季語/初春.(はつはる)を使った俳句

「初春.」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初春.」について

【表記】初春.

【読み方】はつはる

【ローマ字読み】hatsuharu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・新春(しんしゅん:shinshun)

・迎春(げいしゅん:geishun)

・明の春(あけのはる:akenoharu)

・今朝の春(けさのはる:kesanoharu)

・千代の春(ちよのはる:chiyonoharu)

・御代の春(みよのはる:miyonoharu)

・四方の春(よものはる:yomonoharu)

・今日の春(きょうのはる:kyonoharu)

・国の春(くにのはる:kuninoharu)

・君の春(きみのはる:kiminoharu)

・庵の春(いおのはる:ionoharu)

・家の春(いえのはる:ienoharu)

・宿の春(やどのはる:yadonoharu)

・門の春(かどのはる:kadonoharu)

・花の春(はなのはる:hananoharu)

・老の春(おいのはる:oinoharu)

・おらが春(おらがはる:oragaharu)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ