季語/船遊(ふなあそび)を使った俳句

「船遊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「船遊」について

【表記】船遊

【読み方】ふなあそび

【ローマ字読み】funaasobi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・遊船(ゆうせん:yusen)

・遊び船(あそびぶね:asobibune)

・遊山船(ゆさんぶね:yusambune)

季節による分類

・「ふ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

船遊を含む俳句例

舷に汐騒更けぬ舟遊/島田青峰

舷を枕に月の舟遊び/矢野奇遇

舟遊び都の人を上坐かな/蕪村

舟遊真珠筏に櫂休め/山田弘子

遊船の女に少し波荒し/高浜虚子

凩や里の子遊ぶ九品仏/野村喜舟

水に漬く大き一枝や舟遊/辻桃子

叡山の鋭角となる船遊/山田弘子

艫並べ宴のはての遊び舟/杉本寛

遊船や水中の五指水掴む/堀内薫

古里の島を真近に船遊/山口明里

火の山の麓の湖に舟遊/高濱虚子

遊船と並びて陸を歩きけり/篠原

遊船に客の竝ぶや青嵐/滝井孝作

遊船の小舟曳きゆく葭雀/松本進

三社祭遊び舟にて参じたり/辻桃子

殺生を篝の照らす船遊び/辻田克巳

首切島遊船来ては楽流す/大橋敦子

遊船の三十艘のみな灯る/千葉大行

近松の戯作の川を舟遊び/後藤綾子

俳句例:21句目~

舟遊や月に背きし髪容ち/島田青峰

暖や遊船の舳の靴二足/島村元句集

石舫を離れ遊船遠ざかる/原田青児

月山の御神酒が出て船遊/茨木和生

糸遊や弁財天まで船に乗り/森澄雄

遊船の纜海をあがり来る/前田普羅

遊船に麻薬調べの艇寄り来/星野瞳

遊船の低き日覆に窮屈に/高濱年尾

遊船の笹の如くに遠くあり/上野泰

岸に釣る人の欠伸や舟遊/高浜虚子

遊船の波切り進む白詰草/高澤良一

遊船に巌流島の磯淋し/中島登美子

工場の裏より仕立て船遊/大前知山

遊船の島の説明少しずれ/小島左京

惜別の刻の揺れゐる舟遊/山田弘子

松島の松のみどりに船遊/高濱年尾

遊船に俎ほどの歩板架く/品川鈴子

遊船の中なる莨盆が見ゆ/京極杞陽

舟遊や片明りして月低し/島田青峰

舟遊の一日も去る夢の如/百合山羽公

俳句例:41句目~

遊船のいま纜の解かれたる/佐川広治

舟遊び湖口に波の少しあり/高濱年尾

舟遊や平人の妻に狎れ給ふ/前田普羅

船遊あつといふまに終りけり/辻桃子

一舟を潮に遊ばせ芦を刈る/鶴丸白路

薄紙のごとき月出づ遊び舟/品川鈴子

三陸の濃霧に追はれ遊び舟/高澤良一

下手がさす棹の雫や舟遊び/仲岡楽南

人工の川のすぐ着く船遊/市野沢弘子

遊船や株屋の町に寄らで過ぐ/河本和

足を置く岩が決りぬ舟遊び/高澤良一

遊船に居てただ眠く旅疲れ/高濱年尾

叡山の向きを自在に船遊/水田むつみ

遊船に岸の灯消えぬ一つ~/島田青峰

遊船の屋根どし~と歩く音/野村泊月

遊船の影の従ふ水の面かな/伊藤柳紅

遊船の楽にただよひ松花粉/伊藤京子

堤より花の散り込む遊び舟/高澤良一

外海の波となりたる遊船に/美馬風史

遊船へ行燈さげきし女かな/野村泊月

俳句例:61句目~

遊船も見えそめて水平かに/野村泊月

岩擦りて遊船岩の上を過ぐ/茨木和生

岩牡蠣の岩場の向う遊び舟/高澤良一

遊船や筏の中にはさまれて/西山泊雲

峯仰ぎつゝ遊船や余花の淵/高濱年尾

嵐山かむさりくるや舟遊び/岩崎照子

帯といて遊船にある女かな/下田実花

遊船や醍醐の山に日の当る/青木月斗

捨団扇ありて遊船雨ざらし/鈴木花蓑

既に早や一船月に在り舟遊/島田青峰

遊船や阿寒二岳を左右の窓/高濱年尾

遊船を追うて堤を下りけり/野村泊月

遊船を送りいだして女かな/野村泊月

額燈の下より出づる遊び舟/野村泊月

餌を持つ手の啄まれ船遊び/寺田順子

泥にさしオールたわめる舟遊/辻桃子

浚渫船にも手を振りて舟遊/吉岡翠生

渚近く泳ぐ鹿あり舟遊び/島村元句集

湖を囲む村々の灯や舟遊び/島田青峰

瀬につかへ遊船ゆるく横を向く/篠原

俳句例:81句目~

目の前に舳先あらはれ舟遊び/桂信子

竜宮へゆく遊船に興じけり/西野郁子

絵はがきの島が現はれ船遊び/上野泰

老一人のせて静かに遊び舟/富安風生

舟遊に夕汐満てり月待たん/島田青峰

噴煙の見ゆる遊船漕ぎすゝむ/高濱年尾

遊び舟しばし真葛に維ぎけり/前田普羅

ゴンドラの夜の船遊月紅く/広瀬美津穂

船遊び波を越ゆるにこゑあげて/辻桃子

スカートのはたはたしたる船遊/辻桃子

一船や月落つるまで遊び居る/島田青峰

今生がねむくなる湖舟遊び/百合山羽公

遊船の水尾島かげに曲りゆく/高濱年尾

初夏の風遊船岩をはなれじと/前田普羅

名ある岩には棹あてず船遊/山崎みのる

腹具合怪しけれども舟遊び/波多野爽波

遊船の焜炉を浜に下ろしけり/田中朗々

紙コップ飛ぶ涼しさや舟遊び/吉屋信子

大牧の温泉へ日帰りの船遊び/高濱年尾

遊船の白き水尾ひき橋くぐる/谷/愛子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ