季語/鰤網(ぶりあみ)を使った俳句

「鰤網」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰤網」について

【表記】鰤網

【読み方】ぶりあみ

【ローマ字読み】buriami

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鰤船(ぶりぶね:buribune)

・鰤釣る(ぶりつる:buritsuru)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鰤網を含む俳句例

寒流に鰤網重く沈みゆく/小鵜

鰤船の師走を帰る響灘/庄司圭吾

真向ひに立山のある鰤場かな/東雲

鰤敷にとまる鴎の朝ぼらけ/森田峠

鰤網に大きな波の立ち上り/上村占

鰤網に月夜の汐の流る見ゆ/原柯城

接岸の鰤船裸灯高く吊り/舘岡沙緻

鰤網をしづめ太平洋曇る/石原義輝

鰤網を干すに眼こはし濱烏/原石鼎

鰤網を越す大浪の見えにけり/普羅

二色の潮に股がり鰤場かな/榊冬至

鰤敷や船炉焚きつれ朝起船/西本一都

鰤敷や雪の降り込む舟焚火/桑田青虎

鰤敷をあぐる金剛裸身かな/本田一杉

鰤舟のかかる青海真下にす/山口青邨

鰤船に一湾ゆらぐ能登の暁/日阪昌子

鰤網を敷く海くらし石蕗の花/秋櫻子

半島のだく一湾の鰤場かな/高木一水

七浦の鰤網を置く大うねり/杉浦東雲

立働く見えつ鰤船沖を指す/中島斌男

俳句例:21句目~

鰤敷や隣鰤場も指呼の中/鈴鹿野風呂

鰤敷の怒濤を前に飯を喰ふ/福西正幸

強東風に鰤網おこす熊野びと/澤田緑生

鰤網に縋る蟹あり夜明けつつ/吉沢卯一

鰤網のいま攻め刻や船かしぎ/山口順子

鰤網の揚船がぶり出て航けり/茨木和生

鰤網の浮標燃ゆ釣瓶落しかな/石原八束

鰤網の見えて港に入りにけり/前田普羅

鰤敷や海荒れぬ日は山荒るる/西本一都

鰤網を敷きしその夜のしんの闇/下田稔

簾かく辺波に鰤場遠からず/鈴鹿野風呂

鰤網や伊豆山権現波駆りて/水原秋桜子

鰤網をこす大浪の見えにけり/前田普羅

山々の眠れる下の牟婁鰤場/鈴鹿野風呂

鰤敷や波にやゝ立ち浮丸太/鈴鹿野風呂

八潮路のさはの鰤場や熊野灘/鈴鹿野風呂

鰤網を揚ぐる舸子らに雪しまき/松尾緑富

鰤網を揚ぐ濡れし胸のけぞりに/松林朝蒼

鰤敷に八重の高浪たゝみ来る/鈴鹿野風呂

鰤網を納屋にをさめて春惜む/鈴木真砂女

俳句例:41句目~

鰤敷にみどりの星も上りたる/大峯あきら

夕雲を黄金ふちどる鰤場かな/大峯あきら

鰤敷に賭けて今年も島を出ず/長谷川回天

潮の紺鰤場つらぬきやまぬなり/皆吉爽雨

黒潮は鰤場鰤場を経ていたる/長谷川素逝

鰤敷にまとひ居る藻もか黒なる/鈴鹿野風呂

さかりなる梅の真下を鰤場とす/篠田悌二郎

九鬼鰤場尾鷲鰤場と見はるかす/鈴鹿野風呂

エリカ咲く崎ふところの鰤場かな/杉山葱子

船配り見えてはるかに鰤場らし/上村まつみ女

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ