季語/夜着(よぎ)を使った俳句

「夜着」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夜着」について

【表記】夜着

【読み方】よぎ

【ローマ字読み】yogi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・掻巻(かいまき:kaimaki)

・小夜着(こよぎ:koyogi)

季節による分類

・「よ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

夜着を含む俳句例

古夜着も今朝畳なすしめ飾/曾良

春眠や覚むれば夜着の濃紫/松浜

冬籠夜着の袖より窓の月/正岡子規

物干や夜着かかへ出て花の雲/岱水

霙降る宿のしまりや蓑の夜着/丈草

顔見世や夜著をはなるゝ妹が許/蕪村

足の出る夜着の裾より初嵐/寺田寅彦

ぬぎ捨てて夜着も畳まず閏の雪/巴流

破れ夜着板の如しや杣の宿/松浦真青

ひとり寝や幾度夜着の襟をかむ/来山

夜着に寝てかりがね寒し旅の宿/芭蕉

皃見せや夜着をはなるゝ妹が許/蕪村

客人の夜着押しつくる夜寒かな/程己

足の出る夜著の裾より初嵐/寺田寅彦

夜著に寝てかりがね寒し旅の宿/芭蕉

十三夜夜着一枚を重ねたり/田中冬二

夜着は重し呉天に雪を見るあらん/芭蕉

さればこそ夜着重ねしが今朝の雪/信徳

しっとりと雪もつもるや木綿夜着/許六

寒に入るこころにかるし夜着の裾/卓袋

俳句例:21句目~

霰降る宿のしまりや蓑の夜着/内藤丈草

風引てて物思はせん夜着の外/内藤丈草

侘しさは夜著をかけたる火燵かな/桃先

三井寺に緞子の夜着や後の月/蕪村遺稿

掻巻やざぶんざぶんと湖の波/川崎展宏

ほとゝぎすきくや汗とる夜着の中/炭太祇

夜着ひとつ祈り出して旅寝かな/松尾芭蕉

眠り欲る小鳥のごとく夜着かむり/岡本眸

夜着かけて容いぶせきこたつ哉/高井几董

行く秋を身にしたがふや夜着ふとん/浪化

夜着かけてつらき袖あり置火燵/立花北枝

夜着うすくして淋しらや春浅き/富田木歩

夜着を着て障子明たりけさの雪/黒柳召波

春雨やぬけ出たままの夜着の穴/内藤丈草

極月の法師をつつむ緋夜着かな/飯田蛇笏

掻巻もまくらも秋の風の中/久保田万太郎

潮さゐのたかまり来る夜著かぶる/上村占

初秋や畳みながらの蚊屋の夜着/松尾芭蕉

はつ秋やたたみながらの蚊屋の夜着/ばせを

エリザベス一世の夜着秋のほこり/川崎展宏

俳句例:41句目~

湯婆入れて錦の夜着のふくれかな/岡本松浜

菊月の夜着のつめたさまとひけり/藺草慶子

足袋脱いて居るといふ也夜着の中/尾崎紅葉

歌よまず詩作らず自然夜着に雪を聴ク/秋風

夜著かたくからだにそはぬ寒さ哉/正岡子規

こも~と亥の子の晩の夜着に寝る/廣江八重櫻

わたぬきやはじめて夜着のおそろしき/千代尼

はるさめやぬけ出たまゝの夜着の穴/内藤丈草

父と呼び亡母をつぶやき夜着かぶる/松原文子

足袋はいて夜着ふみ通る夜ぞ更けし/飯田蛇笏

郷の夜着派手にあらねば身に添へり/三宅一鳴

夜着ぬくぬく人手借りずに生きるべう/後藤綾子

千鳥鳴けばいつもの夜着を掛けるなり/河東碧梧桐

初空を夜着の袖から見たりけり/一茶/文化十四年丁丑

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ