季語/雁木(がんぎ)を使った俳句

「雁木」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雁木」について

【表記】雁木

【読み方】がんぎ

【ローマ字読み】gangi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雁木市(がんぎいち:gangiichi)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雁木を含む俳句例

雁木道地酒万歳楽買うて/堀古蝶

昼灯す郵便局や雁木中/黒沼草生

朝市に人ら跼めり雁木道/新井悠二

銀行も雁木の一戸町雪解/皆吉爽雨

母が家も雁木伝ひや春祭/小林康治

柿食ふや雁木の外の冬日和/内藤吐天

雁木中人こみ合ふて暗き店/及川仙石

片側のはや暮れてゐし雁木町/安原葉

琴の糸紡ぐ雁木の湖の村/大岳水一路

夏燕雁木が町をせばめをり/高木晴子

看板の糖尿病に雁木かな/佐々木六戈

雁木下青竹貯めて桶屋なり/新村寒花

日の当る方の雁木の子守道/相馬沙緻

雁木市角巻の眼の切長に/星野麦丘人

鳥帰る雁木の上の石の数/文挾夫佐恵

杖と音雁木を潜り花を潜り/栗生純夫

軒並めて塗師指物師雁木道/和田敏子

はたはたや雪となり来し雁木市/森総彦

前をゆく雁木の女湯屋に入る/永松西瓜

土雛の並びそめたる雁木町/小島千架子

俳句例:21句目~

廃れ唄雁木の下を流れをり/文挟夫佐恵

雁木ぬちついばみにくる山の鳥/下田稔

襁褓など干して雁木も町端れ/稲垣束ね

肩ふれて雁木の下をすれ違ふ/中嶋斉公

干ずいき雁木に掛けし瞽女の宿/西本一都

暮れかかる雁木たどるや十日町/老川敏彦

市すぎし雁木となりてさびしけれ/上村占

来る人に灯影ふとある雁木かな/高野素十

灯一つともる雁木を行きぬけし/高野素十

陽が差して雁木の下に水たまり/長山順子

雁木に来て火事の炎をひく雪女/石原八束

足音の追ひかけてくる雁木かな/及川仙石

雁木ゆくこゝも旧家と思ひつゝ/淡谷鉄蔵

雁木出て橋わたる間に雪まみれ/春山他石

酒買ひにかけ込む雁木通りかな/小林樹巴

雁木街に御風たづねて露けしや/角川源義

雁木ふかく暗き秋蒔種もの屋/篠田悌二郎

ゆきかひのさざめきさびし雁木道/上林天童

瞽女のやど雁木づたひの小暗がり/西本一都

瞽女のやど雁木のはしに菖蒲葺く/西本一都

俳句例:41句目~

雁木から登校の子ら湧くごとし/中村たかし

雁木にも梅雨漏りのして瞽女の宿/西本一都

雁木のごと寄する白波花うばら/野原いくえ

雁木まではみ出し八百屋大根積む/榎本栄子

雁木みち潜るポストに逢はんため/古賀光利

雁木みち越の灯のいろあたたかし/清水節子

雁木行く足音に夜の更けにけり/金島たゞし

瞽女唄の雁木洩るるはやるせなし/西本一都

石のせし雁木につゞくアーケード/南雲つよし

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ