季語/初景色(はつげしき)を使った俳句

「初景色」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初景色」について

【表記】初景色

【読み方】はつげしき

【ローマ字読み】hatsugeshiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初気色(はつげしき:hatsugeshiki_)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の地理」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初景色を含む俳句例

八甲田八峰揃ふ初景色/磯野充伯

鷹の上を隼流れ初景色/山本洋子

眺めゐる老人もまた初景色/黛執

一瀑を眉間に通す初景色/北川英子

初景色燦燦とはた茫茫と/佐藤鬼房

中世の地獄図も初景色なる/皆吉司

初景色二階厠に母校見ゆ/能村研三

ながめゐる老人もまた初景色/黛執

鶺鴒のための一石初景色/稲荷島人

牛の尾が右に左に初景色/大畠新草

天平の甍の見ゆる初景色/角川春樹

灯台の一徹の白初景色/片山由美子

山国の長き停車の初景色/木内彰志

初景色野川一本光り出す/中村明子

合せたる両手の中の初景色/北光星

ひつじ田に鶉出でたる初景色/森澄雄

くれなゐの沖ッ白波を初景色/飴山實

初山河身の閂を差し直す/内田やす子

頬白の古巣をひとつ初景色/関戸靖子

ふる里の三つの橋の初景色/後藤良子

俳句例:21句目~

少女と来て雪降る国の初景色/岸田稚

わが撞きし音の中なる初景色/堀葦男

倭建の火は見えざるや初山河/原田喬

固まりて胡椒出にけり初景色/辻桃子

吾が家は藪に溺るる初景色/井出寒子

窓細目母愛でたまふ初景色/中村汀女

初景色見渡す空の慈姑いろ/伊藤敬子

海渡る橋まつすぐに初景色/西浦一滴

江東やブリキ光りに初景色/舘岡沙緻

実で重き一本杉も初景色/大峯あきら

初景色一目百町俯瞰して/登/七曜子

初山河音をつつしむ鷹ヶ峰/伊藤敬子

影として犬が横切る初景色/上田五千石

カーテンを両開きして初景色/塩川雄三

カーテンを左右に分つ初景色/辻田克巳

ヨット航く南半球初景色/小見山希覯子

初景色こなたの湖は汽水かな/田中裕明

初景色余白に猫の入り来し/宮田黄李夫

初景色光芒すでに野にあふれ/井沢正江

初景色整ふまでの二度寝かな/高橋睦郎

俳句例:41句目~

大き鳥きて止りけり初景色/永田耕一郎

礼拝を終へし電車に初山河/田川飛旅子

峠路のほぼなかばなる初景色/橋本鶏二

島人に陸の汽車ゆく初景色/秋元不死男

年重ねきていやまさる初景色/中村汀女

広重の空のいろなり初景色/柴田白葉女

東京がじつとしてゐる初景色/黛まどか

美しくもろもろ枯れし初景色/富安風生

胎動を待つてゐるなり初景色/仙田洋子

赤らめる桃のしもとを初景色/宮坂静生

鐘つくや視界にひらく初景色/高井北杜

雪嶺とスケートの子の初景色/相馬遷子

高速の雲のパノラマ初景色/水野佐暉代

ことごとく飛雪の絣初山河/金箱戈止夫

まづ神を讃へて拝む初山河/田川飛旅子

初山河とぼしきものに鶏の声/青木重行

うるほへる日翼多摩野初景色/山口青邨

幼な名で呼ばれ眩しき初山河/中村苑子

犬と駈け広がり止まぬ初山河/都筑智子

初景色さらにとんびを加へけり/兒玉南草

俳句例:61句目~

川向うといふへだたりの初景色/岡本高明

霜だたみまばゆきばかり初景色/神込鼕々

ひるかすむ塔のふたつを初景色/角川春樹

大寒波被て初景色さだかなり/百合山羽公

ひとすぢの滝のありけり初景色/谷口摩耶

たちまちに日の海となり初景色/鷹羽狩行

初景色富士を大きく母の郷里/文挾夫佐恵

みちのくの海がゆさぶる初景色/佐藤鬼房

初山河視線を遠く遠く据える/伊丹三樹彦

初景色大和言葉のごとくあり/後藤比奈夫

初山河大いに羽根を伸ばしけり/高澤良一

初山河視線を遠く遠く据える/伊丹三樹彦

初景色傘壽おぼれんばかりなり/宮部鳥巣

初景色まろび入りたる次の間に/田中裕明

赤ん坊這ふにまかせて初景色/波多野爽波

寂クたれば布陣のごとし初景色/高山れおな

初景色藁塚にもつとも惹かれけり/鈴木貞雄

カーテンを端まで引いて初景色/羽部佐代子

妻といてときめくことも初景色/松田ひろむ

初景色子供招ばれてはにかみをり/田中裕明

俳句例:81句目~

初山河身に打つひびきありにけり/川村幸子

ここかしこ水が気を揚ぐ初景色/櫛原希伊子

盃かさねたるまなうらの初景色/鷲谷七菜子

初景色照りわたる日のゆるぎなし/吉村きよし

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ