季語/冬木(ふゆき)を使った俳句

「冬木」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬木」について

【表記】冬木

【読み方】ふゆき

【ローマ字読み】fuyuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬木影(ふゆきかげ:fuyukikage)

・冬木道(ふゆきみち:fuyukimichi)

・冬木宿(ふゆきやど:fuyukiyado)

・冬木中(ふゆきなか:fuyukinaka)

・冬木原(ふゆきばら:fuyukibara)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬木を含む俳句例

会釈して金壷眼冬木伐/森澄雄

若水や冬木が丘に鐘の声/青々

風鶴院波郷居士今大冬木/中里結

話声雀にとどく夕冬木/太田鴻村

金銭の網目冬木の枝繁に/三谷昭

海見えて山桜いま一冬木/大串章

冬木影戞々ふんで學徒来る/篠原

大冬木黄金の棒の如き時/上野泰

煙出づ冬木空なる煙出/中村汀女

人下に立てば即ち大冬木/上野泰

登窯延ぶるに鴉ゐる冬木/茂里正治

冬木より枯木に移る夕鴉/長谷川双

豆剣士柳生へ通ふ冬木道/渡辺龍子

山しづかなり悉く冬木なり/有働亨

宿坊も大本山も冬木中/赤堀五百里

この村の人は猿なり冬木だち/蕪村

孫六の墓へ冬木の桜かな/金子青銅

年礼や畑どなり冬木松五郎/龍岡晋

浦風に冬木の楯や屋島寺/伊沢健存

売家につんと立たる冬木かな/一茶

俳句例:21句目~

壁鏡冬木が遠く身震ひする/桂信子

彳めば我も冬木と異らず/福田蓼汀

鞄あけ物探がす人冬木中/高浜虚子

麻布絶口釜無谷の冬木かな/龍岡晋

わが影の中より枝を出す冬木/篠原

冬木中一本道を通りけり/臼田亞浪

冬木よい雨見れば降る/栗林一石路

大空の風を裂きゐる冬木あり/篠原

働いて薄着たのしや冬木賊/岡本眸

青年に愛なき冬木日曇る/佐藤鬼房

雨降るや冬木の中の翌檜/石塚友二

御幸路の秀衡桜大冬木/広瀬河太郎

冬木空大きくきざむ時計あり/篠原

冬木だち月骨髄に入夜哉/高井几董

好晴の空をゆすりて冬木かな/篠原

湖の影絵めくられ冬木山/和知喜八

公園の冬木の瘤の日曜日/木下夕爾

渾身の力は真紅冬木の芽/折井眞琴

寄生木の影もはつきり冬木影/篠原

冬木中日輪太く沈みゆく/阿部夕礁

俳句例:41句目~

冬木空時計のかほの白堊あり/篠原

残照や歩まねば吾も一冬木/岡本眸

鶯を目白を飼うて冬木宿/青木重行

馬の瞳に蒼空映る冬木風/太田鴻村

B棟の患者見下ろす一冬木/高澤良一

冬木中相摶つ斧の響かな/川上土司夫

冬木縫ひ吾と平行に人歩む/横山白虹

冬木中鳥音慕うて歩きけり/臼田亞浪

郵便局葉書きらしし冬木かな/龍岡晋

郊外に酒屋の蔵や冬木だち/黒柳召波

邂逅や冬木となりし町辻に/岸風三楼

大空に伸び傾ける冬木かな/高浜虚子

冬木伐る親子の音の異なれり/大串章

谿ふかく水音の冬木の霜/栗林一石路

冬木影しづけき方へ車道わたる/篠原

観音の冬木は星を鏤めし/深川正一郎

冬木影ばさと昨日に同じ刻/栗生純夫

西空焼け人影冬木ともに黒し/三谷昭

冬木越し霊山に拠る町点る/宮津昭彦

冬木影解剖の部屋にさしてゐる/篠原

俳句例:61句目~

冬木影頬のさみしき女とも/石原八束

幻燈や冬木のごとく兔死す/対馬康子

夜祭の隆々として冬木瘤/青柳志解樹

菰を着し冬木や人を欺かず/青木重行

冬木流す人は猿の如くなり/夏目漱石

でんでら野白日輪と冬木影/佐野美智

南宗の貧しき寺や冬木だち/五車反古

菫咲き松も冬木の相なし/篠田悌二郎

寒禽を捕るや冬木の雲仄か/飯田蛇笏

少年や冬木に頬を寄せて哭き/樋笠文

釜寺へ近みちとある冬木かな/龍岡晋

銭苔のうすきみどりの冬木なる/篠原

長考の一手冬木の影に指す/船越淑子

隠亡の子が鴉飼ふ冬木かな/西島麥南

雲重し冬木は高く相擁す/金箱戈止夫

青天は流るゝごとし冬木原/近藤楓渓

鴎外の文体で立つ冬木かな/中嶋秀子

大冬木より放たれて歩きけり/上野泰

碧空に冬木しはぶくこともせず/篠原

省くだけ省きし寂に一冬木/百瀬美津

俳句例:81句目~

画を蔵す大厦窓なく冬木影/福田蓼汀

獄塀に冬木の影の余すなし/角川春樹

父のごと仰ぐ母校の大冬木/山下美典

一冬木仕置のごとく牛繋ぐ/太田土男

一本の冬木に扉どうと閉ぢ/川口重美

力瘤付けて冬木となりにけり/小島健

一瀑を負ひて灯せり冬木宿/富野/春

灌木をわたる冬木の一人称/加藤郁乎

潦に映らず立てる冬木かな/京極杞陽

妻急変冬木一列帰路一途/松崎鉄之介

人入りて人の耳澄む冬木山/広瀬直人

渓流を越ゆかんかんと冬木伐/中拓夫

僧もする冬木の中の連小便/河野静雲

半鐘とならんで高き冬木哉/夏目漱石

冬日柔か冬木柔か何れぞや/高浜虚子

沼尻の冬木に灯す水車かな/野村泊月

冬木この一回性の森を成し/加藤郁乎

大浅間ひとり日当る山冬木/臼田亞浪

冬木さヘネオンの色に立ち並び/篠原

妻子病む冬木の空の昼花火/細川加賀

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ