岩も焼加減/樋笠文

熱燗や性相反し相許し/景山筍吉

熱燗に饒舌続く旅の宿/天野美代子

熱燗や人が波郷を言へば泣き/林翔

俳諧と孫と将棋と熱燗と/里見宜愁

熱燗党麦酒党相半ばして/高澤良一

千悔万悔憎き酒を熱燗に/川崎展宏

熱燗や鶴を見にゆく話など/樋笠文

熱燗や虚々実々の話とび/下村非文

熱燗の今一本を所望かな/麻田椎花

熱燗や草叢に霧しづむまま/中田剛

熱燗や男同士の労はりあふ/滝春一

熱燗といえども私の涙以下/安田笙

熱燗の情も若干解し得し/矢津/羨

俳句例:21句目~

熱燗や灰ならしゐる吉野人/桂信子

熱燗に舌を焼きつつ談笑す/高浜虚子

熱燗や心おきなき友あらば/高濱年尾

熱燗に酔うて全く何をいふ/高澤良一

熱燗や捨てるに惜しき蟹の甲/龍岡晋

熱燗や禁酒守りて久しかり/禰畑汀子

熱燗や笑はせゆきし年始客/河野静雲

山茶花に此の熱燗の恥かしき/泉鏡花

放流了へ熱燗を酌む漢たち/石川文子

熱燗や耳にとびつく指の先/近衛節子

熱燗や耳遠ければ笑ふのみ/槫沼清子

熱燗や討入り下りた者同士/川崎展宏

熱燗の一杯だけは妻のもの/湯田芳洋

熱燗の余勢をかつて人物評/高澤良一

熱燗を一気に呷り口火切る/高澤良一

熱燗を二十分間つきあふと/京極杞陽

熱燗にして鹿笛を聞くばかり/飴山實

熱燗を嗜み臘虎の襟を立て/久米正雄

熱燗の故の涙と晦ましぬ/深見けん二

熱燗を置くや指先耳に当て/吉屋信子

俳句例:41句目~

熱燗に侍りし妻の二十年/瀧澤伊代次

燗酒のたちまち酔ひし旅衣/石塚友二

熱燗の閉店ちかき置かれやう/大牧広

熱燗や左手はまだふところに/森澄雄

熱燗に応へて鳴くや腹の虫/日野草城

熱燗やガラス戸重き岬茶屋/添野光子

熱燗や人にもありし隠し味/大井戸辿

熱燗や余生躓くばかりなる/石原八束

熱燗や口先で妻褒めあげて/谷口稠子

熱燗や夜は音ひそむ石屋町/渡邊牢晴

熱燗に胸広きかな赫きかな/久米正雄

つまづきし話のあとを熱燗に/松尾緑富

一升瓶ごと熱燗に村歌舞伎/相蘇としお

熱燗やこの人優しく頼りなく/川合憲子

熱燗やいつも無口の一人客/鈴木真砂女

熱燗や放蕩ならず忠実ならず/三村純也

夫に熱燗ありわれに何ありや/下村梅子

熱燗や雨の匂ひを言ひながら/石田郷子

熱燗がしみる毀れてゆくものに/蔦悦子

熱燗や爾汝の交はり五十年/小川斉東語

俳句例:61句目~

熱燗の夫にも捨てし夢あらむ/西村和子

熱燗し獄を罵しる口ひらく/秋元不死男

熱燗を異国に酌みてルビー婚/河本好恵

熱燗や四十路祝はず祝はれず/根岸善雄

熱燗や吐きし一語は神涜す/成瀬櫻桃子

熱燗の女にしても見まほしき/高浜虚子

熱燗や会ふだけで足る兄弟/大見川久代

熱燗の湯気が煙のごときかな/岩田由美

熱燗や恐妻家とは愉快なり/高田風人子

熱燗に少し気弱になりし父/吉田きよ子

熱燗に成人の子の黙しゐる/菊地美恵子

熱燗や弱気の虫のまだ酔はず/松本幹雄

熱燗に濡れて疑雨集又わぬし/加藤郁乎

熱燗やまなこのなかにそよぐ草/中田剛

熱燗や海が言はせし母のこと/北澤瑞史

熱燗に酔うていよいよ小心な/高野素十

熱燗に限る限ると注ぎ合ふも/高澤良一

熱燗や羽交ひの鴨をみし夜は/長谷川櫂

熱燗や生涯さかな売るあぐら/尾村馬人

熱燗をつまみあげ来し女かな/中村汀女

俳句例:81句目~

熱燗を十年ぶりの帰朝子と/鈴木洋々子

熱燗や女なかなか負けてゐず/下村梅子

熱燗もほど~にしてさて飯と/高浜年尾

燗酒にさようさようと応ず人/高澤良一

熱燗やふるさと遠き人と酌み/西沢破風

熱燗に好色者ひとりありにけり/岡本松浜

熱燗に少しは毒のあるさかな/佐野まもる

熱燗に泣きをる上戸ほつておけ/高浜虚子

熱燗に焼きたる舌を出しにけり/高浜虚子

熱燗に胸しびれさす生くる限り/小川星火

熱燗のさはられぬほど父懐かし/辻田克巳

熱燗の酔のさむれば意気地なく/井上哲王

熱燗や彼にはたして闘志ありや/下村梅子

熱燗や忘れるはずの社歌ぽろり/朝日彩湖

熱燗や恋に不慣れでありしころ/行方克巳

熱燗にいまは淋しきことのなし/橋本鶏二

熱燗やともに貧しきゆゑ親し/成瀬桜桃子

熱燗や手酌いかしき一二杯/久保田万太郎

熱燗やわれに流離のうたもなし/行方克巳

熱燗やまだ素顔なる泣きぼくろ/澤田緑生

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ