季語/寒鯛(かんだい)を使った俳句

「寒鯛」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒鯛」について

【表記】寒鯛

【読み方】かんだい

【ローマ字読み】kandai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬の鯛(ふゆのたい:fuyunotai)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒鯛を含む俳句例

姿よき寒鯛母の誕生日/柿沼常子

寒鯛の煮凍り箸に挾みけり/原石鼎

寒鯛の切身光茫盛りたるよ/飯塚風像

寒鯛の色美しく売られをり/布川武男

寒鯛の瞳の爛々と気品満つ/鈴木真砂女

寒鯛は背が濃し贅肉なき詩人/香西照雄

拓とる寒鯛鰭をふりにけり/野村多賀子

冬の鯛遠き海よりきて紅し/百合山羽公

寒鯛の生きる喘ぎのかなしさよ/鈴木真砂女

寒鯛をぶち切り漢ばかりで酔ふ/山口いさを

釣りあげて手柄としたり寒の鯛/佐野まもる

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ