季語/初観音(はつかんのん)を使った俳句

「初観音」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初観音」について

【表記】初観音

【読み方】はつかんのん

【ローマ字読み】hatsukannon

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初観音を含む俳句例

近道にちんや横町初観音/中火臣

初観音人形焼を買ふ列に/瀧春一

初観音大提灯の下歩む/大脇芳子

初観音晴天の藍無尽蔵/小川原嘘帥

法悦の婆うち揃ひ初観音/仁田籌子

大道絵奔馬を白く初観音/上井正司

仲見世や初観音の雪の傘/増田龍雨

千灯の吾が一灯や初観音/湖城公子

初観音痩身にして千手仏/柳田隅子

通り魔ぞ初観音の少女掏摸/静良夜

礎石見て初観音へこゝろざし/泉刺花

紅玉の目を嵌むる鳩初観音/中原鈴代

ふだらくの初観音へ川蒸汽/川端茅舎

美麗なる楊貴妃の像初観音/辰巳光子

裸身なる初観音を拝しけり/岸風三楼

初観音午後の風音つのりけり/林明子

初観音紅梅焼のにほひかな/川端茅舎

初観音雪の六波羅蜜寺まで/黒田杏子

初観音韋駄天堂も詣でけり/増田龍雨

木堂の見えて進めず初観音/牛円竹代

俳句例:21句目~

あねいもと初観音へ手を結ぶ/西尾桃子

初観音母の匂ひの飴買へば/大沢ひろし

母が血をわれに分けし日初観音/赤松子

初観音木彫の御手の荒れ給ふ/萩原幸子

初観音庫裡に入る人鯉もてり/則近文子

風荒れて初観音の湖国かな/永井由紀子

ぬかるみに筵敷きつめ初観音/野瀬美智子

ふだらくの海鳴りきこゆ初観音/青木綾子

僧の蝋燭のみの無飾や初観音/松波陽光城

初観音梅のかげさす茶店かな/織田烏不関

御符受ける人波揺れて初観音/稲葉みどり

鳩が呑むみ手洗あふれ初観音/神尾嘉津子

初観音灯のおぼおぼと櫛買へり/中村ひろ子