季語/豆の花(まめのはな)を使った俳句

「豆の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「豆の花」について

【表記】豆の花

【読み方】まめのはな

【ローマ字読み】mamenohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蚕豆の花(そらまめのはな:soramamenohana)

季節による分類

・「ま」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

豆の花を含む俳句例

電柱に海鳥の糞豆の花/飴山實

蚕豆の花紫の四月かな/三木かめ

足音も土に消え去り豆の花/汀女

艀より通ふ童や豆の花/白井新一

探す家の番地忘れぬ豆の花/吐天

服着たる人の素足よ豆の花/節子

抜裏の浜庇なる蚕豆の花/瀧井孝作

日雇の破れ笑ひや豆の花/岩田昌寿

しじみ殻すてて雨ふる豆の花/蒼石

牛乳を胸にこぼせり豆の花/後藤章

朝富士へ蚕豆の花目をひらき/林徹

蚕豆の花に遊ぶ子単もの/高野素十

夫婦争ひつつ行く道や豆の花/虚子

媾曳の豆の花散る畷かな/石塚友二

海上も一寸の春豆の花/百合山羽公

雨の日は雨に瞬き豆の花/西村和子

夕潮や蝶を収めし豆の花/藤田湘子

豆にして返す約束豆の花/岩田由美

鮎育つ~天気や豆の花/大場白水郎

空へ眼がふくらむ島の豆の花/林翔

俳句例:21句目~

豆の花終始伏目の空があり/中嶋秀子

摘芯の農婦ふくよか豆の花/遠田澄子

豆の花畔に咲かせて農安し/島田青峰

豆の花一髪の蔓海に触る/百合山羽公

そら豆の花の目がとぶ春嵐/和知喜八

そら豆の花の黒き目数知れず/草田男

豆の花に畦伝ひ来て佇めり/島田青峰

にはとりに水濁りたり豆の花/中田剛

乳牛の斑白うつくし豆の花/大野林火

人声を探しゐる蔓豆の花/後藤比奈夫

葉と共に蔓にまかれし豆の花/上村占

家低く山また低し豆の花/三田きえ子

尿る子の怒る瞳をして豆の花/石寒太

屋根石に炊煙洩るゝ豆の花/杉田久女

波除を越ゆる波あり豆の花/清崎敏郎

花豆の花てつぺんに風の音/幸田昌子

突端に来てそら豆の花の道/高澤良一

部屋一つ使ひ余して豆の花/松本文子

蚕豆の花だよ紫の眼がある/北原白秋

そら豆の花海へ向き海の声/川崎展宏

俳句例:41句目~

そら豆の花に大きな月上がる/小川軽舟

そら豆の花の勝手な思ひ込み/高澤良一

仙人掌の垣してほのか豆の花/小池文子

先人の目鼻とまがう豆の花/宇多喜代子

叱られし遠き思ひ出豆の花/清水きよ子

啄木が来るそら豆の花あたり/坪内稔典

土の香のあたらしき風豆の花/平子公一

山の日は山へ帰りて豆の花/今井杏太郎

掻き曇りそら豆の花盲ひたり/高澤良一

日静かに野を吹く風や豆の花/西島麥南

杖置いて蹲むはやさし豆の花/中山純子

段畑の寸土あまさず豆の花/西森千代樹

泣く子よりあやす大声豆の花/川村紫陽

浪音に暮るゝ日おそし豆の花/吉川春藪

潮風に飛ぶかまへして豆の花/中村房子

数珠輪袈裟はた頭陀袋豆の花/羽原青吟

牛啼けば鶏もなきだす豆の花/及川知子

真っ赤なが獲れ蚕豆の花ざかり/瀧春一

真つ赤なが獲れ蚕豆の花ざかり/瀧春一

眼科出て眼やすめぬ豆の花/石田あき子

俳句例:61句目~

蚕豆の花の吹降り母来て居り/石田波郷

蚕豆の花の黒瞳を子の貰ふ/文挟夫佐恵

豆の花いつか過ぎたる畑かな/芝不器男

豆の花うねりのつよき海西日/大野林火

豆の花生涯受身ばかりにて/大沢ひろし

豆の花白ばかり胸に不毛の地/下村槐太

豆の花雨降ればすぐびしよ濡れに/林火

農の子の指やはらかし豆の花/中村棹舟

道に沿ふて曲れる畝や豆の花/西山泊雲

道のべは人の家に入り豆の花/室生犀星

このあたり畑も砂地や豆の花/星野立子

さかんなり汝がまきし豆の花/前田普羅

しじみ殻すてて雨降る豆の花/松村蒼石

鮎育つそだつ天気や豆の花/大場白水郎

葉の驕りにすねて小さし豆の花/西山泊雲

土落とし又履く草履豆の花/長谷川かな女

真昼今豆の花に降る日ざしかな/島田青峰

劇薬の世にはびこれる豆の花/大木あまり

借りてさす日傘は派手や豆の花/中村汀女

豆の花あたらしき風子供に吹き/長谷川双

俳句例:81句目~

豆の花眉をおとしてねむらうよ/栗林千津

涙ためて背戸に立つ児や豆の花/西山泊雲

豆の花どこへもゆかぬ母に咲く/加畑吉男

そら豆の花の黒目にかげ日向/篠田悌二郎

そら豆の花のかをりや当麻村/中田みづほ

豆の花橋でつないで河口の街/加倉井秋を

手のひらに顎がのっている豆の花/八木實

こんな手のやり方もある豆の花/桑野園女

豆の葉に菜の花の黄の付にけり/松瀬青々

貧しくも楽しさ少し豆の花/松岡ひでたか

この路地を芙美子出てくる豆の花/辻桃子

立ちながら海女が髪結ふ豆の花/古館曹人

紀の国の春あわたゞし豆の花/楠目橙黄子

高熱はむらさきがちの豆の花/宇多喜代子

葉の蕉れにすねて小さし豆の花/西山泊雲

土落として又履く草履豆の花/長谷川かな女

蚕豆の花のまなこに見られをり/刈谷次郎丸

生きてゐるかぎりの気負ひ豆の花/仙田洋子

日のひかり胸に満ちきぬ豆の花/安部/亜紀

豆の花あられのように今朝咲いて/土師清二

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ