季語/雪折(ゆきおれ)を使った俳句

「雪折」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪折」について

【表記】雪折

【読み方】ゆきおれ

【ローマ字読み】yukiore

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪折を含む俳句例

雪折の竹が簪狐川/草間時彦

雪折や昔にかへる笠の骨/松意

鼬罠雪折竹も横はり/松藤夏山

雪折や夕日こぼるるさげ油/尺草

月光を浴ぶ雪折の白樺/山田弘子

雪折の藪に幸ひ墓もなし/森田峠

雪折の椿一枝に蕾あり/高浜年尾

雪折や覚めて灯す枕上/中島月笠

雪折や雪を湯にたく釜の下/霞吹

雪折やよし野ゝ夢のさめる時/蕪村

雪折や水いれて月うかぶ桶/上村占

雪折や椿にあらぬ竹の音/野村喜舟

三冬の雪折かぶる勅使門/前田普羅

雪折れの森囚人達の蝶結び/仁平勝

卵塔や雪折竹を打ち渡し/尾崎迷堂

女坂塞ぐ雪折れ青き踏む/浦野芳南

雪折も聞えて暗き夜なりけり/蕪村

雪折や一二に非ず松と杉/尾崎迷堂

雪折の椿のことに紅ふかし/樋笠文

雪折の竹狼藉を極めたり/下村梅子

俳句例:21句目~

雪折の竹かぶさりぬ滑川/高浜虚子

雪折の松の真青に日本海/児玉南草

月さすや雪折ひびく能舞台/竹中春男

雪折のもの山のごと焔上ぐ/成瀬雄達

雪折の傷まざまざと女人堂/中山純子

雪折の笹青々とみづきけり/西島麦南

雪折の桜を活けて牧ぐらし/太田土男

沈丁の蕾あるまま雪折れぬ/桐田文子

雪折の松のきれ蔓吹き離れ/高野素十

雪折やてのひらにのる風字硯/上村占

雪の上に雪折れの松滾る白湯/上村占

雪折に狎れ住む春の隣かな/前田普羅

雪折に荒縄を巻き林檎咲く/太田土男

雪折の牧柵に月のぼりけり/太田土男

お庭松雪折したる雪見かな/鈴木花蓑

泥濘や雪折笹を踏みしだき/鈴木花蓑

雪折れの竹また竹や直指庵/山下喜子

雪折れの蝦夷山桜行者みち/川村暮秋

雪折れもなくて嬉しき旭哉/寺田寅彦

雪折をあつめ来りぬ雪の上/前田普羅

俳句例:41句目~

雪折竹うらみや下駄の緒に残す/調鶴

雪折の竹をくゞれば光悦寺/五十嵐播水

初鶏のあと雪折れのひびきけり/岸田稚

水甕に雪折れ椿あまた咲く/石田あき子

雪折のふふめる梅の一枝かな/石川桂郎

雪折れの支へし蜜柑咲き揃ふ/沼尻ふく

雪折れの杉っ葉蒼く高尾墓所/高澤良一

雪折の杉ほきほきと天を射す/嶋田麻紀

雪折の松に鴨ゐる御陵かな/大橋櫻坡子

雪折れの竹持ち上げて人通す/茨木和生

雪折の枝に夕影のこりけり/柴田白葉女

雪折の枝の飛びゆく虚空かな/野村泊月

雪折れをまたぎて鞍馬奥の院/中野詩紅

雪折の松の折れ口匂ひたつ/福田甲子雄

雪折の竹もうもれし深雪かな/鈴木花蓑

雪折の無惨根こじとなりにけり/下村梅子

雪折の樹を根元より伐るべきか/津田清子

雪折の日を経て埃くさきかな/波多野爽波

雪折のとゞまりがたき谺かな/阿波野青畝

雪折れの松の折れ口匂ひたつ/福田甲子雄

俳句例:61句目~

雪折れの枝に夕影のこりけり/柴田白葉女

雪折れの灯火暗し書に対す/長谷川零餘子

燃えしぶる火や雪折れの後始末/中山純子

杉の香の雪折れにきて佇ち止る/中西舗土

雪折れをくぐりて道を失ひぬ/加藤三七子

回顧語はずむ雪折れの松左にし/岩田昌寿

なよ竹の雪折れ妻や二日炙/菅原師竹句集

雪折竹巨犬の声は語るがごと/大峯あきら

黒塚の雪折れ杉のばさら髪/きくちつねこ

雪折のあたためありし一間かな/波多野爽波

雪折やひとすぢわたる蔓もどき/水原秋桜子

雪折れの笹のちからの青さかな/片岡とし子

帰るさも嗅ぐ雪折れの木の折れ口/池田澄子

だれにともなく雪折れの木がにほふ/矢島渚男

雪折れの竹生きてゐる香をはなつ/加藤知世子

樹々に伍しゐたり雪折れの枝もちて/津田清子

雪折れの一枝にいきれありにけり/佐々木六戈

雪折れを焚きてあてなき湯の沸ける/馬場移公子

雪折の竹裂くるよる切通し/『定本石橋秀野句文集』

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ