季語/雪焼(ゆきやけ)を使った俳句

「雪焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪焼」について

【表記】雪焼

【読み方】ゆきやけ

【ローマ字読み】yukiyake

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪焼を含む俳句例

湧蓋山頂に雪焼野統ぶ/穴井湧峰

雪焼の一生砕身眦笑み/古館曹人

雪焼の男にしづかなる朝餉/有動亨

同窓会雪焼の顔遅れ来し/根岸善雄

菊池寛を好く雪焼の宿女/宮武寒々

雪焼の男いきなり歯で笑う/源鬼彦

雪焼の首を垂れて黙祷す/福田蓼汀

雪焼の顔の童らに端午の日/石川桂郎

雪焼の頼もしかりし執刀医/山田弘子

一人またひとり雪焼け鍋囲む/林佑子

雪焼の眼のよく動く刃物売/堀越胡流

山頼りかせぐ村人雪焼けて/大野林火

検証の旅に雪焼して戻り/三谷蘭の秋

雪焼の伝令笑ひ出す真昼/水野真由美

雪焼けの男いきなり歯で笑う/源鬼彦

雪焼けの顔の加はる会議室/水田光雄

雪焼の顔を揃へて下山せし/宮中千秋

酒酌むや雪焼しるき出羽の人/三嶋隆英

雪焼の顔はゞからずトランプに/森田峠

土を撒く髭の芯まで雪焼けて/久保柏村

俳句例:21句目~

皓き歯見せ雪焼の顔よく笑ふ/大原雪山

雪焼やをんな越後の山の中/佐藤惣之助

鹿撃の雪焼さらし湯浴みをり/沼澤石次

大いなる雪焼け顔の虚無主義者/望月精光

南なる故国をわらひ雪焼けなむ/石田波郷

伐採の木を選びをり雪焼けて/中田ゑみこ

老幼無し雪焼さらに炉火に映え/香西照雄

雪焼のしてもその人その眼かな/松瀬青々

病みぬけし子の青春や雪焼す/殿村莵絲子

黒牛ゐて雪焼け一家に田が湿る/桜井博道

雪焼の笑みのこぼるる八重歯かな/有泉七種

レコードかけ雪焼吾子の喉ぼとけ/河野南畦

記憶の町には雪焼の男しかゐない/鈴木伸一

雪焼けをいはれ鋸の目たててゐる/三宅草木

母のどこか掴みてどれも雪焼け子/橋本多佳子

おのれ恃めと顎のあたりが雪焼けぬ/村越化石

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ