季語/冬薔薇(ふゆばら/ふゆそうび)を使った俳句

「冬薔薇」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬薔薇」について

【表記】冬薔薇

【読み方】ふゆばら/ふゆそうび

【ローマ字読み】fuyubara

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬の薔薇(ふゆのばら:fuyunobara)

・寒薔薇(かんそうび:kansobi)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬薔薇を含む俳句例

婚約を心に許す冬薔薇/羽部洞然

冬薔薇反逆の白崩れゆく/伊藤梢

一日の汚れが爪に冬薔薇/二村典子

冬薔薇たつた二輪の誕生日/星野椿

破垣に冬の薔薇咲き鷦鷯/窪田桂堂

冬薔薇電子音楽堂に満ち/伊藤京子

速達で来る一束の冬薔薇/対馬康子

冬薔薇潮が川を膨らます/横山白虹

湯の村に菊屋山茶花冬薔薇/泉鏡花

冬薔薇散る一片は鞭の上/原田青児

枝先の一花ゆゑの冬薔薇/松藤夏山

冬薔薇子へ共稼ぎ金送る/羽部洞然

光曳く一舟冬の薔薇の上/奈良文夫

一輪の冬薔薇隅には置けず/鈴木栄子

冬薔薇や賞与劣りし一詩人/草間時彦

活けかへて命張りつめ冬薔薇/南禮子

冬ばらの蕾の日数重ねをり/星野立子

冬薔薇嘘の如くに大輪に/波多野爽波

冬薔薇墓碑に刻みし齢若く/京極杜藻

冬薔薇いよいよ年の空深く/高澤良一

俳句例:21句目~

会葬が再会の場に冬薔薇/長谷川治子

父の地の母の高さに冬薔薇/古館曹人

あの窓に恋始まりし冬薔薇/田口風子

病ひ軽き日は愁なし冬薔薇/村山古郷

故しらぬ別れとなりぬ冬薔薇/上村占

心の角を誰か曲りぬ冬薔薇/中村明子

僕が主人公の童話を語る冬薔薇/林桂

冬薔薇アポロも獣も安息時/川口作子

塀の根に冬薔薇一つ夕明り/水野草坡

堕胎期を過ぎ大輪の冬薔薇/対馬康子

厨ごと終りて活ける冬薔薇/山崎道子

銀座には銀座の生活冬薔薇/高木晴子

生誕の日や冬薔薇の紅の檄/楠本憲吉

鍵盤に落ちし一片冬薔薇/梅田実三郎

冬薔薇一輪風に揉まれをり/高浜虚子

冬薔薇ふたりに別々の時間/為成暮緒

冬薔薇我が大熱に開きけん/矢田挿雲

一疋の雄の夜明けぬ冬薔薇/石塚友二

さし溢す水珠なせり寒薔薇/西島麦南

冬の薔薇放物線の先に咲く/浜田扇風

俳句例:41句目~

彫深き顔と冬の夜の薔薇と/石塚友二

心臓の至近に大き冬の薔薇/星野明世

文芸は具象抽象冬の薔薇/阿波野青畝

帽子屋のあはせ鏡や冬薔薇/御子柴光子

ぎりぎりの省略冬薔薇蕾残す/津田清子

妬心神にも冬薔薇枯れゆけり/柴田奈美

夫とゐて冬薔薇に唇つけし罪/鷹羽狩行

大輪となるべかりしに冬薔薇/河野美奇

菊枯れて冬薔薇蕾む小庭かな/正岡子規

壁に吊る木偶の手足や冬薔薇/太平栄子

さしこぼす水珠なせり寒薔薇/西島麥南

冬薔薇星のひとつを受信せり/大西泰世

冬薔薇や聖書に多き罪の文字/原田青児

よき言葉聴きし如くに冬薔薇/後藤夜半

冬薔薇高尾太夫の気っぷもて/高澤良一

花びらを崩す気のなく冬薔薇/嶋田一歩

冬薔薇の花弁の渇き神学校/上田五千石

冬薔薇の蕾のままに昭和果つ/五島久子

花びらの縁より乾く冬薔薇/榎田きよ子

冬薔薇を二本いただき散会す/大津幸奈

俳句例:61句目~

しろたへに鵜匠の門の冬薔薇/石原八束

冬薔薇石の天使に石の羽根/中村草田男

冬薔薇まなこ乾けるまで眺む/長山順子

冬ばらや臨時職わが腰かがめ/細川加賀

冬薔薇おや指姫のひそみゐる/角川照子

冬薔薇咲ききる力ありや剪る/豊島/峰

冬薔薇紅く咲かんと黒みもつ/細見綾子

冬薔薇や仕事で逢ひて好きな人/岡本眸

冬薔薇や月日の奥に夫との日/山田孝子

冬薔薇金色の日を分ちくるゝ/細見綾子

Aという役名冬の薔薇を持ち/対馬康子

冬薔薇が匂ふ毒薬溶き居れば/品川鈴子

淋しさは愉しさに似て冬薔薇/中村芳子

剛き詩が欲しや鉄器に冬の薔薇/飴山實

尼僧剪る冬の薔薇をただ一輪/山口青邨

冬薔薇棘ささぬ術知り二十七/谷口桂子

冬薔薇日の金色を分ちくるゝ/細見綾子

金を得る空想視野に冬薔薇/田川飛旅子

朝なれば食器の音も冬の薔薇/細見綾子

皿割りてより大胆な寒の薔薇/中村明子

俳句例:81句目~

冬薔薇の咲いてしをれて人遠き/日野草城

冬薔薇の芯すひ落すローリング/横光利一

冬薔薇は色濃く影の淡きかも/水原秋桜子

冬薔薇やどこも痛まず病み臥る/北野民夫

冬薔薇やなにへともなき憤り/稲垣きくの

冬薔薇やわが掌が握るわが生涯/野澤節子

冬薔薇や陽を失うてあえかなる/日野草城

冬薔薇を唇にくはへて誇りたる/仙田洋子

冬薔薇を抱へ花野にゐるごとし/関森勝夫

冬薔薇一輪剪りていと小さし/山下さぎり

冬薔薇傾けて置くワインの壜/伊藤いと子

冬薔薇咲くや海越え来し吾子に/羽部洞然

冬薔薇や海に向け置く椅子二つ/館岡沙緻

冬薔薇活く鋭き棘を水に沈め/山口波津女

冬薔薇蝕めるものさらになし/加藤三七子

咲きかはり枝をかへたる冬薔薇/高濱年尾

塩田をよぎる目あての冬薔薇/佐野まもる

夢ゑがき臥す夜を匂ふ冬薔薇/古賀まり子

大島を指呼に冬薔薇たぐり剪る/奈良文夫

捨て切れぬ夢もありけり冬薔薇/原田和子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ