季語/厚司(あつし)を使った俳句

「厚司」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「厚司」について

【表記】厚司

【読み方】あつし

【ローマ字読み】atsushi_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・厚子(あつし:atsushi__)

季節による分類

・「あ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

厚司を含む俳句例

厚司着て叱咤も女盛りかな/斎藤均

厚司著て元艦長が荷宰領/吉井莫生

新しき厚司が撓み鉄担ぐ/小島昌勝

臭き籠や厚司の群わめく/堀部青爺

厚司着て熊牧場を采配す/平間真木子

父想ふたびに厚司の紺匂ふ/山内山彦

厚司展あり大綿の紺ごのみ/中戸川朝人

紺の厚司で売る水産高校生/能村登四郎

老アイヌ夏経し厚司うすぎれたり/林翔

七尾線厚司のをんな深ねむり/秋本三代子

さいはての厚司が似合ふやうな町/関根牧草

たたかれて埃のたちし厚司かな/上田春水子

厚司着て世吉を巻きに出掛けけり/茨木和生

磯の香のにじみ入りたる厚司かな/七戸木賊

厚司着て何やらすねてゐる児かな/大隈/米陽

厚司著て世にのこされしアイヌかな/小島海王

厚司著て銑鉄のあがらぬ日の仲仕/川島彷徨子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ