季語/鎌鼬(かまいたち)を使った俳句

「鎌鼬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鎌鼬」について

【表記】鎌鼬

【読み方】かまいたち

【ローマ字読み】kamaitachi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鎌風(かまかぜ:kamakaze)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鎌鼬を含む俳句例

死神に尻餅つかせ鎌鼬/林翔

鎌鼬榛の木原の花嫁孤影/林桂

鎌鼬前九年町上り坂/宮慶一郎

お隣の瓦飛びくる鎌鼬/佐藤重子

本を売り心の隅に鎌鼬/赤尾兜子

傷を見て少年泣けり鎌鼬/三星山彦

広重の富士は三角鎌鼬/成瀬櫻桃子

御僧の足してやりぬ鎌鼬/高浜虚子

つっかけの先をすくはれ鎌鼬/赤松子

三人の一人こけたり鎌鼬/池内たけし

柚もぐやきりりと足に鎌鼬/由利茘枝

話には聞いてをりしが鎌鼬/高橋秋郊

貌見せぬ夜叉払ひたる鎌鼬/中村順子

鍵穴をぬけてあやふし鎌鼬/筑紫磐井

鎌鼬冬のふらここ漕ぎ眩む/鈴木栄子

鎌鼬萱追ふ人の倒れけり/水原秋桜子

わが膽に棲みてひさしき鎌鼬/眞鍋呉夫

心急くまゝにまろびて鎌鼬/長谷川蕗女

血塗りたる女人あはれや鎌鼬/檜垣括瓠

鎌鼬ほったらかしに海のあり/小林貴子

俳句例:21句目~

鎌鼬われは静かに病み臥せる/石川桂郎

馬売りて墓地抜けし夜の鎌鼬/千保霞舟

声あげて見てもひとりや鎌鼬/田中よし雄

野を飛んできたりし脛に鎌鼬/瀧澤伊代次

さげてゐしものとりおとし鎌鼬/吉岡秋帆影

かまいたち楔を入れて木を挽けば/茨木和生

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ