季語/冬林檎(ふゆりんご)を使った俳句

「冬林檎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬林檎」について

【表記】冬林檎

【読み方】ふゆりんご

【ローマ字読み】fuyuringo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒林檎(かんりんご:kanringo)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬林檎を含む俳句例

俎を傷つけて割る冬林檎/今瀬剛一

思慮深し鏡の中の冬林檎/大竹広樹

あかあかと柩の底に冬林檎/藺草慶子

不平あらば壁に擲て寒林檎/日野草城

二番目の孫は女よ冬林檎/小俣由とり

冬林檎宇宙ひろがる話して/鎌倉佐弓

窓にいま太陽生まる冬林檎/花谷和子

まつさらな空がいちまい冬林檎/市原光子

冬りんご海の向かふに海のあり/大森理恵

冬林檎生きかへり来し笑らしき/小池文子

指燃えて磨る冬りんご夫看とる/飯田晴子

病者あれば小さき幸欲し冬林檎/巌谷小波

いのち愛し遮二無二啜る冬りんご/原田青児

刃をあててかがやきが増す冬林檎/今瀬剛一

実の緊まりよき冬林檎真二つに/橘川まもる

愛するためふたつ眼をもつ冬林檎/寺田京子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ