季語/野焼(のやき)を使った俳句

「野焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「野焼」について

【表記】野焼

【読み方】のやき

【ローマ字読み】noyaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・野焼く(のやく:noyaku)

・野火(のび:nobi)

・草焼く(くさやく:kusayaku)

・堤焼く(つつみやく:tsutsumiyaku)

・丘焼く(おかやく:okayaku)

・焼原(やきはら:yakihara)

・荻の焼原(おぎのやけはら:oginoyakehara)

季節による分類

・「の」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

野焼を含む俳句例

野焼して戻りし母の男声/梅岡ちとせ

煙より低く野焼の勢子走る/稲畑汀子

遠目には浮足立つて野焼人/大石悦子

荒船山浮べ野焼の火の海ぞ/堀口星眠

焔迫れば草薙ぐ鎌よ野焼守/杉田久女

女の香失せて戻りぬ野焼妻/佐藤桂水

景勝を一皮剥げり野焼して/百合山羽公

阿蘇野焼焔は白日の空に舞ひ/石原八束

野焼の火炎生みては風を呼ぶ/西村和江

草の骨野焼のあとに焦げながら/上村占

垂仁陵へ野焼の煙及びけり/三好かほる

秋吉台野焼のあとの雨匂ふ/柴山つぐ子

人ときて野焼のあとの石熱し/寺田京子

半鐘を打つて野焼の始まれり/太田土男

稚放つや野焼堤を駈け出しぬ/石川文子

茫々と野焼を待てり鵜殿葭/能村登四郎

夕野焼ひと日の不安遠退ける/河野南畦

野焼してわが放蕩の紐の数/吉田透思朗

かの松のもとに野焼の人数かな/高濱年尾

叩かれて浮き足立ちし野焼の火/芳賀藤邨

俳句例:21句目~

シベリアに狐火のごと野焼の火/村松紅花

師への道野焼の跡のなまなまし/石田波郷

水辺にくすぶり止めぬ野焼の火/右城暮石

激しければ透明となる野焼の火/向山文子

焚かれたる詩篇のいくつ夕野焼/西村榮一

盃洗に浮くを野焼の穢と思ひ/波多野爽波

野焼して村中の子が走りだす/塩谷美津子

野焼の焔むら嶺に澄みて快速車/石原八束

野焼後の遠嶺は肩を寄せ合へり/館岡沙緻

阿蘇野焼太き火種にはじまりし/藤崎久を

野焼の炎日の寒ければ走らずに/角川照子

あたゝかや野焼過ぎなる雨となり/小杉余子

ゆつくりと土舐めてゆく野焼の火/上原白水

ペン置くや暮れて野焼の火の残る/石川桂郎

走る火を追ひ越す火あり阿蘇野焼/中川忠治

身の内のどこか寂しき野焼の火/日和佐紀子

燃えしぶるものは叩かれ野焼の火/宮谷昌代

聲高に野焼がへりの勢子らしき/石川星水女

野焼のごとく死者の煙のごとからず/斎藤玄

野焼始まる阿蘇上空のほうき星/野田田美子

俳句例:41句目~

かがやきて野焼のあとの蜘蛛の糸/中戸川朝人

野焼の火夕日の色に燃えさかる/阿部みどり女

野焼の火手に燃えあがりやすきかな/右城暮石

燃えやすく消えやすく野焼昼ごゝろ/右城暮石

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ