季語/手袋(てぶくろ)を使った俳句

「手袋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「手袋」について

【表記】手袋

【読み方】てぶくろ

【ローマ字読み】tebukuro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・手套(しゅとう:shutou)

季節による分類

・「て」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

手袋を含む俳句例

子の中の手袋なき子固拳/林翔

豆拾ふ革手袋の女来て/萩原麦草

耕してゴム手袋の型戻る/山崎篤

手袋が鏡の中で花を買う/渋谷道

氷上に手袋落しすぐ拾ふ/森田峠

湖風を真正面の黒手套/山田弘子

手袋の手を置く車窓山深み/上村占

手袋をはめわが醜をわが掴む/林翔

魂ぬけの手袋ありて窯休み/森田峠

更衣せめて真白な手袋も/高木晴子

手袋の裏のわが色折返し/後藤夜半

道の辺に手袋春の落し物/中村祐子

寒雀わが手袋の色に似る/田中冬二

指先の出し手袋の暦売り/今泉貞鳳

手袋は心定めず指にはめ/中村汀女

襟巻と手袋買つて年忘れ/田中冬二

手袋や母情華やぐ席隣る/石塚友二

手袋の単色派手に吊皮に/高濱年尾

亭薄暑手袋をしてゐる女/高濱年尾

神学生手袋黒くカミユ読む/高島茂

俳句例:21句目~

手袋の真白き道士語りだす/日原傅

白鳥の村に手袋忘れたる/石田勝彦

特攻碑手袋赤き子ら遊ぶ/田尻牧夫

手袋のほか何か忘れし坂の上/林翔

手袋を展望台に忘れ来し/石川文子

手袋の布地薄れし処かな/高澤良一

手袋の如く袋の掛けられし/上野泰

手袋で拝む虚空蔵菩薩かな/石寒太

手袋や端麗にして邪に/軽部烏頭子

手袋の手にはや春の月明り/中村汀女

手袋を美しくして家を出る/松山足羽

手袋の手をかざしゐる芦火かな/篠原

てのひらの上で畳みて春手袋/檜紀代

手袋をはめ終りたる指動く/高浜虚子

炭掴む手袋にして妻のもの/竹原梢梧

漂へる手袋のある運河かな/高野素十

手袋の片手穂高に忘れけり/冨村みと

海黒し子の手袋に掴まれて/田原千暉

海茜みる手袋は黒が佳し/柴田白葉女

海に浮く手袋何を掴みしぞ/福田蓼汀

俳句例:41句目~

白の中の純白手袋妻へ買ふ/本宮鼎三

手袋の片方ぬいで立読みす/川原程子

宙吊りにわが手袋と鵠と/宇多喜代子

代田出て泥の手袋草で脱ぐ/西東三鬼

皮手袋を忘れたり朝の喫茶店/中拓夫

決闘のごと手袋を脱ぎすてる/堀政尋

汚れれば父の匂ひの皮手袋/長沼紫紅

砂に落ち鳥の形の春手袋/猪俣千代子

手套がつつむ十指寒礁横並び/三谷昭

柚子買の皮の手袋新しく/今井真寿美

月光が革手袋に来て触るる/山口青邨

観音の手に手袋の忘れもの/綾部仁喜

麗人をいざなふ僕の白手袋/筑紫磐井

チゴガニの応援団の白手套/高澤良一

晩学の手袋を遁ぐ一新書/千代田葛彦

手袋をつかむ一切は男なり/赤尾兜子

切通し手套の拳固めすぐ/大岳水一路

手袋白し森に遊べる一少女/草間時彦

手袋へ紐つけ首へ掛け幼な/福田蓼汀

月光に軍醫の手套ま白なり/横山白虹

俳句例:61句目~

白手套手綱を取つて汚れなし/森田峠

慰まぬ事の慰霊祭手袋をとる/及川貞

戯れに触れ手袋に恋をさす/三好潤子

皮手套葬後の指を嵌め違ふ/大石悦子

紫外線防止のための長手套/高澤良一

手袋を六つ失くして冬終る/黒田杏子

手袋にダイアモンドの指沈め/星野椿

手袋に忘れし暖とわが脈と/赤尾兜子

手袋の己れの指の短かけれ/行方克巳

手袋をはめつつ師弟論納む/桂樟蹊子

手袋の中の水仕の嫌ひな手/前内木耳

手袋の五指恍惚と広げおく/対馬康子

手袋の左許りになりにける/正岡子規

手袋の忘れてありし懺悔台/三枝正子

手袋の手くびのあたり縞多し/上村占

手袋の指組めば日しみにけり/佐野良太

かの枯野子の手袋を隠し了ふ/福永耕二

炭を挽く手袋の手して母よ/河東碧梧桐

手袋の水に浸つて落ちゐたり/茨木和生

ふかふかの手袋が持つ通信簿/井上康明

俳句例:81句目~

久々の夕日手袋の手をかざす/細見綾子

仲直りできぬ手袋脱ぎにけり/藤田弥生

手袋をゆつくり外し七七忌/大木あまり

右左子と手袋の手をつなぐ/東浦津也子

大いなる手袋忘れありにけり/高浜虚子

妙齢を保つレースの手袋に/百合山羽公

手袋の片方拾ふてみたものの/高澤良一

忘れたる手袋ひとつ止り木に/角川春樹

悴みて手袋ぎらひ足袋ぎらひ/太田育子

愛わかつごと手袋に十指編む/橋本榮治

手袋をとりたての手の暖かく/星野立子

手袋や人を見まじとする疲れ/高橋馬相

手袋のうへより握手君はをとめ/上村占

手袋を編みくれし人いまは亡く/上村占

手袋の手をつき憩ふ砂の丘/山口波津女

手袋を握りしめたる湿りかな/久米正雄

手袋を脱ぐ妙薬の無かりけり/松山足羽

手袋をして現実に触れざりし/中村正幸

手袋をあちこちと置く卓の上/久米正雄

手袋に年をかくして夫人かな/星野立子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ