季語/牡丹の芽(ぼたんのめ)を使った俳句

「牡丹の芽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「牡丹の芽」について

【表記】牡丹の芽

【読み方】ぼたんのめ

【ローマ字読み】botannome

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ほ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

牡丹の芽を含む俳句例

牡丹の寒の芽立ちを虔める/岸田稚

牡丹の芽の風音となりしかな/原裕

動き初む光陰既に牡丹の芽/辻口静夫

対談の障子の外の牡丹の芽/富安風生

失恋に髪切る古さ牡丹の芽/田口風子

足跡の踵を深く牡丹の芽/蓬田紀枝子

老梅を一歩離れて牡丹の芽/青木重行

心音に近くて赤き牡丹の芽/森田智子

人々に徳川園の牡丹の芽/石川/梨代

仏頂の墓の裏にも牡丹の芽/井口冨子

霜除は納豆の苞や牡丹の芽/渡辺水巴

隠国の風まだ荒し牡丹の芽/高瀬哲夫

鎌倉の古き土より牡丹の芽/高濱虚子

蝋涙の一途重ねに牡丹の芽/有井祐子

写生とは捨身の所業牡丹の芽/早崎明

牡丹の芽に囀のこゑふるる/橋本鶏二

嫁ぐ子へ日の剥がれゆく牡丹の芽/林翔

牡丹の芽一つ二つを雪つつむ/山口青邨

山影は人を濡らさず牡丹の芽/鈴木太郎

牡丹の芽に来て消ゆる春の雪/松藤夏山

俳句例:21句目~

死に近き人を思へば牡丹の芽/岩田由美

満つる力は破るる力牡丹の芽/加藤楸邨

敷藁にごつごつと影牡丹の芽/川村紫陽

傘立てに遺るステッキ牡丹の芽/斉藤節

ほむらとも我心とも牡丹の芽/高浜虚子

みほとけに上品下品牡丹の芽/六本和子

日輪の凛々と澄み牡丹の芽/柴田白葉女

一人減り又一人減り牡丹の芽/中岡毅雄

日輪の凜々と澄み牡丹の芽/柴田白葉女

綺羅星の夜は賑かに牡丹の芽/遠藤梧逸

人ごゑの遠巻きにして牡丹の芽/岸田稚

牡丹の芽広島弁は喃といふ/八木林之介

軒の雪いつまで堆き牡丹の芽/遠藤梧逸

春寒やほのかに赤き牡丹の芽/天野聾兎

月明の暗きところに牡丹の芽/佐藤鬼房

牡丹の芽友は女のもとにいる/岡田耕治

天地のひかりは甘し牡丹の芽/齋藤愼爾

禅僧が捨てて赤々牡丹の芽/加藤知世子

あり貌に跳ねる地蟲や牡丹の芽/渡邊水巴

うごくかと思ひ見てゐる牡丹の芽/斎藤玄

俳句例:41句目~

藁屑の吹かれて過ぎぬ牡丹の芽/草間時彦

誰か触るることも宥さず牡丹の芽/安住敦

陳さんの処方の験や牡丹の芽/水原秋櫻子

雪が地を圧して曲る牡丹の芽/殿村莵絲子

それぞれに大志抱きて牡丹の芽/岩崎/裕

ただならぬ相聞の一句牡丹の芽/中島和昭

雲が地を圧して曲る牡丹の芽/殿村菟絲子

ほぐれつつ牡丹の芽の雨低し/長谷川素逝

ゆつくりと光が通る牡丹の芽/能村登四郎

九度山の廟にかがやく牡丹の芽/廣岡葉子

別れ霜ありしと聞くや牡丹の芽/高浜虚子

古株の苔のみどりや牡丹の芽/楠目橙黄子

吹き落ちて松風さはる牡丹の芽/日野草城

坂なせる農のじよう口牡丹の芽/石川桂郎

折鶴のごとくたためる牡丹の芽/山口青邨

掃き寄せてきのふの塵に牡丹の芽/神蔵器

早起きの妻のけはひや牡丹の芽/沢木欣一

灯を消して牡丹の芽のことばかり/後藤章

父死後の母がみつけし牡丹の芽/今瀬剛一

牡丹の芽あえかなり目は放されず/安住敦

俳句例:61句目~

牡丹の芽の晴曇のふとりつつ/長谷川素逝

牡丹の芽の覗かれてばかりゐる/石田郷子

牡丹の芽ひたぶる霜を恐れけり/子規句集

牡丹の芽ふくらみそめぬ穴太積/佐野美智

牡丹の芽ほぐるるは刻かけて待つ/安住敦

牡丹の芽まさに炎のかたちなす/橋本白木

牡丹の芽或ひと日より伸びに伸ぶ/菅裸馬

牡丹の芽瑠璃の影生む雪の上/馬場移公子

百姓家にして別墅かな牡丹の芽/高浜虚子

管楽器すぎるひかりに牡丹の芽/佐野美智

藁屋根は雨音がせず牡丹の芽/鈴木しげを

山の端を没日が焦がす牡丹の芽/布施キヨ子

かそけくも火柱のごと牡丹の芽/佐藤美恵子

くれなゐの星がとびとぶ牡丹の芽/齋藤愼爾

稀書を得て牡丹の芽を疎まむか/相生垣瓜人

ビニールの姐様かむり牡丹の芽/阿波野青畝

火の国の娘を詠める歌牡丹の芽/加藤三七子

夜は着する菰をかたはら牡丹の芽/皆吉爽雨

ミシン踏むひそかなる音牡丹の芽/中島斌雄

受験の子に朝ごと赤き牡丹の芽/加藤知世子

俳句例:81句目~

牡丹の芽当麻の塔の影とありぬ/水原秋櫻子

牡丹の芽をんなの泪地に滲みよ/富澤赤黄男

牡丹の芽炎のごとし日当れば/島田/カメラ

牡丹の芽献酒しみゆく句碑に添ひ/成重昭女

牡丹の芽のぞける苞をほどきけり/松藤夏山

着ぶくれて手足縮まる牡丹の芽/殿村莵絲子

ほぐれつゝ浦風かよふ牡丹の芽/佐野まもる

砂きよくたゞ牡丹の芽あるばかり/河野静雲

花人のここまでは来ず牡丹の芽/成瀬桜桃子

牡丹の芽裾吹く影の時にあり/阿部みどり女

日雲にしづかに入りぬ牡丹の芽/大橋櫻坡子

骨の軽さで牡丹の芽どき還り来る/佐藤鬼房

錨鍛治よりの火あかり牡丹の芽/中戸川朝人

ふくらみし夢に雪ふる牡丹の芽/菅井冨佐子

牡丹の芽に雪降らす天ありて/阿部みどり女

その他の芽ありて牡丹の芽のありぬ/後藤夜半

牡丹の芽青ざめながらほぐれけり/加藤三七子

牡丹の芽土中の虫を醒ますかな/長谷川かな女

牡丹の芽萌えむとすなりひたに見む/加藤楸邨

よろこびのきわまるときの牡丹の芽/高橋沐石

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ