季語/冬杣(ふゆそま)を使った俳句

「冬杣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬杣」について

【表記】冬杣

【読み方】ふゆそま

【ローマ字読み】fuyusoma

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬杣を含む俳句例

冬杣や猿は再び出でざりき/宵信二

頬皺の深き杣なり冬帽子/松藤夏山

冬の杣渡り初めたり島荒るる/伊藤凍

冬杣の谺杉枝の雪散らす/町田しげき

杣が家の一畑五菜冬に入る/白井爽風

諸道具や冬めく杣が土間の壁/原石鼎

鎌やせて杣の夫婦の冬仕度/渥美文窓

年輪と冬日を杣が会はせけり/都筑智子

身綺麗な杣下りてくる冬の山/橋石和栲

冬杣に片根の雪のあらはなり/田中勝次郎

冬杣を見てゐし鴉立ちにけり/小笠原燈鳥

杣の子にうさぎの耳の冬帽子/菅原多つを

骨どこか鳴らし杣ゆく冬の山/鷲谷七菜子

父を待つ杣の子に椎の冬日消ゆ/石島雉子郎

火を焚きて眼を燃やしゐる冬木樵/大野林火

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ