季語/冬雲雀(ふゆひばり)を使った俳句

「冬雲雀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬雲雀」について

【表記】冬雲雀

【読み方】ふゆひばり

【ローマ字読み】fuyuhibari

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬雲雀を含む俳句例

鍬ふるふ婆様一人冬雲雀/川口裕敏

冬ひばり葬の列尾は同窓生/中拓夫

街道に孤松艶立つ冬雲雀/桂樟蹊子

冬雲雀空は姉さま化粧中/伊地知建一

冬雲雀音を落す田は牛使ふ/下村槐太

冬雲雀そこより上は天の領/平井照敏

望遠鏡と遊ぶ波郷や冬雲雀/細川加賀

修道士の耕す影や冬雲雀/水原秋桜子

馬肉屋の紅殻格子冬ひばり/宮岡計次

冬雲雀ひくゝ揚りて道成寺/鈴間斗史

冬ひばり揚る湖北の隠れ里/伊東宏晃

冬雲雀惑ひ藁塚ちぎれとび/下村槐太

乳房の張りくる至福冬ひばり/横山千夏

冬ひばり埋立鳥瞰図に鳴くや/古沢太穂

冬ひばり海中は日を引き込める/中田剛

冬ひばり藜の枯を見てゐしに/細見綾子

出雲なる風土記の丘の冬雲雀/小野淳子

紀の川の晒布の上の冬ひばり/田村木国

肉体はむこうに落下の冬雲雀/小林行雄

冬雲雀川の流れを見て落ちる/新村写空

俳句例:21句目~

われは粗製濫造世代冬ひばり/高野ムツオ

冬ひばり一尋ごとの空かさね/宇都宮滴水

冬ひばり昂るおもひなしとせず/木下夕爾

冬雲雀西日少し上りけり後の月/酒井黙禪

冬雲雀石切場ふかく深くなる/中村草田男

冬雲雀揚りゐし日の暮れにけり/栗原米作

葭刈れば鳴きつれ移る冬雲雀/塩谷はつ枝

冬雲雀らが怖がつて夜が来る/夏井いつき

靴埋めて火山灰の径ゆく冬雲雀/朝倉和江

三輪山のしろがねの日に冬ひばり/山本古瓢

井戸といふ井戸よりあがる冬雲雀/宗田安正

冬雲雀の声のはるけさダムの色/小木ひろ子

石切りの奈落むは見えず冬雲雀/久保南風子

冬雲雀聴きしとおもふ聴きたしと/二宮操一

冬雲雀そのさへづりのみぢかさよ/橋本多佳子

冬雲雀鴉が鳴いて止みにけり/五十崎古郷句集

湯に浮くはわたしの放浪冬雲雀/一ノ瀬タカ子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ