季語/初手水(はつちょうず)を使った俳句

「初手水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初手水」について

【表記】初手水

【読み方】はつちょうず

【ローマ字読み】hatsuchozu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初手水を含む俳句例

暁天の黄や紫や初手水/松毬路

大滝の末の流れの初手水/泉東江

偕老の夫が先きなり初手水/及川貞

初手水浅間の山の裾に住み/上野泰

初手水邸内は雪積んで靄/京極杞陽

暁闇に威儀上堂の初手水/松田空如

白樺に湖に雪飛ぶ初手水/渡邊水巴

たまはりし一杓青し初手水/安藤清峰

千両の紅めでたさや初手水/河野静雲

参道の脇の流れを初手水/長沼三津夫

山腹の家並の照りや初手水/長崎玲子

杓の水揺れるを鎮め初手水/村上冬燕

東雲に透く竹さやか初手水/高田蝶衣

生き克ちし八十八の初手水/富安風生

田の闇に鶺鴒鳴けり初手水/高田蝶衣

葱畑の霜雪のごとし初手水/富安風生

近隣のいまだ無音に初手水/有賀辰見

雪国の雪なく明けて初手水/山崎雅葉

ふるさとに水道入りし初手水/高橋悦男

まだ明けぬ御裳濯川や初手水/伊藤松宇

俳句例:21句目~

一杓をふくみて甘し初手水/白崎きよし

初手水梢が星をこぼしたり/鈴木すなを

星一つ手にいたゞくや初手水/三好潤子

此の里の深井も慣れつ初手水/粟津水棹

初手水井底の蒼きひといろを/香取佳津見

初手水踊りこぼるる汽車に在り/皿井旭川

浦和より見る富士愛し初手水/長谷川秋子

ねもごろに義歯をみがくや初手水/日野草城

歯ブラシを吾子にも与へ初手水/高田風人子