季語/春塵(しゅんじん)を使った俳句

「春塵」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春塵」について

【表記】春塵

【読み方】しゅんじん

【ローマ字読み】shunjin_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の塵(はるのちり:harunochiri)

・春埃(はるぼこり:harubokori)

・砂じんあらし(さじんあらし:sajinarashi)

・砂あらし(すなあらし:sunaarashi)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春塵を含む俳句例

春埃立てず拝見虚子の館/堀恭子

春塵や欅並木に映画館/西本一都

俳諧も紙の類なり春埃/竹本健司

子規堂の電燈の笠春埃/高澤良一

十字架の湾頭に舞ふ春の塵/原裕

春塵のひだ美しき仏達/大橋杣男

疾風行春塵溜り来る睫毛/石塚友二

春塵の同じ暗さへ退勤工/吉田鴻司

病人の耳滓春の塵として/嶋田麻紀

春塵や観世音寺の観世音/高野素十

新兵の靴引するや春の塵/尾崎紅葉

春塵の如き学問考古学/粟津松彩子

売れ残る干支の置物春の塵/渡辺晧

外套の裾切れ街は春埃/米沢吾亦紅

伝へ古る渾天儀あり春の塵/有働亨

酒少しすぎて唄あり春埃/河野南畦

拭ひたる卓に春塵棒立ちに/上野泰

裾払ふ折尺伸ばす春埃/米沢吾亦紅

老農の洗ふ眼鏡や春埃/中村草田男

春埃奉天に来て虹を見し/室生犀星

俳句例:21句目~

春埃拭ひ馴れつゝ卓の傷/高濱年尾

あな醜し肉附の面の春埃/山田みづえ

春塵の衢落第を告げに行く/大野林火

春塵の軽く揚りて経修理/池上浩山人

春塵の鏡はうつす人もなく/山口青邨

春塵も置かず遺愛の杯並べ/稲畑汀子

一悶着あるごと春塵払ひけり/森敏子

春塵やオゾンの穴を覗き見る/森須蘭

春塵や吾を見あげて妻の像/河野静雲

春塵や寸の仏も彫ふかく/大橋櫻坡子

多彩仏春塵仏と拝みける/赤松けい子

春塵をかぶり一億より出づる/松澤昭

掃きよせし春塵の中針光る/橋本鶏二

春塵を虹でおさへて撒水車/土生重次

時折に春塵の立つ風情のみ/京極杞陽

黒豚の春塵まみれ杜甫の国/毛塚静枝

三笠山見る面上に春の塵/吉岡禅寺洞

仏壇の宙に生きもの春の塵/鷹羽狩行

華鬘なる花鳥雲に春の塵/佐々木六戈

春塵に心まみれて帰りけり/中村苑子

俳句例:41句目~

春塵に押され大阪駅を出づ/辻田克巳

春塵のたぐひの一つわが句屑/外城恒

春塵の分厚く赤茶け煤仁王/高澤良一

春塵の壺の一つを愛すかな/三島汲水

春塵の没日音なき卓を拭き/加藤楸邨

春埃わづかの道を来てすでに/高濱年尾

けだるさやピアノの上の春埃/筑間美江

春塵やふくさかけたる謡本/藤田春梢女

地球儀の世界を覆ふ春の塵/浅見まき子

先生やいま春塵に巻かれつつ/岸本尚毅

春塵をつけて妻と子戻るべし/高橋沐石

友欲しきとき春塵が橋渡る/田川飛旅子

鏡台をたま~縁に春の塵/阿部みどり女

春埃そつと拭いたる子の遺影/吉田きみ

春埃り髪につけをり女香具師/宮武寒々

春塵に舌の根かわく閻魔王/葉狩てる子

春塵の近江に貨車を放ちけり/斉藤夏風

春塵をやり過したる眉目かな/高浜虚子

春塵と見えし街の灯君は北ヘ/桜井博道

春塵や病めば後るゝことばかり/泉春花

俳句例:61句目~

春塵の耳を洗へば今日はるか/細川加賀

帰り来て耳に東京の春の塵/猿橋統流子

春塵に息浅くして魚のごとし/野沢節子

病消えてまた町医たり春の塵/相馬遷子

筆の穂にかかりて紅き春の塵/橋本鶏二

春塵や水路工事の遅々として/倉内法子

踏まれゐる邪鬼につもれる春埃/野村美恵

春塵を積みザヴィエルの面の創/有馬朗人

春塵にたかぶり人とけものどち/石橋秀野

春塵の中でベレーの塵はたく/佐野まもる

春塵の一本松よ眸あぐるたび/永井よしい

葬につどふ人に春塵濃き日なり/大橋敦子

春塵のかたづけさせぬ机上かな/石川予風

春塵のいづこに住居もつべしや/高橋沐石

春塵や東京はわが死にどころ/鈴木真砂女

ふるさとの春塵の道ひかりをり/秋山素子

投票をしるすに春の塵ざらざら/横山白虹

かなしき日春塵の厨拭いて寐る/草村素子

春埃無能の自影でうるほふかに/香西照雄

春塵と吹かれて重き歩みかな/石田あき子

俳句例:81句目~

春塵の玻璃に展示の能衣裳/長谷川かな女

橋が明日へ源知らぬ春塵どか/磯貝碧蹄館

春塵やこころの馬鹿のトルストイ/平井照敏

春塵の巷にありて機屋かな/五十崎古郷句集

友に会はん春塵かぶる駅のポスト/桜井博道

老いて読むつもりの本や春の塵/北見さとる

春塵に眼をしばたたき繋ぎ馬/阿部みどり女

春塵やいつひろごりし生活の輪/久保田万太郎

戦没学徒ら透明に群なし春塵駆く/磯貝碧蹄館

をとめごの春埃のなかにふとりけり/室生犀星

春塵をひそめたなごのつやゝかに/『定本石橋秀野句文集』

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ