季語/苗木市(なえぎいち)を使った俳句

「苗木市」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「苗木市」について

【表記】苗木市

【読み方】なえぎいち

【ローマ字読み】naegiichi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・苗木売(なえぎうり:naegiuri)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

苗木市を含む俳句例

二月や松の苗売る松の下/素牛

苗木市熊本言葉荒々し/高野素十

乙女椿緋乙女椿苗木市/西本一都

増上寺総門前の植木市/高澤良一

苗売の手甲白し上天気/野村喜舟

苗売の一燈宵を早めけり/近藤一鴻

春蝉や沼へ坂なす苗木市/藤田湘子

どの顔も風を楽しむ苗木市/源鬼彦

苗売に髻結びあへず起つ/清原枴童

苗木市雨の白佗助を買ふ/金田咲子

苗売の踏み去る道に日の力/原石鼎

如月や松の苗売る松の下/広瀬惟然

苗売や表格子を拭く妻に/清原枴童

霜どけの境内広く植木市/高木晴子

苗売や一年振りの顔馴染/内藤久子

苗売が坂道にゐて湖の町/斉藤夏風

釣銭に土のまじれる苗木市/白岩三郎

青空に羽毛の月出て苗木市/桜井博道

初弘法塀の限りに植木市/奥村木久枝

女等の一日遊びし植木市/小園/末子

俳句例:21句目~

日光黄菅括られ窶る植木市/都筑智子

何もせぬ女がをりて苗木市/藤田湘子

植木市何か買はねば夏迅し/長谷川双

植木市師の体温に甘え蹤き/石塚友二

夕風は冷ゆる一方苗木市/大峯あきら

植木市旅の吾等と先生と/吉野/十夜

苗売が路をせばめて左門町/奥野桐花

苗木市安物ばかり売れ急ぎ/石塚友二

山町の一と日賑ふ苗木市/石原清華女

植木市素通りさせぬ女おり/鈴木光彦

植木市金柑数多実をつけて/嶋杏林子

軍艦の泊まる港や植木市/栗原利代子

霧噴いて灯影涼しや植木市/三宅孤軒

坂下に老苗売のともす今宵/近藤一鴻

小休みや芋苗売に戯れつゝ/石塚友二

煙草吸ふ菊苗売りの男かな/大野信子

苗売が聖母讃歌の窓を過ぐ/谷野予志

苗売が霞ケ関にゐたりけり/細川加賀

苗売によき夕方の来りけり/星野立子

苗売の土に束ねしもの並べ/高浜年尾

俳句例:41句目~

苗売の声流れ来し俳句会/肥田埜勝美

苗売の濃き眉ぞ見せ笠のうち/原石鼎

苗売や唄ひはじめを朝顔に/野村喜舟

苗木市棒のごときを購へり/手塚美佐

苗売や産屋乍らも開かれて/小林康治

苗売りの苗に日当る弘法忌/吉田鴻司

苗木市素通り母の風邪見舞/本田豊子

苗木売り夕餉の灯色遠く見て/桂信子

苗木売安物ばかり売り急ぎ/石塚友二

少年に虚しき日あり苗木市/鈴木六林男

苗市に教へ子とその幼な妻/能村登四郎

鳩鳴くや眞晝睡たき植木市/石田あき子

紅少し引き甲斐甲斐し苗売女/片岡けん

苗売の上に天日とどまれる/波多野爽波

植木市春星に似た名をさがし/児玉悦子

夕冷えの湖となりけり苗木市/藤田湘子

奥多摩の山見えてゐる苗木市/皆川盤水

眠さうな苗売の声樹をくぐり/廣瀬直人

山茶花にほつほつ花や苗木市/高橋/守

抱き上げし子の足くびれ苗木市/皆吉司

俳句例:61句目~

時計塔立ちて萎えゆく苗木市/萩原麦草

餅搗きもして苗木市賑ははす/大熊輝一

百万石城下の苗木市混めり/岡部六弥太

苗木市どこも入口どこも出口/北野民夫

長身の僧の見てゆく植木市/岩淵喜代子

噴水の聞こえて来たる植木市/岸本尚毅

山国に行く苗売のバスに立つ/茨木和生

苗木市ゆふかぜ城を淋しうす/藤田湘子

水打つて星まで濡らし植木市/福田紀伊

山の汽車噎びて発てり苗木市/宮坂静生

苗木市山の匂ひの樅を買ふ/小林黒石礁

苗木市春の粉雪となりにけり/西島麦南

苗木市沈丁の香に搦まるる/百合山羽公

苗木市紅梅しるく咲きにけり/石原舟月

苗木市雲を眩しきものとして/木村蕪城

苗木市風に傷みし芽もまじる/大熊輝一

りんご苗売るみちのくの午祭/岩崎眉乃

銅像のうしろ向きなる苗木市/池田弥生

苗売や焼けて無かりし物の数/石川桂郎

植木市釣竿買うてもどりけり/中尾白雨

俳句例:81句目~

植木市夜となる水を打ち合へり/菖蒲あや

辻埋めて初金刀比羅の植木市/富岡掬池路

苗木市ひとりで持てぬ物を買ふ/岩下謐子

植木市すなはち乳房ふくらめり/寺崎治郎

夫と歩くたのしさ植木市でよし/中山長寿

苗売のよきおしめりと申しける/林田探花

雲ひとつ鳥居ひとつの苗木市/藤田あけ烏

もののもどかしく苗売の声過る/喜谷六花

苗売の立ちどまりつつ三声ほど/高濱虚子

ネクタイをゆるめて覗く苗木市/平野無石

地のぬくみ月にもありて苗木市/角川春樹

植木市母校が見えて汽車が過ぎ/千田一路

苗木市ぬかるみ跳んで客となる/中村房子

買ひさげし棒のごときも苗木市/皆吉爽雨

植木市当て字ばかりの名札つく/右城暮石

苗売女雨ともなひて来りけり/藤井諏訪女

八方に陽をひろげゐる苗木売/福田甲子雄

信じてもよき苗売のよごれし手/前内木耳

苗木市めぐりを老のはじめとも/長谷川双

寺の門でゝ苗売に逢へりけり/久保田万太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ