季語/頬白(ほおじろ)を使った俳句

「頬白」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「頬白」について

【表記】頬白

【読み方】ほおじろ

【ローマ字読み】hojiro

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ほ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

頬白を含む俳句例

頬白や大磐石に雪残り/有働亨

新雪に頬白の影聚り来/内藤吐天

頬白の声の一灯震災地/永見貴子

尾の力抜いて頬白囀れり/堀口星眠

頬白や故山の土に母還し/手島靖一

頬白や手鏡ほどの水溜り/杉浦恵子

切株をたつ頬白の一呼吸/堀口星眠

頬白や家なき原を郵便夫/相馬遷子

頬白のゐて桑明し秋の暮/中島月笠

落日に頬白さむき鳥の母子/浜芳女

頬白に怒濤の巌を見出けり/齋藤玄

頬白や篁の秀は隠岐の海/加藤楸邨

展望台頬白逃げもせずに鳴く/森田峠

頬白の庭の一劃手を入れず/稲畑汀子

頬白は孵へり八十八夜かな/高橋馬相

星のこる欅頬白の鳴きそめぬ/原柯城

頬白や人肌ほどに池ひかる/雨宮抱星

籠の目を雑木と思ひ頬白は/永田耕衣

頬白や一人の旅の荷がひとつ/有働亨

頬白は竪琴かなで聖五月/古賀まり子

俳句例:21句目~

頬白の水亭きらと渡りけり/古舘曹人

頬白の春田歩きの頬よ来よ/皆吉爽雨

頬白や一の鳥居を湖のなか/宮川貴子

頬白の古巣をひとつ初景色/関戸靖子

青鵐来て頬白去るや庭の面/高浜虚子

頬白の好む粟置く給餌台/藤原たかを

頬白にやさしき心取戻し/楠原/晴江

チカチカと水面の埃頬白来る/中拓夫

頬白は立琴かなで聖五月/古賀まり子

頬白のくりかへし呼ぶ春の岬/瀧春一

頬白へ一筆啓上吾病めり/山田みづえ

頬白のこゑのみ風の小松原/平賀扶人

頬白や目つむりて空白となる/森澄雄

声凍みて頬白とべり夕穂高/堀口星眠

頬白や配色となる古毛糸/加藤知世子

頬白や雪解がすみに八ヶ岳/根岸善雄

頬白を聴くや芭蕉堂わびて/宇咲冬男

頬白を飼ひて万年床をして/茨木和生

裏山や雪頬白に枯れ盡くし/佐々木六戈

雪解靄頬白のこゑ遠ざかる/島田万紀子

俳句例:41句目~

頬白ときまりて鳴けり松の上/松藤夏山

頬白に朝がはじまる茨の実/青柳志解樹

頬白の咽喉母のこゑ専らなり/石田波郷

頬白の地鳴かそけし草城忌/石田あき子

頬白の声のちりちり河原来る/旗川青陽

頬白は久女か虚子の墓に啼き/五島エミ

頬白の目覚し止むる術もなし/堀口星眠

頬白の空降りてくる草に臥て/桜井博道

頬白の飛ぶとき雪の光ひき/青柳志解樹

頬白やそら解けしたる桑の枝/村上鬼城

頬白や下枝下枝の芽ぐむ間を/中村汀女

頬白や児ら溢れ出る朝のバス/都倉義孝

頬白や奥嶺秘めたる渓去らず/木山白洋

頬白や昨日もきてゐし藪の枝/木津柳芽

あをじ去り頬白来り雪催ひ/島村元句集

頬白や磯曇れども空まぶし/千代田葛彦

上枝下枝に頬白はずみ氷照る/渡邊水巴

頬白や耳からぬけて枝うつり/室生犀星

頬白や芽吹きこぞりし裏至仏/甲賀山村

頬白や裾濃の靄に岳ひかる/千代田葛彦

俳句例:61句目~

屠蘇つげば頬白鶲つぎつぎに/黒田杏子

庭山に頬白の来て又鳴ける/寺田/コウ

温泉の丘の頬白とまる桑の先/飯田蛇笏

蘆花祭の霧の頬白啼きうつり/石原八束

頬白を鳴かせて濁り信濃川/早川草一路

頬白来る何かくはへて紅梅に/中村汀女

頬白鳴く炎の母が濡れる森/杉浦はるか

炎ゆる日の頬白鳴くも焼罪跡/下村ひろし

頬白の老いてまで怖るるを叱す/永田耕衣

九月蚊屋また頬白に啼かれたり/木津柳芽

この降りに頬白の雛巣立つとは/南/耕風

頬白のカメラに入りぬ真向にて/林原耒井

頬白の鳴き真似上手の兄だった/髪谷雅道

頬白のすがりて撓むおほでまり/飯塚秀城

頬白のこゑに蹤きゆく薄暮かな/加藤楸邨

頬白の恋唄ならふセミナリヨ/井口弥江子

頬白やひとこぼれして散り~に/川端茅舎

金柑にはや頬白の来鳴くなり/岡本癖三酔

茨の枝に頬白ふくるゝ粉雪かな/西山泊雲

頬白来しが跡もとゞめず雪の暮/渡辺水巴

俳句例:81句目~

頬白の磯くもれども空まぶし/千代田葛彦

頬白高音鳥となり吾子還りしか/福田蓼汀

眼白頬白一つ籠なる冬日かな/大谷碧雲居

頬白や子の欲しきもの限りなし/石田あき子

原昏れてより頬白の尾の白さ/坊城としあつ

頬白の鳴くためにある柳かな/阿部みどり女

頬白のこゑの揺れゐる湖びらき/市ヶ谷洋子

頬白のディスクジョッキー始まれり/高澤良一

頬白のとまる枯木をながめけり/阿部みどり女

頬白のひとりごとくぬぎはいつまでも枯葉/吉岡禅寺洞

高槻のこずゑにありて頬白のさへづる春となりにけるかも/島木赤彦

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ