季語/初鶯(はつうぐいす)を使った俳句

「初鶯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初鶯」について

【表記】初鶯

【読み方】はつうぐいす

【ローマ字読み】hatsuguisu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の動物」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初鶯を含む俳句例

朝風に初鶯の声稚し/渡辺七三郎

まだ甘し初鶯の舌のネヂ/沢木欣一

初鶯旅は豊かに大切に/加藤知世子

初鶯秒針ひたに進みをり/多田裕計

東より忽と夜明の初鴬/殿村菟絲子

わが映像初鴬の踏み渡る/長谷川かな女

城の方に初鴬の鳴きにけり/徳永山冬子

朝酒や初うぐひすを遠く置き/佐野鬼人

初うぐひす父が遠くに眼をひらく/野澤節子

荷造りに掛ける体重初うぐひす/ふけとしこ