季語/風船(ふうせん)を使った俳句

俳句例:101句目~

ゴム風船児より離れて海の上/井上美樹

紙風船痛き音たて突かれけり/福井隆子

税申告終へて風船もらひけり/下山宏子

メーデーの束の風船昇天す/橋本美代子

風船の産地は異国鳴りに鳴る/小林一考

一つだけ突いて紙風船渡す/後藤比奈夫

犬の頚に風船つけて橋をゆく/加藤楸邨

風船やあこがれに紐ついてをり/辻直美

中味なく紙風船のすぐへこみ/新明紫明

風船やうるみそめたる石の壁/小池文子

二階にも転がる風船階下にも/高澤良一

余り世やゆつくり弾む紙風船/岩本清子

風船やかかる男のなりはひに/木村蕪城

初売りや風船に息入れて待つ/門井香車

夢ひとつ子の手に渡す風船売/河原貞子

天井に風船あるを知りて眠る/依光陽子

天心に風船のゆく南風かな/八木林之介

天界に倦みて風船降りてくる/柴田奈美

天職に風船売りもあるならむ/辻美奈子

紙風船空あることを愉しくす/河野南畦

俳句例:121句目~

炬燵よりつき返されし紙風船/小原啄葉

風船をつれコスモスの中帰る/石原八束

母の息入れし風船子がつきぬ/今村俊三

彼岸寺いづこ風船をどり来る/林原耒井

薬餌ひさし赤き風船枯枝に/鷲谷七菜子

風船を吹く唇うすし少女尼/柴田白葉女

折りたゝみ紙風船の息吐かす/和気祐孝

風船を売りて食ふだけかせぎけり/覚範

春の雲押し上げてつく紙風船/上野澄江

月の暈風船を放ち手のだるさ/和田悟朗

風船を寺へながして習うなり/阿部完市

風船を手放すここが空の岸/上田五千石

蛸風船かざして鳩を恐れしむ/北野民夫

紙風船春を手玉にとるごとく/高澤良一

風船を放てばもどる手許かな/中川宋淵

風船を首にゆはへし木馬かな/久米正雄

紙風船膨らみて顔かくれけり/神田道子

枳殻の棘に風船つなぎおけ/岩淵喜代子

風船浮く紐が畳にさはりをり/小川軽舟

紙風船越の雪夜に妻がつく/肥田埜勝美

俳句例:141句目~

遠くより風船屋見え景気よし/鈴木花蓑

酔父をも繋ぎとめたげ蛸風船/香西照雄

いづれさびし風船売と寄居虫売/山尾玉藻

お彼岸や風船あげてありし墓/神谷阿乎美

耐ゆること多し風船漂ひ浮く/柴田白葉女

空をとぶ風船の糸直ぐならず/山下しげ人

風船を土堤の眼が追ふ草競馬/上田五千石

風船の夜空に墜ちてゆきにけり/櫂未知子

風船を巨いなる手の召されけり/阿片瓢郎

草風船午後を遊んでしまひけり/大石悦子

風船売百ゆるやかに背に生やし/小池文子

風船のひとつのしぼむメーデー歌/石寒太

イルカ跳ぶ赤き風船めがけては/須磨佳雪

紙風船つくたび窪む鋳物の町/岩見ちづる

風船の空あるところまで上れ/杉山マサヨ

メーデーの風船五彩太陽へ贈る/古沢太穂

三十もあれば風船われを運ぶ/岩淵喜代子

世間虚仮ゴム風船が降りてくる/池田澄子

行くすえは風船売りか影売りに/鳴戸奈菜

紙風船びりりびりりと空が触れ/神戸秀子

俳句例:161句目~

風船の逃げて視線のつながりぬ/稲畑汀子

子を探す母風船を手にしをり/青葉三角草

山の温泉の風船うりや日の盛り/飯田蛇笏

山火事の音の上ゆく風船あり/田川飛旅子

怪獣ごっこ紙風船にもう飽きて/高澤良一

息入れて紙風船をかざりをく/菊地美智子

風船爆ぜゆがみし顔が地に笑ふ/河野南畦

風船破裂す東京人口ばかり殖え/北野民夫

紙風船つけばへこみて我に似る/新明紫明

貌を探す気抜け風船木に跨がり/中村苑子

風船解放市隠の蓑虫拗ねて微動/香西照雄

退屈という風船のおまけかな/田邊香代子

逃げし風船天井歩くビヤホール/右城暮石

風船軽く天井を打つ癒えたきか/成田千空

紙風船息吹き入れてかへしやる/西村和子

風船の離るるごとく死にゆけり/平井照敏

飛びさうな倖せ臭の子に風船/平井さち子

風船ひとつマント母子に浮び蹤く/岸田稚

風船をはらへり真昼野をすすむ/仙田洋子

風船のたましひ入れしふうはふは/松澤昭

俳句例:181句目~

良寛のいろはくるりと紙風船/文挟夫佐恵

風船をかぞへて空のあなた指す/仙田洋子

風船が割れてきのうが遠くなる/大西泰世

かなしびの満ちて風船舞ひあがる/三橋鷹女

しぼむとき鳴る風船を見て足りぬ/原子公平

とびたがるものより売れて風船屋/中村翠湖

なほ願へ風船裂けて濃くなりしよ/香西照雄

はけぐちの無き風船をふくらます/櫂未知子

はたはたり紙風船を手にはたり/文挟夫佐恵

もう飛ばぬ風船を蹴飛ばしてをる/依光陽子

バスの天井が風船押へ酔つて居り/北野民夫

メーデーの旗かき分けて風船遁ぐ/右城暮石

星の夜の鉄鎖のひびき風船われ/八木三日女

木に懸かるマンガ風船何処より/石井喜美子

逃げし風船赤から黒にもう逢へぬ/中村明子

風船の離れたる手をポケツトに/今井杏太郎

紙風船ぐちゃぐちゃにして興ず孫/高澤良一

子の残しゆきし風船しぼみけり/成瀬櫻桃子

風船が乗つて電車のドア閉まる/今井千鶴子

風船にとりのこされしたなごごろ/三橋迪子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ