季語/桜桃忌(おうとうき)を使った俳句

「桜桃忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桜桃忌」について

【表記】桜桃忌

【読み方】おうとうき

【ローマ字読み】otoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・太宰忌(だざいき:dazaiki)

季節による分類

・「お」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

桜桃忌を含む俳句例

父なくて多読の生徒桜桃忌/林翔

文学に地獄極楽桜桃忌/山田弘子

女来て煙草供へぬ桜桃忌/小池宗彦

致死量に話及びぬ桜桃忌/湯橋喜美

水底に聡きゐる桜桃忌/ほんだゆき

桜桃忌首上げ泳ぐ増えて/栗林千津

透明な傘に街の灯桜桃忌/森本節子

枕まで海の来てゐる桜桃忌/岡節子

同じ本購ひゐしか桜桃忌/高澤良一

皿洗ひ終るに一語桜桃忌/斉藤夏風

黒板に人間と書く桜桃忌/井上行夫

人に酒すすめてばかり桜桃忌/林徹

生涯に水子一人や桜桃忌/黒木/胖

桜桃忌蝙蝠傘を持ち歩く/柿本多映

流水の渦みどりさし櫻桃忌/近本雪枝

しらじらと酔後の舗道桜桃忌/轡田進

夜に務め車中立ち読む桜桃忌/南部博

夜学生教へ桜桃忌に触れず/沢木欣一

螢一つ水に点りぬ桜桃忌/小松崎爽青

天金の一書重たき桜桃忌/伊藤喜太郎

俳句例:21句目~

雨脚の見えて明るき桜桃忌/藤田枕流

黒々とひとは雨具を桜桃忌/石川桂郎

一脚の椅子は木晩に桜桃忌/古舘曹人

人中に紛るるごとし桜桃忌/石川桂郎

人間も水洗ひせよ櫻桃忌/本庄登志彦

帰りには薬もろうて桜桃忌/阿波岐滋

新宿の女も老いぬ桜桃忌/木下ひでを

催して雨とならざり櫻桃忌/百瀬美津

上水に鯉の群れゐる桜桃忌/疋田華子

桜桃忌自分に宛てて表書き/内田美紗

水中にくもる白日桜桃忌/鷲谷七菜子

古びたる栞はらりと桜桃忌/深井/鈴

洒瓶のどれも半端に桜桃忌/近藤北郷

ペンだこも小さくなりぬ桜桃忌/福島胖

桜桃忌過ぎぬ三鷹の禅林寺/鈴木しげを

桜桃忌よりも富栄忌徳利置き/手塚美佐

蜜舐めて病み隠るるか桜桃忌/清水基吉

水音にをののく蓼や櫻桃忌/石田あき子

桜桃忌夕日とどめる浅野川/宮本千代子

書の稜の鋭きを愛せり桜桃忌/橋本鶏二

俳句例:41句目~

他郷にてのびし髭剃る桜桃忌/寺山修司

掌に受けし螢の匂ひ桜桃忌/長谷川史郊

白き椅子ひとつは倒れ桜桃忌/畑中博孝

加筆なほ気負ひの筆勢桜桃忌/奈良文夫

桜桃忌雨に赤子が泣き止まぬ/池之小町

涙ほど降りて晴れたる桜桃忌/小林康治

朝まだき田に水引いて桜桃忌/堀口星眠

林道を深くも来たり桜桃忌/波多野爽波

桜桃忌この湧水は飲めません/池田澄子

工事場の津軽訛りや桜桃忌/穂坂日出子

運河より雨の匂ひや桜桃忌/見永千恵子

桜桃忌わづか梅雨降る水の上/小林康治

ジヤガタラに白き雨降る桜桃忌/原田青児

友の手のみな温くあり桜桃忌/阿久津凍河

夕ベ来て二の腕冷ゆる桜桃忌/小倉栄太郎

夜遊びの靴べら反らし櫻桃忌/本庄登志彦

桜桃忌二度寝の夢も急かれゐて/五味真琴

木の椅子に一人はなれて櫻桃忌/古舘曹人

桜桃忌酒良しと云ひ悪しと云ひ/河野南畦

合歓の葉のねむれる花や櫻桃忌/石川桂郎

俳句例:61句目~

書棚の本入れ替えてみる桜桃忌/高澤良一

桜桃忌暮れじと暮るる波がしら/成田千空

斜陽族死語といふべし桜桃忌/小路智壽子

教科書は置きて説くなり桜桃忌/川口淀村

石乗せて熱きてのひら桜桃忌/五十嵐秀彦

津軽野へ紛れてしまふ桜桃忌/新谷ひろし

ただ今でございましたと桜桃忌/如月真菜

道連れはもう決めてある桜桃忌/小津由実

またひとつ別れのありて桜桃忌/今村綾子

晴れてゐて不意の木しづく桜桃忌/児玉輝代

桜桃忌胸元のまづ昏れはじむ/鍵和田ゆう子

光点なす白蝶ただよひ桜桃忌/鍵和田ゆう子

桜桃忌傷つきやすき男の子もつ/鳥羽とほる

ときめきは遠くより来る桜桃忌/白石みずき

桜桃忌かのころわれら若かりき/宗像夕野火

妊りて眠たき妻や桜桃忌/細谷喨々「桜桃」

いちにちをおろおろ生きて桜桃忌/橋本榮治

桜桃忌からりと晴れてしまひけり/片山由美子

若者が墓と肩組む桜桃忌/石河義介「縄文杉」

消しゴムを買いためている桜桃忌/たまきまき

俳句例:81句目~

降り出してぶなの明るさ桜桃忌/鍵和田ゆう子

桜桃忌わが身藻抜けの上衣つるす/加倉井秋を

ねむるだけ眠る奥そこ櫻桃忌/松澤雅世「萌芽」

灯の帯の果ての灯の海桜桃忌/廣瀬直人「朝の川」

傘のしずくで線ひく遊び桜桃忌/寺井谷子「以為」

拭けばまた鏡のくもる桜桃忌/あざ蓉子「ミロの鳥」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ