季語/寒し(さむし)を使った俳句

「寒し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒し」について

【表記】寒し

【読み方】さむし

【ローマ字読み】samushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒気(かんき:kanki)

・寒威(かんい:kani_)

・寒冷(かんれい:kanrei)

・寒苦(かんく:kanku_)

・寒月(かんげつ:kangetsu_)

・寒江(かんこう:kanko)

・寒巖(かんがん:kangan)

・寒柝(かんたく:kantaku)

・寒翠(かんすい:kansui)

・寒笛(かんてき:kanteki)

季節による分類

・「さ」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

寒しを含む俳句例

寒い雲がいそぐ/山頭火

俎板に寒し薺の青雫/此筋

うごけば、寒い/橋本夢道

撫房の寒き姿や堂の月/素牛

痩臑に漸く寒し大井川/鬼貫

初午や松風寒き東福寺/蝶夢

広肩の畏む寒さ神輿彫/林翔

年くるゝ山里寒し塩肴/成美

植竹に河風寒し道の端/土芳

五浦六浦東雲寒き椿浦/林桂

水涸れて柳短き寒さ哉/呉仙

寒い雲がいそぐ/種田山頭火

門寒し猶澄蠣の水の月/蓼太

門は松芍薬園の雪寒し/舟泉

漸寒き後に遠しつくば山/一茶

糞とりの年玉寒し洗ひ蕪/許六

客席も舞台も寒き風の中/夢声

山中の巨石の季節苔寒し/林翔

米炊けば寒し雀の羽の音/せん

居風呂に入時寒し雁の声/太無

俳句例:21句目~

潮寒し瞼沈みて石仏/桂樟蹊子

三月も閏の分の寒さかな/水魚

漁家寒し酒に頭の雪を燒/蕪村

屏こぼつ跡の寒さや冬椿/游刀

寒いぞよ軒の蜩唐がらし/一茶

あら寒や大蕣のとぼけ咲/一茶

油焔寒し廃塩田の水の皺/原裕

鷹の羽拾うて寒し廓跡/松本旭

俎板に人参の根の寒さ哉/沾圃

鵯のかしらも寒し柞原/ぶん村

雪寒し洗濯衣のうち返し/幽山

雪の松折口見れば尚寒し/杉風

痩脛や病より起ツ鶴寒し/蕪村

大髭に剃刀の飛ぶ寒さ哉/許六

貧山の釜霜に鳴く声寒し/芭蕉

深川は寒き処や桃青忌/赤木格堂

牛寒し牛の間より島見えて/原裕

灯が寒し生涯刻む石の窟/三谷昭

新娶り一友在りて酔寒し/三谷昭

白鶏の竹の中行く寒さかな/成美

俳句例:41句目~

打よする藻屑も寒し波の跡/乙由

仮名拾ふ子の声寒し根深汁/龍男

奥底の知れぬ寒さや海の音/歌川

白滝や六月寒き水煙り/松岡青蘿

日の影の悲しく寒し発句塚/史邦

神主の玄関廣き寒さ哉/寺田寅彦

水仙や寒き都のここかしこ/蕪村

帰らうと思へは寒し山の庵/闌更

彼岸前寒さも一夜二夜かな/路通

十四屋は海手に寒し雪の門/許六

嵯峩寒しいざ先くだれ都鳥/蕪村

寒き野を都に入や葱売/高井几董

しれものの舎か寒し椚木原/園女

大佛や陣々寒き風の煤/松瀬青々

哲學も科学も寒き嚏哉/寺田寅彦

鏡餅寒気憑きては離れては/龍太

葱白く洗ひたてたる寒さ哉/芭蕉

沈黙の掟に寒き修道院/高橋幸子

啼きに来る山鳩寒し柿の色/樗堂

蕎麦粕の枕の音の寒さかな/角上

俳句例:61句目~

熊の胆を嘗め越中の寒きかな/旭

鮫洗ふさゝらの音の寒さ哉/木導

一人と帳面につく寒さかな/一茶

ない影はうつらで寒き鏡哉/木因

父恋し夏さむざむと裘/川端茅舎

胎蔵界昏し金剛界寒し/篠崎圭介

上州の寒さ半鐘いまも吊り/昭彦

麦蒔の火縄に寒きけむり哉/九湖

紅寒し唇乾く昨日今日/下鉢清子

鳶高し寧ろ壮快なる寒さ/有働亨

柿売の旅寐は寒し柿の側/炭太祇

木がらしや折助帰る寒さ橋/一茶

笹醴や浦風寒ししほ衣/上島鬼貫

砂取節粛々寒し海に雨/西村公鳳

白栲の如月寒し駿河町/尾崎紅葉

石鉢に寒さをすくむ海鼠哉/老鼠

魚臭き男と眠る海寒し/高澤晶子

松風の奥に寺ある寒さかな/犀星

文債や鏡の中に寒い顔/福士光生

一稿の口述寒し開戦日/石川桂郎

俳句例:81句目~

面影の囚はれ人に似て寒し/木歩

痩脛に漸く寒し大井川/上島鬼貫

雪よりも寒し白髪に冬の月/丈草

狼の糞見て寒し白根越/正岡子規

鶯の肝つぶしたる寒さかな/支考

塩鯛の歯ぐきも寒し魚の店/芭蕉

月草の色見えそめて雨寒し/暁台

関処より吹戻さるゝ寒さ哉/一茶

見やるさへ旅人寒し石部山/智月

兄弟の心異る寒さかな/高浜虚子

郭公恋する人の寒きとは/服部嵐雪

透視室寒き音たて釦落つ/岩崎健一

こぞりあふ寒さも桶の海鼠哉/万吉

寝んとする頭の骨の寒さかな/杞陽

茫々と薄雲寒き良夜かな/増田龍雨

この寒さ心得てをり籾おろし/青畝

竹林に賢者在さず水寒き/石塚友二

空也忌や寒き方より踊り出し/麦宇

皃見せやきぬ~寒き小傘/松瀬青々

寶刀の酒に利尻の寒さ断つ/上村占

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ