季語/臘八会(ろうはちえ)を使った俳句

「臘八会」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「臘八会」について

【表記】臘八会

【読み方】ろうはちえ

【ローマ字読み】rohachie

子季語・関連季語・傍題・類語など

・臘八(ろうはち:rohachi)

・臘八接心(ろうはちせっしん:rohachisesshin)

・成道会(じょうどうえ:jodoe)

・臘八粥(ろうはちがゆ:rohachigayu)

・温糟粥(うんぞうがゆ:unzogayu)

・五味粥(ごみがゆ:gomigayu)

季節による分類

・「ろ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

臘八会を含む俳句例

上堂の手燭案内臘八会/藤小葩

臘八や今朝雑炊の蕪の味/惟然

履物の列美しく臘八会/牧月耕

臘八や腹を探れば納豆汁/許六

女人とて男袴の臘八会/村上冬燕

臘八の粥の梅干種大き/羽田岳水

足裏の清楚な汚れ臘八会/牧冬流

末法の星美しき成道会/今村霞外

臘八や和尚漸くねびまさり/雁宕

臘八の明方頃を鴉啼く/小川煙村

臘八会満願の僧峨山越/国分法泉

臘八の香煙くぐり烏猫/渡辺鳴水

腸をさぐりて見れば納豆汁/許六

臘八や辻の焚火に旅の僧/菅裸馬

臘八や痩は仏に似たれども/支考

臘八会炭火奢りの焔吐き/飯田龍太

暁の御門をひらき臘八会/松内蒼生

臘八の禅堂雪に沈みけり/本田一杉

臘八や晋山待たる一寺院/古川禎子

臘八や昏さに数へ京花麩/岡村加代

俳句例:21句目~

修道の素足が走る臘八会/神戸衣寒

筆太に臘八接心告知せる/赤木利子

臘八や道風会下の五百人/喜谷六花

老僧のだよだよ話臘八会/星野立子

雲低き臘八の山下るべき/門脇顕正

臘八の粥受け給ふ鯖大師/笹井武志

臘八に愚痴を一臼しらげばや/諷竹

臘八や赤き花さく霜の中/松瀬青々

臘八の読経に遠い飛行音/田中信克

臘八の会座に一人蒙古僧/矢野秋色

臘八の星びつしりと嗽ぐ/藤原款冬

警策の尼に重たし臘八会/穂北燦々

臘八の大甕水を湛へけり/丸山哲郎

臘八の警策を受け合掌す/石馬賢州

講台の下にもつむり臘八会/秋吉方子

障子打つ風の音のみ臘八会/肱岡恵子

鼠鳴の鳥がちかづく臘八会/宮坂静生

大綿のひとつを肩に臘八会/西田栄子

大衆や経行冴ゆる臘八會/名和三幹竹

居士大姉臘八粥の湯気の中/小坂順子

俳句例:41句目~

打交じる有髪の尼や臘八会/森永杉洞

朝粥に凍ほどけゆく臘八会/井上祥風

松影のしかと臘八会の終る/和田暖泡

禅寮に積む白ぶとん臘八会/亀井糸游

臘八の典座いづれも襷がけ/中村一志

臘八の大青空となりゐたり/綾部仁喜

臘八の山気圧しくる坐禅堂/渡辺大円

臘八の巨いなる雲動きをり/中川宋淵

臘八の日矢の金色雲間より/倉橋弘躬

臘八は何とたたくぞはちたたき/木導

臘八の柱の陰に憎ひとり/片山由美子

臘八の法話の中の摩伽陀国/末石休山

臘八の海鳴りを断つ白障子/佐野美智

臘八の粥座居向の膝をかへ/後藤夜半

臘八にせめて疑ふ人もがな/加舎白雄

臘八の茶粥噴きをり夜明前/幕内千恵

臘八の警策しかと応へたり/田中田吉

臘八の警策艶をふかめけり/伊与幽峰

臘八の鍛冶の炎明り漁師町/中川志帆

臘八の門に汝の到りけり/河東碧梧桐

俳句例:61句目~

臘八の門遊楽の徒は入れず/安陪青人

臘八や月に釣り雲に耕すと/尾崎迷堂

臘八や煙出しより烟いで/名田西の鴉

臘八や老師は須弥の頂キに/尾崎迷堂

臘八や鎌倉禅の末に参じ/松根東洋城

臘八会栗鼠が走りて塵少し/牧岡歌子

臘八会素早く暮れて槻の枝/飯田龍太

臘八会芥もくたの穴掘りて/宮坂静生

臘八の屋根にやすやす男ゐて/藤田三郎

下りて来し山の灯の数臘八会/長谷川双

夜の樹々臘八の灯に犇めきぬ/中川宋淵

臘八や噛む眼ばかりの乾小/阿部浪漫子

臘八や斎座につける周梨槃特/河野静雲

臘八や獅子座につきし大和尚/河野静雲

臘八の如意に打たれて遅参尼/水谷鍬吉

臘八や亀かたくなに首出さず/河田/悠

臘八や有髪の尼も結跏趺坐/中島不識洞

臘八の警策ぴしと鳴りにけり/周藤花汀

日がまはりたる臘八の石の上/岡井省二

臘八の堂の静けさつたはりぬ/後藤夜半

俳句例:81句目~

警策を承けざりし悔い臘八会/阿部棠女

山の火かはた明星か臘八会/福田甲子雉

臘八に火中の蓮をつばらかに/寒川鼠骨

大屋根のあたたかき日や臘八会/森澄雄

臘八の飲食湯葉の黄をくらふ/永橋並木

臘八の粥煮こぼるゝ典座かな/南上北人

鬚剃りて臘八粥をいただけり/升本行洋

臘八の恥骨に大和暮れるかな/大井恒行

臘八会木立の奥を風の過ぐ/鈴木かほり

臘八の聴衆まばらや大伽藍/松本たかし

臘八僧星見えぬ空仰ぎをり/沢崎ゆきえ

臘八の旦峨々たる声音かな/河東碧梧桐

おほらかに墨の撥ねたり臘八会/中村苑子

臘八の朝の燠がしたたかな寮内/喜谷六花

臘八や雪をいそげる四方の嶺/阿波野青畝

臘八会石工の子らも来てをりぬ/小倉覚禅

臘八の星のにはかにみぞれけり/宮岡計次

緇衣支ふくるぶしとがり臘八会/亀井糸游

海に入る水のびのびと臘八会/岩本かおり

臘八の日をこぼしたる霜しづく/石原舟月

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ