季語/闇汁(やみじる)を使った俳句

「闇汁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「闇汁」について

【表記】闇汁

【読み方】やみじる

【ローマ字読み】yamijiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・闇夜汁(やみよじる:yamiyojiru)

・闇汁会(やみじるえ:yamijirue)

季節による分類

・「や」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

闇汁を含む俳句例

閑話休題闇汁に薄き膜/横山千夏

闇汁へ急ぐ西空美しく/柴山長子

闇汁の闇へ葬る鳩の骨/松野自得

闇汁や箸に絡まる蛸の足/福原紫朗

闇汁に君が汁鍋恙なきや/会津八一

闇汁の闇簡単に完璧に/鳥羽富美子

闇汁に金鍔入れし人や誰/会津八一

闇汁の闇の白帆や帆立貝/会津八一

闇汁の闇の底なる火の匂ひ/石寒太

闇汁の闇のつづきに渡し舟/澁谷道

闇汁の紅散乱と柘榴かな/会津八一

闇汁や闇に目の利く木菟男/三溝沙美

事件あり記者闇汁の席外す/宮武章之

闇汁や貨車の連結音聞こゆ/館岡沙緻

夷講に大福餅もまゐりけり/高浜虚子

居心地のよろしき暗さ闇汁会/檜紀代

闇汁や何の会にも不参せず/鈴木花蓑

闇汁やランプの笠の秋の蠅/会津八一

闇汁の最も大きものすくふ/高橋悦男

闇汁や其のかの鴨の足の骨/会津八一

俳句例:21句目~

闇汁に古女房が入れしもの/京極杞陽

闇汁に山深き味ありにけり/岡安仁義

闇汁に甚だ齢を距てけり/波多野爽波

闇汁の山のものいや海のもの/長田等

闇汁の闇を楽しむ心あり/田中蛇々子

闇汁の闇に眼鏡を外しけり/山崎秋穂

闇汁の鍋を除けたる大火鉢/高木晴子

闇汁の消しに立つ灯を皆仰ぐ/森田峠

闇汁の匂の闇に馴れて来し/森岡五木

闇汁の闇にて火傷いたしけり/辻桃子

闇汁にひそみて剛の砂糖黍/百合山羽公

闇汁に箸をゆっくり使ひゐる/塩川雄三

闇汁の一間の襖はづしあり/山崎ひさを

闇汁の宿してたのし三日の月/鈴木花蓑

闇汁の岩戸明けたる月見かな/尾崎紅葉

闇汁の杓子を逃げしものや何/高浜虚子

闇汁の焔サラリーマンの一花/斉藤夏風

闇汁の煮くずれうまき女宿/柴田八重子

闇汁の女人のあたりほの明し/細川加賀

闇汁の箸が大きなものつかむ/長浜/勤

俳句例:41句目~

闇汁の納豆にまじる柘榴かな/会津八一

闇汁の闇ゆるがして燭運ぶ/上田春水子

闇汁へ手巾あかりの膝すすむ/亀井糸游

闇汁や健啖子規の遺風とて/百合山羽公

闇汁や僧の提げ来しものは何/加藤其峰

闇汁や先生の坐の空いてをり/橋本榮治

闇汁や女子寮の釜使役して/百合山羽公

闇汁や挟みて鼻の如きもの/秋元不死男

闇汁や箸逃げしもの音大き/岡部六弥太

闇汁のわが入れしものわが掬ひ/草野駝王

闇汁のほのうす暗に眼がありき/山崎虎行

闇汁の闇ふくらめる湯気のぼり/菖蒲あや

闇汁に長き包みを提げて来し/加藤三七子

闇汁の大きなものをそと戻す/小田沙智子

闇汁に臍の緒まじりゐたりける/辻田克巳

闇汁の窓に比叡の灯宇治の灯と/藪内柴火

闇汁やさのみならざる外の闇/阿波野青畝

蝋燭の燈に闇汁の誰れや彼や/高橋淡路女

海鳴りの闇汁煮えてきたりけり/いさ桜子

闇汁の蓋を上げしは狸かな/長谷川かな女

俳句例:61句目~

闇汁の足やはらかく踏まれけり/岸風三楼

闇汁へ妻とは別に提げしもの/古賀青霜子

闇汁のバナナゆるゆる煮えてきし/辻桃子

闇汁の燈を消して顔もてあます/館岡沙緻

持ち寄りしもの闇汁に重ならず/茨木和生

闇汁の闇に正座の師ありけり/佐藤貴白草

唐がらしぶち込み闇汁終りしと/岡田日郎

闇汁や遊びずきなるこのまどゐ/鈴木花蓑

闇汁を瞠りとほして達磨の眼/加藤知世子

闇汁の闇のとくるを待つとせん/織部れつ子

闇汁のひとりひとりがまた見ゆる/細川加賀

闇汁に入れたる箸を掴むがあり/柴田佐知子

闇汁にさしたる月の懐かしく/長谷川かな女

闇汁の蓋に乗りたり闇の小人/長谷川かな女

闇汁や息をころして煮えるまで/河本知慧子

ざつくりと割れたるものを闇汁に/岸本尚毅

闇汁のただならぬものつかみけり/柴田ミユキ

闇汁に河豚を入れたること言はず/小田実希次

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ