季語/鵜(う)を使った俳句

「鵜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鵜」について

【表記】鵜

【読み方】う

【ローマ字読み】u

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鵜の群れ(うのむれ:unomure)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

鵜を含む俳句例

誰住て樒流るゝ鵜川哉/蕪村

責暗し鵜縄返って群烏/調和

朝霧や水をはなるる鵜の雫/毛

磯の鵜や春一番の波しぶき/弘

鵜の糞の白き梢や冬の山/素牛

鵜の顔に暁の風吹きつけぬ/船山

新月や水くぐる鵜に檜縄/上村占

鵜篝や月の山蔭山蔭に/鈴木花蓑

少年は男鵜綱を捌く時/中村明子

箸持ちて鵜籠を覗く宵月夜/朱廸

列立て火影行鵜や夜の水/炭太祇

細道に篝こぼるる鵜舟かな/許六

飢鵜の篝かき消す早瀬かな/李康

風吹て篝のくらき鵜川かな/子規

六本の鵜縄一本怠け縄/今瀬剛一

岩礁の海鵜胸張る野分雲/東天虹

長き橋渡りて風の都鳥/鵜川易子

我魂と人や見るらめ鵜の篝/賜馬

寒の鵜の無眼旋回夜学生/原田喬

鵜舟漕ぐ水窮まれば照射哉/蕪村

俳句例:21句目~

年の瀬や比目?鵜の物思ひ/其角

鵜篝の煙隠れの焔かな/京極杞陽

卓々と声張る鵜群暮雪急/村上冬燕

立上る土用波より鵜現れ/橋本鶏二

殺生の鵜川に沁みて能の笛/長田等

急流の縞と鵜舟の炎かな/京極杞陽

翅開き荒鵜冬来る崖歩む/西村公鳳

鵜の匠鵜と同族の黒衣装/野澤節子

殿原の名古屋皃なる鵜川かな/蕪村

鵜の海の一月の風豪華なり/原田喬

鵜づかひの昼寝の床や蠅の声/史邦

鵜つかひの舷叩く谺かな/大谷句佛

宝石の指を浸して鵜舟待つ/長田等

嘴に鑪かけられ新鵜かな/棚山波朗

鵜の崖に鵜の影もなし葉月潮/蕪城

疲鵜の細きうなじを並べけり/素逝

断崖に鵜の群憩ふ磯開き/川辺房子

鵜篝の火種そだてつ夕河原/原柯城

鵜篝の流れ流るゝ焔かな/鈴木花蓑

雫して鵜は首綱の二十年/加藤楸邨

俳句例:41句目~

春の水にうたゝ鵜繩の稽古哉/蕪村

夕焼の手足洗ひて鵜川びと/渡辺昭

火の目して鵜は首綱の二十年/楸邨

上手ほど罪おそろしき鵜縄哉/多少

首立て鵜のむれのぼる早瀬哉/浪化

並ぶ鵜の黒の端正寒日和/吉年虹二

五月闇蓑に火のつく鵜舟かな/許六

暁や鵜籠に眠る鵜の労れ/子規句集

面白うてやがて悲しき鵜舟哉/芭蕉

伊勢荻や鵜の進む夜の風の音/馬仏

月出て手縄もつるゝ鵜舟かな/鳴鳳

月明の鵜匠の家の鵜も眠る/長田等

鵜舟待つ橋の袂に時計店/川崎展宏

月見草花を鮮に鵜舟並む/石原舟月

川よりも低き鵜塚や返り花/神蔵器

潜る鵜の水晶島は結氷す/古館曹人

蓑笠も荒鵜つかひや川おろし/李由

川端に鵜籠洗ふも年用意/藤井智子

鵜舟去る寶満宮の暗闇に/橋本鶏二

鵜の面に川波かかる火影かな/闌更

俳句例:61句目~

初凪や四羽の鵜のとり礁の上/白泉

初凪や鵜のたむろして生簀籠/宵灯

篝火や荒鵜を叱る眼の光/子規句集

荒鵜のうしろに海の横たはる/原裕

初茜海鵜は海面離れずに/千田一路

利尻暮れ海鵜一羽の黒礁/高澤良一

鵜篝や殺生図絵のかぐはしく/桂子

鵜の墓の昏きに一樹寒椿/松井慶太郎

鵜の嘴にとり直す早瀬かな/加舎白雄

いさぎよし鵜の胸分けの夜の水/太祇

夜は鵜に晝の眠りは海亀に/田中裕明

鵜のつらに篝こぼれて憐れなり/荷兮

鵜のかゞり消て暁の水寒し/松岡青蘿

鵜さばきの手綱馬上にある思ひ/狩行

波皺に鵜の現はるゝ初日かな/白水郎

鵜が翔ける大石狩の夕焼空/飯田蛇笏

疲れ鵜に水面の篝奈落なる/奥抜良人

鵜が羽を散らしたる磯春の雪/中拓夫

鵜が帰り来て寒潮の力づく/内藤吐天

眠る鵜に鵜籠置場の軒浅し/石川桂郎

俳句例:81句目~

しのゝめや鵜をのがれたる淺し/蕪村

鮎食うて生臭き口鵜舟待つ/野澤節子

呑みて鵜の起ち上る寒怒濤/山田晴彦

山の端の月や鵜舟の片明り/井上井月

頭より鵜籠の中へ放たれし/伊藤敬子

岩礁の鵜の目緑に冬半ば/柴崎左田男

峰つくる雲や鵜川の水の筋/小澤碧童

真鶴の岬も秋めく鵜の聲は/河野南畦

鵜舟待つ残照の膝忘れをり/石川桂郎

海の鵜に十一月の日は移る/小宅容義

川波の眩しき昼の鵜川かな/井上喬風

鵜篝消す一気火の音水の音/中村明子

闇中に山ぞ峙つ鵜川かな/河東碧梧桐

潮濃くて鵜は眠からむ春蜜柑/中拓夫

ひえ~と鵜川の月の巌かな/飯田蛇笏

帰りきし鵜舟を洗ふ星月夜/松岡英士

鵜篝を待つ間よ何を考へし/細見綾子

帰り鵜やいまし全島日矢の中/岸田稚

底見へて鵜川あさまし夜の水/炭太祇

澪標の一本となる海鵜かな/香川修廣

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ