季語/襖(ふすま)を使った俳句

「襖」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「襖」について

【表記】襖

【読み方】ふすま

【ローマ字読み】fusuma_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬襖(ふゆぶすま:fuyubusuma)

・襖紙(ふすまがみ:fusumagami)

・絵襖(えぶすま:ebusuma)

・白襖(しろぶすま:shirobusuma)

・唐紙(からかみ:karakami)

・襖障子(ふすましょうじ:fusumashoji)

・唐紙障子(からかみしょうじ:karakamishoji)

・古襖(ふるぶすま:furubusuma_)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

襖を含む俳句例

唐紙や敷居の細道蔦葛/露甘

島や金箔擦れの大襖/辻桃子

襖絵の梅や湯婆賜りて/松本進

冬籠観音経を襖かな/角田竹冷

冬襖父母近き安心に/橋本榮治

雛の間へ幾唐紙や開通し/篠原

枕辺に夜の水賜る蟲襖/斎藤玄

凍蝶や襖はづせし太柱/上村占

襖絵の一瀑緊る鏡餅/関森勝夫

唐紙に鼠溺す夜長哉/寺田寅彦

青嵐龍の襖と虎の襖/川崎展宏

越中を寸分見せず雪襖/長田等

庭先に剣襖の葉水仙/高澤良一

襖絵は古式捕鯨の島の宿/中/裕

聞法の襖外して大根焚/坂田流枕

襖外して大辞典小辞典/山田弘子

襖絵の波頭畳へ鑑真忌/浦野芳南

襖絵の鴉夜長を躍り居る/原石鼎

八枚の襖が真白鴨の宿/茨木和生

桜など描きて冬の寺襖/橋石和栲

俳句例:21句目~

浄土寺の夜寒の襖太柱/黒田杏子

襖絵に起る浪音鑑真忌/小畑晴子

産褥や闇と灯頒つ冬襖/中山純子

白襖の黒枠不吉隙間風/香西照雄

書初や草の庵の紅唐紙/飯田蛇笏

寂かなる雨六月の白襖/石原舟月

襖絵の老人の背に年移り/黒田杏子

紫の袱紗をしごく冬襖/百瀬ひろし

襖絵の海の青さや鑑真忌/中川幸子

木枯や寺の襖のみな動く/増田龍雨

襖絵を拝し底冷え畏みし/古沢太穂

国旗買ひ帰るや冬の白襖/赤尾兜子

狐火に長門の寺の大襖/大峯あきら

襖絵や蓮枯れ水は敏感に/大井雅人

文字の虚しき刻を葭襖/鈴木六林男

聴きすます霙襖の奥の声/加藤楸邨

襖絵の墨の薄るる実千両/古田紀一

大寒の夕日をはじき竹襖/荒井正隆

木枯を秘色としたり白襖/齋藤愼爾

萩の宿白き襖の貧ならず/鈴木花蓑

俳句例:41句目~

白襖幼児笑へば亡母来る/飯田龍太

柿襖ほめて大和の薬売り/平田桃江

壁を背に唐紙を背に狸汁/高木晴子

一切を断ち雪国の重襖/鷲谷七菜子

母と居るたゞ朧夜の古襖/小林康治

襖絵の雲が雨呼ぶ鑑真忌/谿/昭哉

唐紙に眠れる虎や松の花/高田蝶衣

鵯ひびく十枚襖松が占め/岡田貞峰

鴨引いて真宗寺の大襖/大峯あきら

永き日や庭より見ゆる襖の絵/誓子

山路来て報恩講の白襖/大峯あきら

僧と俗へだつ真白き冬襖/吉野義子

雑炊に寺の子四方の襖より/赤松子

金色に襖百枚うちかさね/佐藤琳子

入れ違ふ襖絵花の宴あと/中尾杏子

海ざばと襖に通ひ病職工/細谷源二

絵襖の前に眠れり十二月/飯島晴子

襖開け熟睡児の息雛の息/山田弘子

福寿草襖いろはにほへとちり/青畝

戸をくれば襖の奥の雛かな/上村占

俳句例:61句目~

おのづから夫婦の圈の粗襖/石塚友二

げぢげぢや風雨の夜の白襖/日野草城

襖絵の早池峯合はす冬座敷/古舘曹人

襖絵の波うつろはず鑑真忌/鶴嶋博子

襖絵の猿猴木の實貯ふる/八木林之介

襖絵の酒呑童子のどけしや/巌谷小波

襖絵の金銀を着る鳥けもの/尼崎/澪

ひろびろと襖はづして広座敷/山本綾

襖絵の青夜の瀾や鑑真忌/田平龍胆子

襖絵の青濤ひかる月点前/奥村木久枝

遠雪崩妻と襖をへだてをり/山田素雁

襖絵の鶴相寄りて枯野閉づ/橋本榮治

一徹の襖や重く閑ざされて/羽田岳水

雪原を分つ落葉松襖かな/古賀まり子

雪嶺襖鳶は翔たんと息つめる/松本旭

風除の大藁襖日をかこふ/長谷川素逝

香焚いて香のとゞまる襖入れ/及川貞

冬の灯に花鳥色濃き襖かな/橋本鶏二

冬襖開ければ人の匂ひして/高橋将夫

利休忌の海鳴せまる白襖/鷲谷七菜子

俳句例:81句目~

去年今年やぶれ襖のせんなさよ/梨屋

鬱金の襖を倒す月が土足で/西川徹郎

叭叭鳥を四方に翔ばせ露襖/高澤良一

鴛鴦の襖を隔て眠りけり/佐々木六戈

黒髪町あかずの襖夜歔きせり/穴井太

埋火やそむきて坐る襖きづ/桂樟蹊子

枝もろし緋唐紙破る秋の風/松尾芭蕉

夕映のしばらく倚るは冬襖/巌谷小波

燈火親し壁唐紙の赤き間に/京極杞陽

大寺の冷えから冷えへ襖数/細井みち

大服の沸りてかすむ襖かな/勝峰晋風

雪の世のいつかは倒る白襖/齋藤愼爾

引きまはす襖の外も稲屏風/立花北枝

恵那の日の冷やかに射す古襖/岸田稚

早苗饗の襖ひらいて主かな/橋本鶏二

湯豆腐寺僧俗区切る板襖/百合山羽公

画襖の人にもとしのくれゆくか/成美

白襖染みを鳥とも茄子とも/依光陽子

立山やこゑ跳ねかへす雪襖/新田祐久

絵襖の古き牡丹に利茶かな/高浜虚子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ