季語/春の土(はるのつち)を使った俳句

「春の土」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の土」について

【表記】春の土

【読み方】はるのつち

【ローマ字読み】harunotsuchi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・土恋し(つちこいし:tsuchikoishi)

・土現る(つちあらわる:tsuchiarawaru)

・土匂う(つちにおう:tsuchinio)

・土の春(つちのはる:tsuchinoharu)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の土を含む俳句例

朝空も定まる色に春の土/脩

園丁の指に従ふ春の土/高濱虚子

大木を離れて根這ふ春の土/虚子

春の土荒れて筋ひく竹箒/桂信子

初霞舗装の街に土恋し/香西照雄

土恋ひし雪を鞭うつ猫柳/西本一都

土恋し恋しと歩く影法師/村越化石

蕗の根のうすもも色や土の春/青圃

春の土ゑぐり廻らす祭鉾/荒井正隆

蹼のしづく一滴春の土/大木あまり

塔影は傾くごとし春の土/和田悟朗

春の土祖のごとくに牛立てり/林徹

帰りたくなし林中の春の土/辻桃子

矢車の翼の刺さりて春の土/林原耒井

上古より日輪炎えて土の春/飯田蛇笏

牛乳が来てゐる春の土匂ふ/金田咲子

鉢小物持出し春の土いじり/高澤良一

二三日必死のさまに春の土/松村蒼石

鉛筆を落せば立ちぬ春の土/高濱虚子

仁丹の銀まろび落つ春の土/高橋敦子

俳句例:21句目~

吾亦紅の力根さぐる春の土/松村蒼石

巡礼の踏み固めたる春の土/石山佇牛

木の瘤を鴉とまがふ春の土堤/飴山實

肥壺の影を据ゑたり春の土/野中亮介

竹一束棕梠縄二束春の土/鈴木しげを

ほがらかに鍬に砕けて春の土/皿井旭川

ワラビーの前脚春の土突きて/高澤良一

句碑少し沈めて柔し春の土/稲畑廣太郎

山鳩のうなづき歩む春の土/渋谷美江子

幼子の子犬とまろぶ春の土/藤井寿江子

幼子を受け止め春の土柔く/稲畑廣太郎

春の土ねかせて鍬も休むさま/中山純子

春の土兎も吾子も跳ね上手/市ヶ谷洋子

春の土尊きもののごとく踏む/坂田文子

春の土小さきものの目が動く/吉原文音

縄飛びの縄がたたくよ春の土/富田直治

汝死してすこし高まる春の土/坂戸淳夫

牛の喉おほどかにたるみ春の土/瀧春一

牛糞を春の土竜へどさと置く/羽部洞然

移植鏝挿しありすでに春の土/池田秀水

俳句例:41句目~

聖駕に伏す遺族三萬春の土上/橋本夢道

鍬引しあとなごやかに春の土/岩木躑躅

雪降りて高野の春の土濡るゝ/高木晴子

厨戸を一日あけおく土恋し/松原地蔵尊

土恋へるとばりの葱や春の雨/西山泊雲

人よりも土恋しさよ暮の春/島村元句集

すってんと転んで掴む春の土/高澤良一

一杖や土恋しさもありて行く/村越化石

蟻喰いのそはそは春の土を嗅ぎ/高澤良一

足跡のふはりと乗りて春の土/片山由美子

亡き祖母の草履小さし春の土/古賀まり子

一雨経し春の土こそかなひけり/松村蒼石

閼伽の水撒きて匂はす春の土/松倉ゆずる

春の土少しめくれてをりもして/京極杞陽

春の土穴へもどして余りたる/村上喜代子

手に包むものの多さよ春の土/岡部名保子

みごもりや春土は吾に乾きゆく/細見綾子

土不踏ふんで春土に甘味あり/鳥居おさむ

萌え出づるものにやはらか春の土/高木青巾

春の土に落とせしせんべ母は食べ/川端茅舎

俳句例:61句目~

にはとりの尾のふれてゐる春の土/石田郷子

春の土おもしこの世にをんなあり/長谷川双

春の土ひとの口もとうすびかり/鳥海むねき

菜の火つくる神ある春土かな/長谷川かな女

踏みて飽かぬ山ふところの春の土/軽部烏帽子

びいどろを蹴りをりし春の土いづこ/加藤楸邨

にはとりの掻き散らかせし春の土/青柳志解樹

つばさあるものゝあゆめり春の土/軽部烏頭子

翔び立てぬものにやさしき春の土/上野美智子

他人の子に触れひといろの春土なり/寺田京子

君逝きてよりまだ湯にゆかず暮春の土/古沢太穂

起き臥しに嗅ぐ焼け土の春となり/飛鳥田れい無公

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ