季語/橙飾る(だいだいかざる)を使った俳句

「橙飾る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「橙飾る」について

【表記】橙飾る

【読み方】だいだいかざる

【ローマ字読み】daidaikazaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・代々飾る(だいだいかざる:daidaikazaru_)

季節による分類

・「た」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

橙飾るを含む俳句例

橙を飾りて牧の石牛に/秋山花笠

橙のたゞひと色を飾りけり/原石鼎

橙を抱く肘張りて飾海老/富安風生

ころげ出てどの輪飾の橙か/松岡伊佐緒

飾りある橙の葉に見えにけり/後藤夜半

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ