季語/御来迎(ごらいごう)を使った俳句

「御来迎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「御来迎」について

【表記】御来迎

【読み方】ごらいごう

【ローマ字読み】goraigo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・御来光(ごらいこう:goraiko)

季節による分類

・「こ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

御来迎を含む俳句例

生涯にこの朝あり御来迎/野村泊月

這松に雫ひかりぬ御来光/高尾真琴

一夫妻手をにぎりあひ御来光/森田峠

円虹に立ち向ひたる巌かな/野村泊月

円虹の中に吾が影手振れば振る/蓼汀

円虹の中登り来る列のあり/勝俣泰享

円虹や眼下に峯の影のびて/本多勝彦

御来迎三角点を照らしそむ/岩崎照子

円虹や離島への旅弾みたる/桑田青虎

御来迎地球卵を生む如し/山中みね子

御来迎天上に音なかりけり/中島月笠

御来迎天界の露降り尽す/大谷碧雲居

御来迎山伏ら身に塩し待つ/西田浩洋

御来光いま金髪をかゞやかす/森田峠

海原の円虹神のはかりごと/桑田青虎

御来迎消え現身に戻りけり/毛笠静風

立山にあつまる雲や御来光/河北斜陽

御来迎草鞋ばきの禰宜祈る/福田蓼汀

御来迎霧氷一片だに散らず/岡田貞峰

一ひらの雲既に炎え御来迎/青木よしを

俳句例:21句目~

寝袋に覚めて待ちをり御来迎/田中子杏

御来迎人々数珠を揉みにけり/野村泊月

御来迎待つ頂きを分け合へり/岡島礁雨

御来迎御嶽行者ひきもきらず/福田蓼汀

御来迎雲逡巡といろづき来/阿波野青畝

御来光わが細き影生まれけり/北さとり

御来光待つ岩蔭も飯噴ける/望月たかし

円虹の名残ともなほ幽かなる/桑田青虎

雲海の波の穂はしる御来光/水原秋櫻子

はてしなく石落ちゆきぬ御来迎/下村梅子

見つめ待ちをる御来迎遂になく/斎藤幸一

御来光ひとかたまりとなり待てる/森田峠

ねまる嶺々しんかんとして御来迎/角川源義

山酔ひの娘とおろがみぬ御来迎/小原菁々子

御来迎涼しきまでに燃ゆるかな/大谷碧雲居

御来光禰宜の烏帽子を染めにけリ/福田蓼汀

御来迎禰宜の烏帽子を染めにけり/福田蓼汀

茣蓙を著てすつくと立てり御来迎/田中蛇々子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ