季語/子規忌(しきき)を使った俳句

「子規忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「子規忌」について

【表記】子規忌

【読み方】しきき

【ローマ字読み】shikiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・糸瓜忌(へちまき:hechimaki)

・獺祭忌(だっさいき:dassaiki)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

子規忌を含む俳句例

新聞に遅る牛乳獺祭忌/高萩篠生

文庫本竹の里歌獺祭忌/行方克巳

川甚の青き提燈獺祭忌/田中冬二

而して淡泊平易獺祭忌/川崎展宏

姫松にくもれる空や獺祭忌/林徹

この町に興る俳諧獺祭忌/田室澄江

鶏頭に一日執着す獺祭忌/石田波郷

夫唱婦随俳諧一途獺祭忌/滝川名末

写生説厳然と生き獺祭忌/大橋敦子

献詠の披講こだます獺祭忌/坂泰子

父も又早世の人獺祭忌/稲畑廣太郎

先摘みをせし蕨束獺祭忌/茨木和生

水墨に加ふる彩や獺祭忌/岩崎照子

子規の忌の埃を払ふ硯箱/深川知子

病虚吼奥に黙いて獺祭忌/岸風三楼

蜩や子規忌を忘れ患者食/巌谷小波

獺祭忌紙切る鋏街に買ふ/沢木欣一

厨妻なれど句が好き獺祭忌/里見芳子

凝る露に日輪やどる獺祭忌/松本幹雄

妻もまたときに句敵獺祭忌/八木斌月

俳句例:21句目~

妹のそののち知らず獺祭忌/行方克巳

鳳眼の子規が自画像獺祭忌/山口青邨

門葉の乱れもすこし獺祭忌/高浜虚子

鍋物に焦げつく葱や獺祭忌/石川桂郎

倍生きて凡なる吾や獺祭忌/堀口俊一

俳諧の雑誌の数や獺祭忌/楠目橙黄子

肺活量十分なりし獺祭忌/橋本さち子

今もある須磨療養所獺祭忌/橋本蝸角

七粒の薬にたよる獺祭忌/黒田櫻の園

絶筆の気息をたどる獺祭忌/橋田憲明

獺祭忌鳴雪以下も祀りけり/高浜虚子

俳諧の忌日の中の子規忌かな/上村占

吾れも又幾何に没頭獺祭忌/梅津素之

子規忌なり藤の実莢を雨雫/細川加賀

芭蕉蔽ふ月下の書屋子規忌かな/竹美

吾に来し子の古机獺祭忌/石田あき子

大戦の年に子規忌を営みぬ/佐藤澱橋

横顔の像を知るのみ獺祭忌/稲田壺青

獺祭忌漁火ひとつ明るくて/千田一路

月並の句をな恐れそ獺祭忌/茨木和生

俳句例:41句目~

草の名を覚えて帰る子規忌かな/半美

餅芒この宵月の子規忌かな/富田木歩

獺祭忌悪人虚子を敬ひて/深見けん二

書を跨ぎ跨ぎ仮住み獺祭忌/奈良文夫

家百戸俳人二人子規忌かな/松田逸奇

晩年も書生つぽき顔獺祭忌/右城暮石

獺祭忌発句にもある著作権/高澤良一

頼りなき雨の子規忌の膝頭/大石悦子

獺祭忌一日長く過しけり/九鬼あきゑ

獺祭忌蓋し気骨の明治人/秋山ひろ志

談笑平日の如し子規忌の日/塚谷無為

鳥に告げたし父の忌は獺祭忌/櫂未知子

其の人になりたる読後獺祭忌/三橋敏雄

老教師子規忌にまかる峠越ゆ/福田蓼汀

健啖の吾ならなくに獺祭忌/相生垣瓜人

孫弟子と自らゆるす獺祭忌/楠目橙黄子

草の丈のびて人越す子規忌かな/上村占

耕作の芋を供へし子規忌かな/高橋抱村

とんと本読まぬこの頃獺祭忌/高澤良一

子規の忌ののち一遍忌寶巌寺/黒田杏子

俳句例:61句目~

子規の忌の傘立てかける壁捜す/辻桃子

本堂の仏灯りし子規忌かな/大橋櫻坡子

子規忌かな雑草もまた花つけて/福島勲

草花を皆句に作り子規忌かな/野村喜舟

老の身をはこびて楽し獺祭忌/吉田烏衣

子規忌ゆゑ誰彼に逢ふ心あり/高濱年尾

売果翁を途上に訪ふや獺祭忌/高田蝶衣

文弱を責めなむ風の獺祭忌/河野多希女

浦々の潮のみどりや獺祭忌/大峯あきら

獺祭忌天気どんどん悪くなる/高澤良一

獺祭忌忘じをりたる愚かさよ/石塚友二

病院のかへりをあそび獺祭忌/大石悦子

硝子戸に露凝り居れり獺祭忌/田中冬二

胸張つて我は虚子門獺祭忌/沢井山帰来

腰強きとろろの飯や獺祭忌/渡辺二三雄

草々の丈切りそろへ獺祭忌/岩淵喜代子

蓼の花に雨ほろほろと獺祭忌/田中冬二

行平に煮えたる粥や獺祭忌/石田あき子

遅々としてわが俳諧や獺祭忌/山口誓子

割れ墨の束ねを買ひぬ獺祭忌/ふけとしこ

俳句例:81句目~

寺の子の覗いてゆきし獺祭忌/小林いまよ

子規の忌の漆黒の貨車大きかり/秋山重子

掌より掌へますほの小貝獺祭忌/伊藤敬子

子規の忌の水澄んでゐる墨田川/佐川広治

子規忌なるふるさと人も灯せり/萩原麦草

鬼城忌を終へて子規忌に旅だちぬ/上村占

子規の忌の板塀裾は犬が噛み/波多野爽波

鶏頭の赤きこころを子規忌かな/吉田冬葉

朝顔の小さくなりし子規忌かな/二宮操一

枝豆がしんから青い獺祭忌/阿部みどり女

子規の忌に參りあはせて雀瓜/佐々木六戈

こほろぎの一つ音愛す獺祭忌/下村ひろし

子規忌なり低く決まりし変化球/遠山陽子

まつすぐに線を引いたら獺祭忌/河瀬芳子

向上一路こゝに営む子規忌かな/小澤碧菫

獺祭忌わがふるさとも伊予の国/轡田幸子

名山の水を供へて子規忌なる/小檜山繁子

青石の船に積まるる子規忌かな/延広禎一

海を見て一日こもる子規忌かな/坂口匡夫

生徒らに話さん今日は子規忌なり/森田峠

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ