季語/蘆の角(あしのつの)を使った俳句

「蘆の角」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蘆の角」について

【表記】蘆の角

【読み方】あしのつの

【ローマ字読み】ashinotsuno

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蘆の芽(あしのめ:ashinome)

・蘆の錐(あしのきり:ashinokiri)

・角組む蘆(つのぐむあし:tsunogumuashi)

・蘆芽(あしかび:ashikabi)

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

蘆の角を含む俳句例

川淀や淡を休むる芦の角/猿雄

水にうく日輪めぐり芦の角/爽雨

ちく~と潮満来るや蘆の角/紅葉

芦の芽や浪明りする船障子/鬼城

大淀の浚渫船や芦の角/今泉貞鳳

蘆の芽や浪明りする船障子/鬼城

芦の角少年櫂を操れり/松藤夏山

蘆の芽に雁の古屎なつかしや/暁台

きつ先に集まる力蘆の角/古賀昭子

水中に角組む芦や雛流す/大橋敦子

見え初めて夕汐みちぬ芦の角/太祇

見え初て夕汐みちぬ芦の角/炭太祇

二艘来て一艘繋ぐ芦の角/大谷句佛

二三寸角ぐむ芦や水の上/松瀬青々

和らぎし水より出でゝ芦の角/涼秀

雪代に水芭蕉萌え蘆芽ぐむ/瀧春一

蘆の芽の夕漣に紛れつゝ/中山碧城

風すぢのことに鋭き芦の角/山口草堂

皮ひてし穢多が入江や芦の角/炭太祇

水面に出て風を知る芦の角/宮田俊子

俳句例:21句目~

江をわたる漁村の犬や芦の角/炭太祇

海に入る村の小川や蘆の角/会津八一

蘆芽や水より暮るる遠江/加藤安希子

角組める芦にうごける水の情/岸田稚

古利根の流れぬ水の蘆の角/奥沢竹雨

大方は泥をかぶりて蘆の角/高濱虚子

疾風富士水中芦の芽の育ち/川村紫陽

船を繋ぐ妓楼の裏や蘆の角/寺田寅彦

芦の芽に砥水流すや船大工/巌谷小波

芦の芽のすべて尖りて受難節/長田等

芦の芽の切磋琢磨の光かな/西村和子

日の当る水底にして蘆の角/高浜虚子

薄氷をくるりと廻す蘆の角/太田土男

蘆の芽に砥水流すや船大工/巌谷小波

蘆の芽やゆふべまでなき水の皺/素丸

蘆の角水中に立つ土けむり/太田土男

蘆の角波に存在示しをり/中井冨佐女

西山に入る日は遠し芦の角/野村泊月

柔かに岸踏みしなふ蘆の角/中村汀女

小波や見えては消ゆる芦の角/野村泊月

俳句例:41句目~

蘆の芽や渡舟をたゝく俄雨/金尾梅の門

さざ波の来るたび消ゆる蘆の角/上村占

風潮のみに靡くは世人芦の角/香西照雄

城沼の角ぐむ葦の中の道/大澤/三世木

めぐる泡絶えず顫へて芦の角/西山泊雲

舟着けば水攻めに会ふ芦の角/藤野豊子

子蛙の目ばかり育ち芦の角/佐藤よしい

夕ぐれは水やはらかし芦の角/佐藤君子

蘆芽ぐむ古江の橋を渡りけり/杉田久女

小鱗の見えては失せぬ芦の角/西山泊雲

廃園の門とし見れば芦の角/水原秋桜子

引き際の水撓みけり蘆の角/佐々木六戈

手賀沼の一ト冬過ぎぬ芦の角/瀧井孝作

蘆芽ほぐれて汐泡の扉れゆく/臼田亞浪

蘆の芽や沙に疣ほる通り雨/金尾梅の門

蘆の芽に兵船渦をのこし去る/佐野良太

景色まだ動いてをらず芦の角/細井路子

芦の芽やむかし船宿ありし跡/吉屋信子

蘆の芽や神のみ池は深からず/橋本鶏二

水明り指呼に応へし蘆の角/河野多希女

俳句例:61句目~

蘆の角濁り曳きつゝ蟹ありく/三色不撓

滞陣や蘆の芽水を抽きそめし/小田黒潮

風にまだ尖りのありて芦の角/清水衣子

しほらしき物を名づけて蘆の角/正岡子規

ひろごりし水輪つまづく芦の角/関夫久子

やゝありて汽艇の波や蘆の角/水原秋櫻子

小波を溜めて芦の芽育ちたり/浅見千枝子

捨て舟の底つらぬきし芦の角/畑中とほる

日のさせる水にさやかに蘆の角/高木晴子

死の灰が降る月明の芦の芽や/鈴木六林男

蘆の芽を少女らとわれ翩翻たり/橋石和栲

蘆の芽に湛へて渦のゆるきかな/西山泊雲

芦の芽の薄氷解くる日のまぶし/内藤吐天

芦の芽や車馬は止めある古き橋/吉屋信子

鉄のごとき水の色なり蘆の角/楠目橙黄子

芦の芽に鵠の木形の囮かな/菅原師竹句集

芦の角水あかつきを鳴りいづる/野澤節子

芦の芽や井戸端に研ぐ肥後守/大木あきら

芦の芽に湛へて渦のゆるきかな/西山泊雲

池湧くや水泡しみみに蘆芽ぐむ/富田木歩

俳句例:81句目~

蘆芽ぐみ水満ち漁網新たなる/河東碧梧桐

蘆芽ぐむ水を叩いて家鴨追ふ/波多野弘秋

蘆の芽や覗いて見たき人の本/加藤知世子

蝌蚪居るは居るは蘆芽自治の國/高澤良一

蘆の芽に殷々として工場かな/大橋櫻坡子

芦の芽にまじるあやめの芽なりけり/万太郎

鮒釣りの踏みいためたる蘆の角/宮川杵名男

木片浮かせて杭めぐる水や芦の角/西山泊雲

芦の芽や志賀のさゞなみ靴ぬらす/田村木国

蘆の芽や入日をあびて着きし舟/成瀬桜桃子

蘆の角吹かるるほどに伸びにけり/星野高士

蘆芽ぐむ水のゑくぼのおのづから/森山夕樹

芦の芽や行きずりの籠に鮒さわぐ/原田種茅

若もの棹もち芦の芽の中に舟やる/栗林一石路

さきたまの津のあとといふ芦の角/伊藤いと子

蘆芽ぐむしづけさに水めぐるかな/鷲谷七菜子

芦の角につまづき青年のデモを恐れ/香西照雄

蘆の角死に打ちどめのなかりけり/大木あまり

渡舟水噛んで芦の芽を静かに進みけり/高濱年尾

いと長けて蘆の芽いまだ水を抽かず/大橋櫻坡子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ