季語/春の夕焼(はるのゆうやけ)を使った俳句

「春の夕焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の夕焼」について

【表記】春の夕焼

【読み方】はるのゆうやけ

【ローマ字読み】harunoyuyake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春夕焼(はるゆやけ:haruyuyake)

・春茜(はるあかね:haruakane)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の夕焼を含む俳句例

春夕焼向ひの家の鏡見ゆ/岡本眸

一切の記憶なき町春夕焼/中村汀女

白帝城幕おとす如春夕焼/田中英子

雪山に春の夕焼滝をなす/飯田龍太

春夕焼華やぐ中に宴待つ/相馬遷子

水飲んで春の夕焼身に流す/岡本眸

春夕焼星の生るる波紋見ゆ/橋本鶏二

つばくらや春夕焼の岩の角/加藤楸邨

地に子供春の夕焼母のごとし/三谷昭

帰りなむ春夕焼を壜に詰め/櫂未知子

想ふこと春夕焼より美しく/富安風生

揚げ物の音が窓洩れ春夕焼/三村純也

縄とびの波の向うに春夕焼/小林蘇美

春夕焼真珠筏を染めにけり/小山南史

笑い声ぶつかり歩く春夕焼/二村典子

竹山の声つつぬけや春夕焼/長谷川櫂

鈴買つて春夕焼の肩ぐるま/菅原鬨也

高野切墨継ぎも佳き春夕焼/伊藤敬子

女坂のぼれば春の夕焼け町/中村汀女

春夕焼終命の夫あどけなし/殿村菟絲子

俳句例:21句目~

松籟のほとりただよふ春夕焼/猿山木魂

白鳥の去りし水面へ春夕焼/佐藤美恵子

茶の泡に春夕焼のとどまらず/加藤楸邨

誰恋ふとなく庭にあり春夕焼/勝又一透

さきがけてわが部屋灯す春夕焼/桂信子

馬具耕具軒に掛け干す春夕焼/畑中七郎

喪の家も春夕焼の一戸たり/蓬田紀枝子

春夕焼ぶつかりさうな礁と礁/加藤憲曠

春夕焼へ遠き鶴嘴そろひ落つ/加藤楸邨

遊ぶ輪を春夕焼に解かれけり/長島武彦

春夕焼いくつも橋を渡りけり/岩井久美恵

春夕焼たれも虔しき明日はもつ/石田波郷

鴨耀りて万の綺羅おく春夕焼/柴田白葉女

師と坐り茶の出ごろ待つ春夕焼/羽部洞然

春夕焼海女も鴎も染めつくす/柴田白葉女

春の夕焼魚焼き終るまでありぬ/角野正輝

荒海や不意に死が馳す春夕焼/柴田白葉女

春夕焼土積むトラック坂のぼる/桜井博道

総金歯の美少女のごとき春夕焼/高山れおな

春の夕焼背番「16」の子がふたり/ねじめ正也

俳句例:41句目~

春夕焼ジャングルジムより子をとり出す/井上真実

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ