季語/ヒヤシンスを使った俳句

「ヒヤシンス」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ヒヤシンス」について

【表記】ヒヤシンス

【読み方】ひやしんす

【ローマ字読み】hiyashinsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・風信子(ふうしんし:fushinshi)

・夜香蘭(やこうらん:yakoran)

・錦百合(にしきゆり:nishikiyuri)

季節による分類

・「ひ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

ヒヤシンスを含む俳句例

墨の香も孫に磨らせつ風信子/瀧井孝作

宇宙是れ洗濯板にヒヤシンス/攝津幸彦

室蘭や雪ふる窓のヒヤシンス/渡辺白泉

思ひ切り悪き女やヒヤシンス/高澤良一

春昼や村の床屋のヒヤシンス/田中冬二

遺失物係の窓のヒヤシンス/夏井いつき

ヒヤシンス束ねて胸に光置く/仙田洋子

ヒヤシンス水に根を張り卒業期/樋笠文

ヒヤシンス紫は祖母眠る色/入口久弥女

髪切つて逆らふ少女ヒヤシンス/中拓夫

ヒヤシンス湖照らむには春浅し/有働亨

ヒヤシンス獣のやうに夜は届き/櫂未知子

乳の香は風信子色汝の辺より/文挟夫佐恵

ヒヤシンス窓にかがやく沖の雲/中村信一

一筋の繩引きありてヒヤシンス/高浜虚子

ヒヤシンスにほふ三時の花時計/野入京子

ヒヤシンス高きを渡る風に和す/有馬朗人

ヒヤシンス二列に咲きて濃紫/城戸崎松代

ヒヤシンス吾が真髄を我と知る/見館定子

ヒヤシンス鴎の眸過ぎゆけり/千代田葛彦

俳句例:21句目~

ヒヤシンス日溜の色頒ち合ひ/小坂かしを

ヒヤシンス水栽培の根を張れり/若木一朗

入試地獄に水栽培のヒヤシンス/津田翠女

根も花もさらし学舎ヒヤシンス/二村典子

水栽培針の根降ろすヒヤシンス/高澤良一

脳病むに似てヒヤシンス凭れ合ふ/堀葦男

足裏のとげぬく女神ヒヤシンス/有馬朗人

味ききりし鏡の前のヒヤシンス/麻田ツル

銀河系のとある酒場のヒヤシンス/橋間石

ヒヤシンス空しか見えぬ窓なりし/麻生玲子

みごもりてさびしき妻やヒヤシンス/瀧春一

ヒヤシンス咲いて和らぐ啄木像/法本フミ女

ヒヤシンス彼の日の同じ藍の濃し/仁杉とよ

敷く雪の中に春置くヒヤシンス/水原秋櫻子

縁の日に映る葉裏やヒヤシンス/島村元句集

替へたての水虹色にヒヤシンス/平田はつみ

水にじむごとく夜が来てヒヤシンス/岡本眸

遠く見ゆ雪に影置くヒヤシンス/秋元草日居

園丁や胸に抱き来しヒヤシンス/島村元句集

ヒヤシンスなす髪揺りてよゝと泣く/林原耒井

俳句例:41句目~

いたづらに葉を結びありヒヤシンス/高濱虚子

午後の日の影重ねあふヒヤシンス/岡部六弥太

友二忌の土割つて萌ゆヒヤシンス/鈴木しげを

うつぶせに寝て父の夢ヒヤシンス/大木あまり

へろ~と咲きつかれたりヒヤシンス/永井翠畝

眼をとむるヒヤシンスあり事務の閑/日野草城

春来ぬと風憂かりけりヒヤシンス/水原秋櫻子

ヒヤシンス犬聞いてゐしわかるらし/中村汀女

大地より噴きてむらさきヒヤシンス/斎藤道子

ガーデンの女あるじやヒヤシンス/五十嵐播水

ヒヤシンスひしめき咲きて三株かな/星野立子

ヒヤシンスひとりつきりは夢見がち/鎌倉佐弓

ヒヤシンス妻亡きあとは地におろす/田村萱山

髪編みて輪ゴムでとめてヒヤシンス/西本一都

だまされたふりをしてゐるヒヤシンス/佐野典子

眼を伏せてほくろが媚びるヒヤシンス/日野草城

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ