季語/風船(ふうせん)を使った俳句

俳句例:201句目~

風船のからみし枝の余寒かな/久保田万太郎

風船のはやりかしぎて逃げて行く/鈴木花蓑

風船を持つ手をつなぎ合ひにけり/行方克巳

紙風船がばごぼいふてふくらみぬ/広谷春彦

風船つなぐ森に野犬の群を封じ/八木三日女

中尉肥満なれば脹らして風船とせん/藤後左右

公園やいくつも風船とんで来る/阿部みどり女

紙風船突くやいつしか立ちあがり/村上喜代子

紙風船のガス抜きせねばならぬかな/櫂未知子

風船売ときどき風になりもして/たまきみのる

風船を売るさびしさに耐へゐたり/上田五千石

風船飛ぶいつまでも日の暮れぬ街/矢嶋あきら

紙風船ふくらんだかたちの小さな両掌/大橋裸木

風船にあふ向く稚子の嚏かな/羅蘇山人、村山古郷編

らっきようのかたち風船のかたちあまいあまい/阿部完市

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ